fc2ブログ
        

『復活のムードメーカー』 ~横浜DeNA4回戦

2013/ 06/ 16
                 
(管理人より)
         昨日と今日と試合を見に行って来ました。

まず2013.06.15の対DeNA3回戦

先制はしたけどモーガンの3ランと中村ノリの2ランで勝負ありでした。

牧田は初回状態はあんまりよくないように見えました

私は技術的なことはわからないので何となくの感想です。

私が投手をその日見る時、最初に注目するところは

フォームが安定してるかと、腕を強く振れてるかの2点です。

この日の牧田はフォームがばらついているように感じました。

今年見た牧田で一番よかったと思ったのは5月15日の神宮でのゲーム

新田元気に2ランは浴びましたが、フォームが崩れることなく

まるで精密機械が仕込まれたからくり時計のように体を折りたたむように一度沈んでは

そこから浮き上がる、まさにサブマリンのようなフォームがずっと変わらないままでした。

その時と比べるとずいぶんばらついてたし、腕も「シュッ」って感じではなかったと思います。

それでも2回にリズムをつかんだかなと思えたのですが

それを断ち切る3回のモーガンの3ラン。

Lビジョンに映し出された牧田の顔が青ざめているように見えました。

打線についてはひとつ気になったのは選手がなんとなく大きいのを狙う意識があるんじゃないかと思えたことです。

統一球が実は今年から「飛ぶボール」だと発表され(実際は今までが規格から外れていたとのことですがまぁそれは置いといて)

なんとなくいつもより「遠くに飛ばそう」と少し思ってるのかなぁというように感じました。

実際、相手のDeNAはこの試合2本のHRを放っています。

自分達にないもの、自分達が求めているものを相手が先に出す。

使ってるボールは相手も同じ。

ならば自分達も大きいの狙えるのじゃないか。

そんな思いがどことなくあるのかなぁと特に試合の中盤以降感じたのです。

でも今のライオンズに必要なのは一発攻勢ではないと思います。

試合の流れを変えるHRがもし出たとしても、チーム全体を変えるHRになるかというと今はそうではないと思うのです。

秋山は先頭打者HRを打ちましたがこれがチームに勢いを付けるという風にはなぜか思えませんでした。

必要なのはタイムリーなのかなと。

好調だった4月の繋ぐ野球です。

ただ15残塁でしたがそこはあんまり気になりませんでした。

あと一本が出なかったんですが、裏を返せば一本出てれば得点になるとこまで来てるということ。

手も足も出ないわけじゃない。

そこはいい前兆だと思いました。

試合中ベンチの中は元気がなかったそうです。

栗山のリーダーシップをもってしても

鬼崎や山崎の盛り上げをもってしても

チームが元気を出すための一番の条件が足りません。

それは勝つこと。

私はもちろんライオンズに勝ってほしいしできれば行く試合は勝ちゲームであればいいと思います。

でも負けたからと言って腹が立つとかはありません。

悔しいとは思います。

でもやっぱり勝つことがチームを活性化する一番の条件です。

次の日の先発は岸。

まだ今季西武ドームでは勝ち星のない開幕投手ですが

私はなんとなく勝てる気がしていました。

それはこの日の15残塁、あと一歩の状態まで何度も持って行けたことがそう思わせたんだと思います。

(試合後のコメント NACK5 NOW LIONS工藤むつみさんのレポより)

牧田

「いつものリズムではなく、少し投げ急いでしまった

全体的にリズムも悪く、追い込んでからのボールも甘かった」


渡辺監督

「牧田はちょっと身体が重かった

打線はいつもこういう形 1点取ってから追加点が取れない

その後淡々と流れて行ってしまう

牧田はいつも援護がない中頑張って投げてくれるがこういう時もある

そういった時は打線が援護しないといけない試合だった

もっとギラギラした目をして行ってほしい

それがチームだと思う」


炭谷

「明日の岸さんは球威がよくなったわけじゃないけど

コントロールがほんとによくなっている

そうなると岸さんは強いですから」



翌日、2013.06.16(今日ですね)

