スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『シンカーは2種類』 ~2013.07.24 千葉ロッテ12回戦

2013/ 07/ 25
                 
(西武ドーム 埼玉西武1-4千葉ロッテ)
         (文化放送ライオンズナイター
実況:長谷川太アナ
解説:森繁和さん
レポーター:飯塚治アナ)

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は7月24日西武ドーム ロッテとの12回戦です

やっとね、後半戦が始まるということで

半分以上は消化してるんですけどASを挟んで一つの区切りが終わったんで

ここからバンバンね、力入れて、しゃきしゃき行きたいですね

勝ちましょう さぁ行こう」


渡辺監督インタビュー

「ASから後は感覚的には早いというのもありますが、逆の場合もある

今年はどうなのかな

とにかく6球団どのチームも優勝するチャンスはあると思うし

これからは熱くて非常に厳しい戦いになると思う

これからの1戦1戦、ほんとの勝負所はまだまだけども

1勝の重み、1敗の重みがずしんと来る時期になるので

何とかとれる試合は、全部勝てと言うのは無理なんで

勝てる試合、とれる試合はきっちりとっていかないといけない

暑さで集中力かかける部分も出て来がち

そこら辺はしっかり、約3時間集中してやっていきたい

おかわりに関しては、ここまでリハビリが長引いて来てるんで

こちらから早くっていう感じではないんで

あとは本人次第っていうか、自分の身体は自分が一番わかってるんで

本人がGOサイン出した時に戻ってくる時かなと思う

涌井はとにかく上の必要な戦力としてこれから前半ダメだった分、

しっかり後半はチームの勝利に貢献してほしいなと思う

これからは相手チームとの相性とかは考えない

その試合試合でしっかり対策を練ってやっていきたい」


(飯塚アナのレポより)

杉本コーチ
「先発ローテはここに来てコンディションの問題もあって
いいピッチャーからという順番になるわけじゃないけども
体調不良の岸を後ろに回さざるを得ないわけだし
ただ、涌井の戻るめどが立って、1軍に合流したから大丈夫だよ
しばらくやりくりにはなっていくかな」

十亀
(後半戦最初のゲームの先発に)
「ありがたいことです」

【試合中】
奈良原コーチ
「函館のゲームで勝って1週間休みだったのはよかったね
勝ったことで貯金が6になった
負けていたら貯金4だったことを考えると
ほんとに大きな1勝だった」

渡辺監督
「ブラゼルはうちにいた頃よりちょっとお腹が出て太目になったね(笑)
でも日本の野球を知る選手、要注意」

ライオンズ後半戦の開幕は5年連続で西武ドームでのロッテ戦

栗山巧今日のNO.1
「こんばんは ライオンズナイターでは12日ぶりの登場 栗山巧です

久しぶりっすね、みなさん

憶えてますか?栗山ですわ

おおかた2週間ぶりなんですけどね、はい

AS期間中に中村剛也選手が練習に合流しまして

相変わらずでしたけどね、バッティング練習とか見てると

やっぱりおかわりやなぁ ええバッティングするなぁみたいな

その辺はやっぱりね、さすがにリハビリの期間が今長くて

うずうずしてて力が入ったところもあるでしょうけど

早く帰ってきてほしいなぁと

まぁでも慎重にやってるふうなところも見受けられたんで

どうっすか9月?

9月って言っとけばあいつも楽かなw

とりあえず9月ぐらい楽しみにみんなでしましょう

今日の先発は十亀

6日に完投勝利を挙げたロッテと再び対戦ですね

ロッテはやり返そうとしてこようとしますからね

そこでもう1回十亀がバシッといけば、

チームに勢いが付くんじゃないですかね

十亀頑張ってくれ お願いします!」


炭谷
「十亀は大きな曲りのスライダーも上手く使って緩急を使えるピッチャーだけども
サイドハンド特有のちょっとカット気味に来る球、
ちょっとシュートするような球、
これがストライクゾーンの中で枠の中に行ってしまうと打たれてしまう
ゾーンからちょっと外れて食い込んだり、散っていく
枠から広げるようなピッチングができてる時の十亀はいいんだよな」

