スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『永江の変化と地獄を見た男』 ~2013.07.07 千葉ロッテ11回戦

2013/ 07/ 08
                 
西武ドーム 埼玉西武11-2千葉ロッテ
         (FM NACK5 サンデーライオンズ
実況:坂信一郎アナ
レポーター:工藤むつみさん
ゲスト:加世田美智久さん
加世田さんは元ライオンズの選手、引退後バッティングピッチャーを2010年まで勤められたそうです)



昨日初ホームランの永江
今日もアーリーから選手やコーチに声をかけられる
岸にも何かこそこそっと耳打ちされる

加世田さん
「栗山は打撃練習でも1球目からフルスイングする一生懸命な選手
力を抜いたらどうかなと思うぐらい
ロッカーではふざけたりもするけど
人に頼まれたサインを要求するとわざと断ったり
『ダメ』とか
僕の方が先輩なんで気を遣いながらも冗談で返してきたりする一面も
グラウンドとロッカーで全然違う人
そういう切り替えが上手い」

加世田さん
「浅村は一年目から力強いスイングで右へと大きな当たりを打っていた
いずれはHRを打てる打者になると思っていた」

浅村
「今は体の切れがとてもいい
チャンスではあくまでHRではなくてランナーを帰すことにはこだわっています」

安部コーチ
ロッテ先発大嶺について
「コントロールもアバウト
スピードも以前よりない
真っ直ぐや、フォークなど絞りやすい
打てると思うよ」

炭谷
「高校の時は僕も4番だったんですよ」

金子
「前回ファームに落ちた時は疲れがたまっていました
今回はそういうことのないように体調管理をしっかりしたい
でも一軍の体調管理は難しいです
体重もちょっと落ちました
ファームではもう少しでなにか掴めそうかなところで一軍から声がかかった
でも下半身の大事さがわかりました」

永江の昨日のホームランボール
ロッテ側に入ったがちゃんと返ってきた
ボールは昨日いらしてた、年に数試合しか来れないお父さんの元に
試合後は家族全員でしゃぶしゃぶを食べにに行った

中村
7月下旬のイースタン出場については
「全く言っていない
膝の不安はないが、実戦復帰の時期についてはまだ意識していない」

坂田
昨日短いバットで怪我をしていない方の手で片手のみの打撃練習

杉本コーチ
「3回までの岸について
初回からテンポ、リズムともにいい
早い段階で味方が点をとってくれたので
守りに入らず攻めの気持ちで投げてほしい」

杉本コーチ
「岸は一度ミニキャンプをしてから勝ちはつかなくてもボールはよくなった
何かが変わったというわけじゃないけど一番変わったとしたら気持ちじゃないかな」

加世田さんは岸の思い出について聞かれて
「日シリの試合後のバスの中ではみんなゲームをやっていたが
岸は投げた2試合の後はさすがにゲームをせずに寝ていましたね」

永江
昨日から打撃フォームを大改造
変えた所を聞かれて
「全部変えました
目で見た情報がしっかり体に伝えることができている
ここで打ちたいというポイントで打つことができています」
三振が多く改善が見られない永江に
安部、田辺コーチが
「何かを変えないと
このままじゃ同じ失敗をする」と
永江本人とも話し合って作った新しい打撃フォーム
早速結果か出ている

加世田さん
今まで見てきた選手でインパクトのあったルーキーを聞かれて
「中島
細いのに飛ばす力があると思った」

炭谷
ロッテ打線について聞かれて
「不気味
ストライクゾーンの積極性、早打ちしてくるのでそこを利用したい」


「この暑さはかなりヤバイ
昨日の練習でも疲れ方が違いました
でもここで5連勝すればパ・リーグ面白い展開になるので
頑張りたいですよね」

監督
「オールスターまでに貯金を4か5は作りたい」

ライバルを選手に聞くと多くの選手が「自分自身がライバルです」と答える中、
上本は
「ライバルは中村、栗山、中島、片岡
中村は遠くに飛ばせるから
栗山中島はストイックに打つ技術に長けている
ここは真似したい
片岡は何といっても男前だから
透き通った華のあるイケメン」

永江
フォームの変化点は
右足を大きく上げないこと
「コンパクトにスイングしても当たれば飛ぶんだお前は」
とコーチに言われている

松下について石井コーチは
「上がってきたばかりだからまずは敗戦処理からかな」
とは言っていたが
初登板はリードの場面で

2年怪我で棒に振り、二軍のコーチに
「あいつはこの2年間地獄を見てきた」と言われた松下
ファームでは今季30試合以上と一番多く投げてきた
橋本コーチに
「一軍はどれだけいいものかしっかり見て来い
思いっきりお前の腕がちぎれるぐらい腕を振って来い」
と一軍に送り出された

松下は怪我する前からこのフォーム
渡辺監督に
「あいつは面白いものを持っている」と言われていた

加世田さん今日第2で中村に
「膝どうだ?」
中村
「肩は大丈夫です」



『バッジりヒーロー賞』 ~金子侑司インタビュー

・先週の日曜日の札幌での試合を振り返っていかがですか?

「久しぶりのスタメンということでとにかく自分のやれることを思いきってやろうと

開幕当初のような気持ちで試合に臨んでました」


・チームも連敗が続いていたり、打線が打ててない中でのスタメンはいろんなプレッシャーもあったんじゃないですか?