岸のマウンドでの投球練習を1球見て「いい」と思いました。

腕が「シュッ」と振れてたからです。

その後何球か投げててもフォームがぶれてません。

行けると思いました。

と言っても実際はどうなのかはわかりません。

「いい」と言うより、私の好みなだけですねww

5月17日の東京ドームの野上もフォームにばらつきがないように見えてすごくいいように見えましたが

阿部と村田に1発ずつ打たれてしまったし(東京ドームうんぬんはあるかもですが)

まぁそれぐらい、私の見立てと言うのはあてにならないですw

でももう今日の岸はいいと思いこんじゃいましたから

初回石川が粘った時も心配はしませんでした。

単に石川の状態がいいだけだと思って見ていました。

連敗中ということもあったし、岸のフォームの美しさに目を奪われていたというのもあって

試合開始から40分。

ここで気づきました。

NACK5の中継やってたんだと。

なので今日は13時40分ごろからNACKを聴きながら試合を見ていました。

ここからはそのまとめです。


(実況:小笠原聖アナ
レポーター:工藤むつみさん)

熊代
DeNA先発の藤井は今治西高校の先輩
試合前に挨拶に行く
「藤井さんからは『打たせてやるよ』と笑いながら言われました」
実際熊代がOP戦でプロ1軍初安打を打ったのが藤井から
「なので印象はとてもいいです」

炭谷
「バッティングの調子は上がってきているけど
チャンスで打てない」
コーチからは
「力みがチャンスになるとより一層出ている」と言われたが
「自分ではそんな感覚はない
なんでかはわからないんだけど
とにかく今日はチャンスで一本打ちたい」

林崎
今日やっと今季初守備機会
「昨日も一個もボールが来なかったので緊張がまだ続いています」
昨日はかなり緊張していて
「試合前、米野さんに肩を揉んでもらったり、背中をさすってもらいました
先輩なのに自分を気遣ってくれて嬉しいです」
昨年、守備で出場していきなりエラーしてるだけに
「まずは一つアウトをとりたいです」

山崎
最近のバッティングの状態について
「絶不調
こんなに悪いのは初めてというくらい悪い
スイング自体、自分のスイングができていないし
また考えから違和感がある
何が悪いかわからないから今はとにかく前に飛ばすことだけを考えてやっている」
ベンチにいてもバットを握りながらスイングを考えている様子が見られた

3回までの岸について杉本コーチ
「ボール全体が高いね
本人も意識して修正しようとしてるので
回を重ねればもっと低くなって
そうすれば安定すると思う」

炭谷
「岸さんはファームで調整して
全ての球種でボールが低めに集まるようになった
その一番の要因は気持ちのリフレッシュができたんだと思う」

浅村にいて
田辺コーチ
「4番になって右打ちやバントの制約がない分、自分でいろいろ考えて打てるのが浅村にとっていい」
安部コーチも
「昨日の試合もそうだったがチャンスになると若手は委縮してしまう
他の選手も浅村のように思いっきりのいい振りをしてほしい」

熊代
今までスタメンの時は
「守備走塁で魅せたい」と言ってきたが今日は
「打撃で魅せたいです
チームの起爆剤になりたい
打撃の調子もいいので
しかも今日は7番なのでラッキーセブン
打ちますよ!」

先発投手はだいたい先発日の二日前にブルペンに入るが
岸は今季は毎試合前日にブルペンに入ってブルペン捕手を座らせてボールを投げている
岸本人は
「スパイクじゃなくてランニングシューズで投げているので
キャッチボールみたいなものです」
と言いつつも
「腕の振りやフォームの確認をしています」