(このレポを聞いた解説の森さんによるとこの日の十亀は
「両サイドに散るという感じではない
中に集まってきている」
とのことです)


増田達至インタビュー
(・は飯塚治アナ)

・AS前の函館のゲームでは2イニング6人をぴしゃり

「チームが負けていて、その回に逆転してもらったんで僕自身もどうにかして外国人2人に0で繋ごうっていう意識を持ってマウンドに上がりました」

・6人から4奪三振、自信になったのでは?

「僕の持ち味は相手バッターに向かっていくというのが大事なので

しっかり向かっていけたかなというのはあります」


・終盤の勝ちゲームでの登板が多い そのポジションを掴むという思いも強い?

「まだ掴んだという気持ちはないですね

信頼を得るというのが大事なんでそこからポジションを確立していければというのがあります」


・後半戦これからどんなピッチングを?

「今任されてるポジションをしっかりと0で繋いで

後ろの外国人2人にしっかりとバトンをパスできるようにチームに貢献して

1勝でも多く勝って優勝したいと思います」



杉本コーチ
今日の十亀について
「今日は力が入りすぎて気負いすぎ
自分のリズムで投げられてない
もう少し楽に十亀らしいピッチングでいってもらえたら」

安部コーチ
ロッテの先発古谷について
「ゆったりとしたモーションからピッとストレートが来るんで
打者としてもそのモーションに合わせてゆったり打ちに行くと差し込まれるだけなので
前でパンパン打っていくイメージでやってもらいたい」

6回裏のチャンスの場面
渡辺監督が浅村と秋山を呼び寄せ
かなり長い時間指示を出していた

ファームは第2でファイターズ戦
先発はイースタン初先発の佐藤勇
ここ2試合中継ぎで結果を出し、チャンスを掴んだ
初回ショート木村のエラーからタイムリーを与え先制を許し
4回に暴投でさらに1点を失った以外はランナーを出しながら要所を抑え
5回4安打7奪三振2失点
打線は初回に4番カーターのタイムリーで同点
2回には梅田のHRとカーターの2点タイムリー2ベースで逆転
さらに4回今日。捕手として支配下登録された藤澤のタイムリー2ベースで2点追加
2番手は武隈が4回を2安打8三振
7-2で勝利
佐藤はプロ初勝利

田辺コーチ
「ヘルマンなら1試合にヒット1本、もしくは2回ぐらいは出塁するだろという気持ちで1番に据えた」

初登板の時は石井コーチから「死ぬ気で投げてこい」と送り出された松下
セールスポイントは「腕の振りとシンカー。シンカーはフォークの握りでSFFのように落とすのと
潮崎さんから教わった中指と薬指で挟んで抜くシンカーの2種類
でも潮崎さんから教わったシンカーは難しいです」

【試合後】

渡辺監督
「十亀は抑える打たれるはあるけども、後半戦開幕を任せたピッチャーには内容として寂しかった

2回のランナー2塁ブラゼル、打者荻野の場面、

バントで3塁でアウトにできた場面だった

慎重に行ってゆっくり出てくるようではダメ

あそこは何が何でもアウトにするんだという姿勢

そういう気持ちを前面に出して初戦を絶対に獲りに行くんだという強い姿勢を見せてほしかった

ああいう所で気持ちが出てこないのはなかなか寂しいね

打線が2度の満塁で1本出る出ないはあるがちょっと悔しい負けだな」


ライオンズは後半戦の黒星スタートは3年ぶり
ロッテ戦の連勝は3でストップ
貯金は5で2位ロッテとのゲーム差は2.0
浅村はノーヒットで6月30日から続いてた連続試合安打は14でストップ

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

試合行くつもりでしたが、仕事で行けなくなりました。
次は26日の金曜日に行ければ行きます。
行けなくても27日と28日は行きます。
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。