スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『追うよりも忘れる』 ~2013.06.28 北海道日本ハム10回戦

2013/ 06/ 29
                 
埼玉西武1-2北海道日本ハム
         (文化放送ライオンズナイターより
実況:松島茂アナ
解説:土肥義弘さん
レポーター:槇嶋範彦アナ)


【試合前】

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は、6月28日 札幌ドーム 日本ハムとの10回戦です

10回戦…え?このカード終わったら半分、日本ハムとは終わりますか?

なんか早いっすねぇ

まぁそんなことを思う今日この頃ですけど

まぁペナント自体ももうすぐ半分迎えますからね

まぁなんとか1戦1戦気持ち切り替えて

今日はなんとか勝ちたいと思います

応援してください

さぁ行こう!」


前日先発の涌井が抹消
代わって金子侑司が登録
カーターが抹消されて
左前腕部を痛めていたウィリアムスが登録された

試合前の渡辺監督のインタビューより

「涌井は昨日1試合だけでファームに行くことになったが

今までの流れとかもいろいろあるから

今の状況で投げてても結果として勝てないという所で

シーズンこれから後半を考えた時にやっぱり必要な戦力なんで復活してもらわないと困るのでね

ファームの方でしっかり自分を見つめ直して状態を上げてきてほしい

ウィリアムスは後ろを任せるのに一番信頼していた投手なので

彼が戻ってきて、後ろが安定すればいいと思う

今日の先発の菊池は当然勝ってもらわなくちゃいけない投手

チーム状態がこういう状況なのでプレッシャーはかかると思うけど

それもこれから彼が大きく育っていくためのプロセスとして

今日のゲームは彼がしっかりチームに勝ちをもたらすピッチングというか

それを期待したい

日々、成長はしている投手、成績的にはチームで一番安定している投手

勝ちを計算できる投手のなので今日の初戦は大事だなと思う

打線については当然プロだから、こんだけ打てないとみんな気合が入ってくると思う

フラストレーションがたまってる選手もたくさんいると思うので

そういうのを一気に払しょくするような打撃を期待したい」


(レポより)

前日左足首を痛めた山崎
試合前にグラウンドに姿を見せたが全体の練習メニューとは別に
軽めのトレーニング
本人は「腫れはない 病院に行って痛みはなくなった感じ
ただ、昨日の痛みが10だったら9.8ぐらいの状態
スパイクの痕がアキレス腱辺りに残っている」
出場は難しそう

日ハムの栗山監督が菊池について
「大谷よりも高校時代からず~っと話をしてきた
むしろこういういいピッチャーになるのが遅すぎた
普通にやればこんな感じだよ」

田辺コーチ
「吉川はエース級
1球でストレートを仕留めるしかない
1打席に甘いボールは1球しか来ないかな
最近のうちのバッターはある程度ミーティングで話して
想定通りのボールが来ても見逃すことが多い
手を出すことによって相手が何をしてくるのかわからないという思いも強くなるわけだから
とにかく若さを出して積極的に行ってほしいね」


【試合中】

栗山巧今日のNo.1

「こんばんは 栗山巧です

昨日はね、まぁああいうゲームになりましたけど、あの~ほんとね、

大宮のファンの方には、え~選手全員申し訳ないっていう気持ちは持ってます

あの、次、大宮でね、開催される時はなんとかいい姿を見せられるように頑張りたいと思います

2ヶ月ぶりですね、札幌ドーム

北海道は爽やかな空気

最高気温は21℃!

最高じゃないっすか、これ

ね、でもドームなんでね、常にいい環境で野球ができます

先発菊池、今日も期待したいっすねぇ

連続無失点16イニング

まぁでもこれ菊池だってね、点取られる時もありますから

なんとかあの~早い段階で

いっつも言ってますけどね、早い段階で打線が援護できるように

今日からの3連戦で6月の戦いも最後になりますんで

いい形で締めくくりたいと思います

頑張ります!」


(レポより)

菊池
「開幕の時は困ったら変化球という時もあったけど、
今はここという時にストレートで行ける」

菊池
「札幌ドームのマウンドは好きです
固くて、傾斜があるので」

鬼崎
27日の大宮での楽天戦、左の川井から2安打
「右しか打てないと左投手の時に絶対使ってもらえないですからね
とにかく打席の中ではコンパクトに打つことを心掛けて打っています」

菊池
「自分の試合の映像を振り返って見るのは好きじゃない
いい時の映像を見てしまうと、自分に酔いしれてしまう
ゲームの中でもいいボールで三振を取った時には
あえて気持ちを切り替えるようにしている
追い求めるよりも今は忘れることを大事にしています」

杉本コーチ
3回までの菊池について
「いつもよりボールが先行している
1回2回と点を取られているんだけど
こういう展開の時にこの後どう組み立て行くか
これを考えて粘り強く投げてほしい」

秋山
「なんとかチームとして今の順位をキープして上を目指していきたい
もし5割を割ったり、順位が落ちるとモチベーションが下がってしまって
追い上げるのが難しくなってしまう
踏ん張り時です」
と言っていたが
田辺コーチは
「なんとかしたいという気持ち、生真面目さがこのところ裏目に出てるかな」

熊代
「今年は打席での苦手なゾーンが少なくなった
去年、左打ちを経験したのもよかったのかもしれません」
今でも練習では左打席に立つことも

浅村
7回のタイムリー
「打ったのはスライダーです
栗山さんがヒットで出塁して、僕も後ろにつなげようと打席に入りました
結果タイムリーになってよかったです」

浅村
「後半戦自分に期待されているのは打点だと思うので打点を稼いでいきたいです」

菊池降板後
「今日は悪いなりにゲームは作れました
カードの頭だったのでリードした状態で交代したかったです
いつも野手のみなさんに助けてもらっているので今日は粘りたかったです
そこが悔しいです」

(渡辺監督のコメントのレポはありませんでした)


【試合後】
(文化放送スタジオ担当の斉藤一美アナから
この日、横浜スタジアムへの取材(山井投手のノーノーを見たことになる!)前に鈴木光裕アナが
西武第2の取材にもいかれたとのことでそのレポを読み上げてくれました)

一軍は札幌、二軍は秋田への遠征のため、西武第2球場はリハビリ組と居残り組だけで練習

中村は片岡、カーター、田代の4人で一時間のフリーバッティングで大粒の汗を流していました

すでにスパイクを履いてキャッチボールやバッティングは行ってきましたが

打球は第2球場のレフトフェンスを軽々と超え、防護ネットの最上段に当たるものもありました

ほぼ半分近くが柵越えで終わった後は「めっちゃ疲れた」

細い目をさらに細くしていました

中村は「フルスイングしても痛くないけど野球はバッティングだけじゃないから

それに関わることがいろいろあるので万全とはいかない」


と話しています

米田リハビリ担当コーチも

「あの綺麗な柵越えを見たら一軍は欲しくなるよね

でもHRばかりなら走らなくて済むけどそうはいかないし

ランニングでもスパイクを履いてやり始めたけど

まだ万全とはいきません」


とあくまで慎重な姿勢を崩していません

左ひざの裏を痛めて調整中の片岡治大もバッティングでは何本かの柵越えもあり

「大丈夫」と語っていましたが抹消されて2週間

「まぁ、だいぶんよくはなってきてはいるけれど」

と話しながらやや浮かない表情です

バッティングはできるんですが片岡は今、走れないんです

足が命の選手、走れないというのは自分の中でも地獄のような日々かもしれません

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。