林崎
選手からは「リン」と呼ばれることが多いが田辺コーチからは
「がっちゃん」と呼ばれている
その理由はバッティングで『がっちゃん』と打球が詰まるから
田辺コーチも現役時代黒江ヘッドからそう呼ばれてた
田辺コーチ
「同じように林崎も詰まるからがっちゃん」
林崎は
「左投手への苦手意識はない
しっかりインコースに入るボールへの見極めを大事にして打っていきたいです」

林崎
「ルーキーイヤーから走好守1番伸びたのは守備だと思う
特にファームでは守備の安定感を求められると思うので下半身強化をしっかりやってきた」

浅村
「2桁ホームランは今季の目標の一つだった
でも4番だけど自分はホームランバッターじゃないので
HRを狙わずに一本でも多く打てたらいい
右方向へのバッティングが今調子いい…」
(ここで浅村の2ランが出る)

肘周辺の痛みのあるウィリアムスについて横田コーチ
「まだ投球練習できてない
キャッチボール程度
夏前ぐらいにブルペンに入れば一気に行けるとは思う」

熊代
「田辺コーチに右打ちを意識するように言われてきたけど
今は引っ張れるボールは引っ張ろうという話をしています
その延長線上にはホームランもあるので状況に合わせたバッティングを意識したいです」

熊代レフト前タイムリー
「最近チームに貢献できていなかったのでせっかく作ってくれたチャンス
なんとしてでも打ちたかったです」

米野
「一軍と二軍の一番の違いは打席での緊張感
自分はいつ二軍に落ちるかわからない立場
チャンスは少ないと思う
一打席一打席集中して結果を出したい」

秋山
「1番打者としてのプレッシャーをいろんな面で感じています
まずはランナーいない中で自分が一人立ってどんなボールを打つか
凡打はできないというプレッシャーがある
と同時に下位打線がが繋いでくれたチャンスをどう打つかというプレッシャーが意外と大きいです
でも今こういういろんな経験ができるってことが力になっています」

山崎
今まではチームの中心としてベンチで他の選手と話し合いながら
和気あいあいとやっていたが
最近の不調からベンチに戻る時も一人別の方向向いたりと
ちょっとふさぎ込みがちで他の選手との交流してなかったが
その山崎の2塁打タイムリーにベンチは大盛り上がり

秋山のタイムリーの場面
塁上での秋山のウインウインを見た普段は試合中表情を崩さない岸の顔が一瞬緩んだ

浅村
6回の2ラン
「チェンジアップです
ランナー2塁だったので最悪でも進塁打のつもりで打席に入りました」

熊代
2本目タイムリー
「先制の後追いつかれた後に岸さんに
『クマ、ごめん!もう一本頼む』と言われました
何が何でもと思って打ちました」



『バッジりヒーロー賞』 ~栗山巧インタビュー

(前回のNACK5での中継の時に一番活躍した選手をリスナーの投票で選ぶ『バッジりヒーロー賞』
選ばれた選手は野口逢里さんが描いた平尾博嗣さんのイラストの缶バッジがもらえます
今回は栗山選手です)

・まず6月2日、巨人戦での『バッジりヒーロー賞』ということで
『バッジりヒーロー賞』と言う名前は…

「はい」

・こちらをプレゼントしていまして

「ふふふふww」

・はい これいかがでしょうか?平尾さんのバッジなんですが

「パッと見た瞬間に平尾さんや思いましたわ」

・思いました?ww

「なんっすか、このバッジくれるんですか?」

・はい、ぜひww

「おお?やったぁ」

・ぜひ何かに付けていただきたいと思います

「そうっすねぇ ぜひ付けさせていただきます」

・改めてですが、6月2日の巨人戦振り返っていかがですか?

「ああいういいゲームができてね、ほんとによかったですよね」

・2013年シーズンを振り返る上でもほんとに忘れられないようなそんな試合になったなぁという印象を受けました

「そうですね あの~まぁライオンズにとっても、このペナントの144試合の中の一つっていう意味でもね、

忘れられないいいゲームやったと思いますけど

やっぱ選手とか監督コーチも含めてね、相馬さんが亡くなられて、そういう悲しい思いをしながら

ああいう試合を戦えたっていうのはすごく意味のある、ゲームだったと思いますよね」


・そして交流戦も終盤に入ってますがここまで戦っていて交流戦ならではのやりにくさとか逆にやりやすさとかはあったりしますか?