「まだまだそんなチームのよくない流れを変えるとかそういうことをやろうとかは思ってなくて

とにかくまだ1年目ですしとにかく自分のプレーを思いきってやるというのを求められていると思っていたので

特に気負ったり、そういうのをすることなくどんどんやってやろうという気持ちでやっていました」


・あの試合でも3打席までヒットがなく、4打席目に回ってきたチャンスでしっかり振り抜いて3塁打
河田コーチも以前『ルーキーが4打席目、5打席目であんな長打を打つことはなかなかない』ってことを話していましたが
その辺の勝負強さはどう考えていますか?

「1打席目、早い打席で打てるのが一番いいと思うんですけど

1打席1打席を大事にして、毎打席その試合の1打席目のような大事にした気持ちで打席に立っているので

ああいう結果になってよかったと思います」


・最後に選んでくれたリスナーの皆さんに一言メッセージをお願いします

「この度はほんとに選んでいただいてありがとうございます

これじゃらまた自分自身も心機一転、チームの力になれるように頑張っていきたいと思いますので

応援よろしくお願いします」


『ヒーローインタビュー』

岸孝之

・4勝目 素晴らしい立ち上がりでした

「ありがとうございます

すごい暑かったんですけどなんとか8回まで投げることができました」


・真っ直ぐ、カーブ、チェンジアップどれも有効で勝負球に使ってました

「はい 全体的によかったんで

昨日おとといと雄星と十亀が頑張ったので僕も決めてやろうかなと思いました」


・打線も3回までの8点援護してくれましたね

「だいぶん楽に投げられました

ありがとうございます」


・タイムリー打った選手もHR打った栗山選手も『岸のために何点でも欲しい』と言ってましたよ

「ありがとうございます」

・次への意気込みを

「このロッテ戦3連勝で上もまた見えて来たので

また来週も頑張りたいと思います」


浅村栄斗

・今日も2本のタイムリー4打点、最初のタイムリーは

「前のバッターが必死に繋いでくれたのでここは返すしかないと思って打席に入りました」

・よく伸びましたね

「あともうちょっとやったんですけそ欲出したらダメだと思うんでよかったです」

・次の打席でもセンターへタイムリー

「あれは流れで打たせてもらったようなもんなんで

1本目の方がよかったです」


・少し前に4番の居心地を聞いた時はよくありませんと言ってましたけどあれから時間が経ちました
改めて4番の居心地は?

「よくありません!」 

・もう少し時間かかりそうですね

「そうですね」

・打点が57まで行きました!

「いやでも今はそんなとこ考えとったらダメなんで

必死にやっていきたいと思います」


・チームのため、勝利のためですね

「そうですね、はい」

・今日もたくさんのファンが来てくれました
ライバルシリーズ、千葉相手に3連勝です

「はい、この3連勝もファンのみなさんのおかげだと思うんで

これからもよろしくお願いします!」


(試合後の渡辺監督)

「打線がいい流れで来ている

みんな自分の仕事をしている

みんなで繋いで4番の浅村がよく打っている

打線はすごくいい

永江はこの活躍で何かを掴んでくれれば

岸は今日はほんとによかった

真っ直ぐも変化球、チェンジアップがよく

相手にフルスイングさせなかった

いい時の状態に戻って来てるね

炭谷のリードはチームも勝ってるし、配球が光っている

うちの正捕手これからも驕ることなくしっかりリードしてほしい

松下は初登板だけど堂々とストライクゾーンで勝負している

やっぱり見ていて面白い投手だと思ったよ

チームに勢いはあるがこういう時もあるだけ

ただ、続けばいいなと思う」




(管理人より)

土日と試合を見に行ってきました。

日曜日は岸が最初から腕が『シュッ』と振れてました。

リリースも安定していて、今年見た岸の中で一番いいように見えました。

でも6回ぐらいから下半身がばらついていたように見えます。

それに伴ってリリースポイントもぶれてきているように見えました。

でも腕が振れていたので抑えられていたのかなぁと。

西武ドームはすごく暑かったのでこの暑さで岸も体力を奪われたのかもしれません。

でも監督の言うようにかなりいい状態に戻ってきてると思います。

松下も5月にファームで見た時と同じような感じでずっと安定した状態を保ててるんだなぁと思いました。

ただ、昨日は大差の場面、これから厳しい場面、相手が確実に仕留めようとかかってくる場面でどういう投球をするか。

地獄を見た男の強さを見せて欲しいなと思います。

最近は増田が球速を上げて来たり、若い投手が少しずつ結果を出して来てさらに楽しみになってきました。

それから一つご報告です。

実家から電話があって、また状況が悪くなってきたようです。

あんまり詳しくは書けませんが私が正月に帰省した時よりだいぶん悪くなっているとのことです。

今すぐどうこうってことじゃありませんが

聞いててかなり心苦しかったです。

まぁ読んでくださる方には

「で?」って感じでなんとも反応のしようのないことだとは思いますが

これから先、今のように行きたい時にドームに行って、ブログ書いてということは難しくなるかもしれません。

将来的なことはまだ何も話していないのでなんとも言えないんですけど

また一つ悪くなってきていることだけはお知らせします。

でもできる限り、最後の最後まで試合を見てラジオを聴いて

文字にして

読んでくださる皆さんと楽しみを共有したいです。

そういう状況ですが、次回は7/13と14日。

今よりももう少し近づいているであろう楽天の背中を捉える獅子達を応援しに

杜の都仙台へと向かいます。


追記

コメントをたくさんくださってありがとうございます。

返事もなかなかできなくて本当に申し訳ないのですが、

それでもたくさん寄せてくれてありがとうございます。

お返事をしたい気持ちはたくさんありますが

今はもう少し記事を書かせてください。

甘口獅子

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。