「そりゃぁ僕交流戦去年からめっちゃ弱いんでぇ、やりにくさの方が強いっすよねぇ

なぁんて言うんですかね、もう知らないピッチャーっていうか、初対戦でもやっぱいいピッチャーが多いっすよねぇ

だから僕はやりにくいかなぁ」


・では選んでいただいたリスナーのみなさんに一言最後にお願いします

「次回も選ばれるように、頑張りますんで、平尾さんのバッジをどこまで集められるか

今年はやっていきたいと思いますんで

なんせね、ちょっとね、西武ドームで僕今年あんまり打ってないんで、

ここからガンガン打っていけるように頑張ります!」


安部コーチも田辺コーチも言っていたことが
「一時期4番不在の時期が長かったがそうすると3番の栗山に対するプレッシャーがほんとに大きかった
今まで栗山は四球の見極めが素晴らしかったが最近ちょっと減ってきて
ボールをしっかり見極めるという栗山のスタイルがちょっと崩れつつあるのかなぁ」

栗山今日の試合前の時点で
交流戦前の打率が.346
交流戦入ってからが.207
昨季の交流戦打率は.198
おととしは.316


『ヒーローインタビュー』

・3勝目をマーク、岸孝之投手です
今日は7回6安打1失点振り返って

「いやもう、どうなるかなぁと思って、でもなんとかゲーム作れたんで、よかったです」

・序盤は首をかしげる場面もありました ちょっと思うようなピッチングできなかった?

「全然ストライク入りませんでした」

・そんな中、今日は変化球の精度がよかったと思いましたが

「徐々に、全部の球種がよくなってきたので、はい」

・今日は野手陣も7点のプレゼントでしたね

「はい ありがとうございます」

・これで今シーズン、3勝目 ちょっと意外ですけど西武ドームでは今シーズン初勝利となりました
金曜日からまたリーグ戦再開です
意気込みを聞かせてください

「まぁ、変わらず、みんなで頑張りたいと思います」

・また次も素晴らしいピッチング期待しています

「ありがとうございます」

・続いては打のヒーロー、スタメン起用に応えて2本のタイムリー、熊代選手です

「はい あの~最近チームの勝利に貢献できてなかったので今日は意地でも打ってやろうと思って試合に臨みました」

・その意地のタイムリー、まずは1本目ですけどチェンジアップですか?

「はい チェンジアップでした」

・左の藤井投手から、何か執念を感じました

「高校の先輩っていうこともありまして、なんとか打ちたいなぁと思ってたんでよかったです」

・そして2本目は今度は右の小林投手から

「とにかく、必死に食らいついて行った結果だと思います」

・2本目のタイムリーは岸さんのためにもというようなコメントもありました

「岸さんが投げてる時にあまり野手陣で援護できてなかったんで

なんとか岸さんに勝ちを付けたいなと思って打席に入りました」


・2本のタイムリー、いいプレゼントでした
試合前バットで何とかしたいと言ってました
有言実行ですね

「いや、たまたまだと思います」

・金曜日からリーグ戦再開です ファンへメッセージをください

「また、この場所に立てるようにしっかり頑張りますんで、応援よろしくお願いします

あと、今日は父の日ということと、サッポロビールデーなんで

サッポロビールと父の日にかんぱ~い!」



試合後の渡辺監督

「今日のバッティングのヒーローは熊代だと思う

序盤チャンスがあった中、なかなか点がとれない中で

伏兵の熊代がしっかりタイムリーを打った

いつも出ているメンバーがなかなか仕事できない中、

スタメン起用でその成果を出してくれた

浅村は思いっきりのいいバッター、試合を決めるバッティングをしてくれたね

岸は状態はずっといいので今日は自分のリズムで緩急をつけて彼本来のピッチングを見せてくれた

こういう試合が続けてできるように

今日だけで終わらないようにレギュラーシーズンに入っていきたい」



6回の集中打の場面
打った山崎が一言
「ホンマによかった」
打てない時はその思いをヘルメットにぶつける場面もあったが
タイムリーを打った時に選手だけじゃなく
コーチもハイタッチを山崎に求めた
試合後も山崎は「よっしゃ~」と一言

次回サンデーライオンズは6月23日西武ドームのオリックス戦です
実況は小笠原聖アナの予定です



(再び管理人より)

試合は完勝と言っていいと思います。

必要とされたタイムリーも出ました。

でも試合の流れを持って来たのは浅村のHRだったと思います。

さっきと言ってることが違うじゃないかと思う方もいるかもしれません。

でも、4番浅村のHRは今のチームにとってちょっと意味合いが違うと私は思います。

HRなんだけど、タイムリーの要素が強い一本だと思うんです。

もちろん結果として塁上の走者を帰して、自分もホームを踏むのですけど

チームに与える勢いとしてはタイムリーの要素の濃いHRのような気がしています。

4番浅村に求められる役割はここ一番でのHRではなくて、ここ一番でのタイムリー。

じゃあ今の4番は浅村じゃなくてもいいのかと言うと、それは違うと思います。

中村がいない中での今の4番は浅村が適任だと思います。

間が4日ほど空きますがチームとしてのペースが少し取り戻せたように思います。

交流戦明け最初の相手はオリックス。

私も来週の土日はまたドームに行こうと思っています。

ちなみに

熊代が言っていた「サッポロビールデー」とはヱビスビールデーで

入場した時にヱビスビールの広告をもらって

そこにくじが付いていました。

7回裏にLビジョンに当選番号が発表されて

当選者にはヱビスビールの6缶パックがもらえます。

130616.jpg
当たりましたw

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



        

コメント

        

凄い!!
甘口さん、今日はお疲れさまでした!!
観戦中なのに、私のツイに反応して貰って感謝です☆
凄い!!!
エビスビールが当たったのですね~
日ごろの行いが素晴らしいので、野球の神様がちゃんと見ているんですね!!
交流戦最後の試合、勝てて良かった☆
嬉しいですねー!!
気持ち良く家路につくことが出来ました♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
『まりの気まま日記♪』mariさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

mariさんも観戦お疲れ様でした。
ね、勝ったでしょw
クリもちゃんと打ちましたね。
インタも聴けたようでなによりでした。

ありがとうございます。
ヱビス当りましたよ~w
クリアファイルには間に合わなかったですけど。
日ごろの行いはだらしなさの塊のような人間ですけど、昨日はちょっとだけ野球の神様が振り向いてくれたようです。
ほんと交流戦最後。勝ちゲームで締められてよかったです。
mariさんご無事に帰宅されたようでなによりです。
私も大満足で帰りました。
楽しみになってきた。
甘口さん、昨日の試合勝って良かったですね。終わり良ければ全て良し。交流戦ラストを勝って終わって良かったですね。観戦お疲れ様でした。私はパソコンで見ていましたが、岸は打たれる感じがしなかったですし、打線も繋がり始めてる気がして、金曜日からのリーグ再開が楽しみになってきました。
 サッポロビールデーだったのですね。熊代のヒーローインタビューで知りましたが、クマはお立ち台での喋りが上手いですね。ヱビスビール当選おめでとうございます。持って帰るのは大変だったのでは?
 栗のインタビューも楽しみました。栗の事だから心配はいらないと思うのですが、コーチの言葉の「栗のスタイルが崩れつつあるのかな」という言葉が気になりました。
○度目の正直!
ヱビスビール当選、おめでとうございます♪
子どもの頃、西武ドームであじさいの鉢植えや狭山茶が当たったことをふと思い出しましたw

カーター選手の獲得が発表されましたね!
つい先日、甘口さんの書き起こしでカーター選手の近況を読んで「いつか戻ってきてほしいなぁ・・・」と思っていたので、公式ホームページで発表を見たとき、全身鳥肌が立ちました。
プレイヤーとしてもそうですが、ムードメーカーとしての活躍にも期待です♪
でもふと・・・背番号は何番になるんだろう?と素朴な疑問がw
8歳年下の私の従兄弟(熱狂的西武ファン)もカーター選手が大好きだったので、すごく喜んでいました♪
※従兄弟は近所に住んでいたので、子供のころから洗脳し続け(笑)、今では私と同じくらい熱狂的な西武ファンに育ちましたw


さて、私も6月23日観戦に行ってきます♪
今度こそ!!!
勝利の瞬間を共有しましょう |´Д`*)bネッ♪
やすぅさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

浅村は初球から振ってくるという積極性から一見粗く、ムラがあるように思われがちですが、当たりだすと意外とコンスタントに結果を出しますよね。
しかもチャンスで大きいのを打ったり、回の先頭ではコンパクトに三遊間を抜いたり。
今のチームに必要なチームバッティングができているなと思います。

田辺コーチは「4番になり自分で考えるようになったのが大きい」と言ってますが
考えれば誰でも結果が出るものじゃない。
考えて、実践して、それが正しい解となる。
それができる感性を持った選手であることがわかってきました。

田淵とも、清原とも、鈴木健とも、マルチネスとも、カブレラともそして中村とも違う、
今までのライオンズにないタイプの4番かもしれませんね。
でも歴代の4番担ってきた勝負強さを持っています。

今の4番浅村を清原がどのように見てるか聞いてみたいです。

週末ドームいらっしゃるんですね。
お気を付けてお越しになってください。

勝利の瞬間を共有できますように。
ろんさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

やっと久しぶりに現地での勝利見ました。
一つ勝つのはほんと大変ですw

先発起用の熊代が見事に結果を出しましたね。
気持ちのいい勝利でした。

熊代もそうですけど、野球選手は話の上手な人、お立ち台でも物怖じしない選手が増えたなと思います。
この日は岸の声がすごく安心した感じだったのが印象に残りました。

ヱビスビールはちゃんと手提げみたいな入れ物に入っていたので持って帰りやすかったですw

クリは4月のMVPとスタートが好調だっただけにどうしても今の成績だと下り坂のように見えますが、きっちりと四球は選べてるし、ヒットや2塁打も出ているのでそんな心配はないかなぁと思って見ていたのですが、「崩れつつある」というコーチの目はもしかしたら不調への前兆ともとれなくはありません。
でもクリのことだからこの4日間でいろんな角度からまた自分のスタイルを取り戻している最中だと思います。

今日の17時51分、決意の一言でまたいつもの明るい声で力強い後半に向けての宣言をしてくれることと思っています。

今日からのリーグ再開、たのしみですね。
micaさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

久々に球場プレゼント当たりました。
ありがとうございます。
この日はピンバッジも岸だし、席は1段の1番。1づくしでクリと岸が活躍して勝てると思っていたのですが、ビールの当選まで。
すごくいい日曜日になりました。

カーターについてはファンもフロントも現場もそしてカーター自身も、諦めないで待ち、求め、挑み続けてきた成果が出ましたね。
おっしゃるように、クリとはまた違った角度でのアツさでチームを鼓舞していって欲しいと思います。
もちろんここ一番での一振りにも期待しています。

去年の無念さ、いろんな思い、決して100%ライオンズに対していい思いではない部分もあるかと思います。
全てをここから吹き飛ばしてほしいです。

あさってお気を付けてお越しくださいね。
予想では涌井が先発復帰するゲームになるのではと言う声も聞こえています。
今度こそ同じ空間で、エアハイタッチ交わせますことを願っています。

私はこの日は1塁側ですが、もちろんライオンズのユニ着て応援します。