スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『その辺の違い』 ~2013.07.30 楽天13回戦

2013/ 07/ 31
                 
岩手県営野球場 埼玉西武4-9東北楽天
         NACK5 ライオンズレポートより

先発の菊池は2年ぶりの盛岡での登板

前回は初黒星を喫した地

「なかなか生で見る機会のない岩手の人たちにいい試合を見てもらいたい

自分自身もレベルアップしたところを見せたい」

ファームは第2で2-11で横浜敗れるも

片岡が1番セカンドでスタメン

6回までに3打席立ち、 2打席目に右打ちでライト前ヒット さらにその後盗塁

セカンドの守備機会は一度だが落ち着いて処理

「試合に出られたのがまず一歩目、スタートです

盗塁もできたのでひざの状態はぼちぼち

チームがこういう状態なので焦る気持ちあるけど万全で戻らないといけない ちょっとずつ頑張りたい」


(文化放送ライオンズナイター
実況:高橋将市アナ
解説:笘篠賢治さん
レポーター 鈴木光裕アナ)

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は7月30日 岩手県営野球場 楽天との13回戦です

ご当地選手としてね、雄星があまりにも有名な岩手県出身の雄星って感じですけどね

それが投げるんで、なんとかかっこ付くためにもね、打線が援護して

相手は首位のチームですし なんとか頭を取りたいと思います

勝ちましょう さぁ行こう」


渡辺監督試合前

「楽天は今チーム状態がいいしソフトバンクもいい

状態のいい2チームとこれから約1週間戦うがうちも状態は悪くない

大事な5試合になる

打線は秋山が勝負強い打撃をしてくれている 一番のポイントゲッターだといえる

菊池とはいろいろ話をしてこの日に合わせた 万全な状態で入っていくと思う

あまり入れ込み過ぎずにマウンドでは冷静に、でも地元だしファンの方には知り合いや家族も来てると思うので

いい仕事をしてくれれば

楽天は両外国人が入って打線に厚みが出て、バランスもいい

チームのモチベーションも高い

こちらも負けないぐらいのモチベーションでいかないといけない

現時点で首位なので強いチームなのは確か

しっかりやれることをやってできれば2試合とりたい」


菊池
おととい西武ドームの練習でブルペンに入った時に
この所ランナーなしでのフォアボールが多いので
無駄な動作を省くということででノーワインドアップで投球練習を行った
杉本コーチ
「公式戦少し間が空いたがオールスターの1イニングも含めて疲労もずいぶんとれた
いいピッチングをしてくれるはずだ」
菊池は
「プロ初黒星を喫したこのマウンドで2年前とは違う自分を見せたい」

菊池のお父さんも球場へ
同僚から「早く行きなさい」と言われ仕事を抜け出してきた
今日は勝手連という勝手に応援するファン300人と一緒に旗を振って応援
「銀次だけじゃなく雄星も応援してください」

安部コーチ
「直人が2番らしい仕事をしてくれて入って打線が落ち着いてきた
今の打線は下位にヒットがなくても四球をよく選べている」

栗山
「則本のペースで投げさせないようにしたい」

秋山
「則本はストレートがいい投手」

栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

昨日は決起集会というのをやりまして開幕前と後半戦始まってからやるのが恒例になってるんですけど

これでまたCSとかね、日本シリーズに出られることになればまたもう1回やるんですけど

みんな和気藹々とね、楽しく食事してましたね

席順はくじ引きなんですよ

なのでランダムということで

でもみんな楽しそうでした

石井一久さんが一軍にやっと合流でいやぁ頼もしいですね、やっぱり

石井カズさんぐらいの実績のある方が加わってくれると僕としても安心しますし

頼りになるベテランのピッチャーですね

今日の先発楽天則本投手

いいピッチャーなんですよ

勢いありますし、自分のボールをガンガン確率よく投げてくる

んで、あまり言えないですけど

リズムをね、自分のリズムでとにかくバッティングできるように

チームのいいリズムで自分で打席に入れるように頑張りたいと思います」


雄星のお父さん
「銀次選手との同郷対決、最初まず打たれないようにしないとなぁ」

秋山
「まだ自分はここで打たないとという場面で打てていません」

ベンチ裏に出てきた浅村
「則本そんないいとは思わないなぁ 球も高いし」

楽天は今日観客にユニ配布
雄星の父ももらうも「でも着ません」



牧田和久インタビュー
・は鈴木光裕アナ

・2ヶ月勝てないのは『あ~どうしたんだろ』って気持ちになるものですか?

「と言うよりかは、自分のピッチングができてなかったので、

結果として5失点だとか、なかなか野手の方が打ってくれても、踏ん張りきれず失点するという形だったので

苦しいというよりかは何かを変えなければというふうに思って」


・ミニキャンプはどうだった?

「きつかったですね しんどくて

キャンプというキャンプ、春できてなかったのでWBCがあったのでそっちに合わせてたっていう部分があって

いつもより疲れが早く出て、その分、下半身が踏ん張りきれず、

下を使えず上だけに頼ってしまう感じだったので

ボールも走ってなく、自分のピッチングができなかったという」


・でも本来のランナー出しても本塁に帰さなければいいという形に甦ってきました

「我慢我慢という初心に戻って、なんとか粘り強く投げてれば勝ちってのはついてくると思いますし

自分の手で勝ちを獲りに行かないと野手の方に任せっきりでは絶対に勝てないと思うので

なんとか粘り強く投げるっていうことをもう1回考え直して」


・これからは一番きつい8月、フル回転で行くしかないですね

「なんとしても我慢して、チームに貢献することをしっかりやっていきたいと思いますね」


秋山
則本から2HR打ってるが 「それはずいぶん昔の話 前回は抑えられているので印象も変わってる」
この発言を聞いた笘篠さんは
「でも今日のライオンズで一番タイミングが合ってるのは秋山です」
その後すぐ秋山HR
秋山は則本からこれで3安打目
すべてHR

打ち取られた栗山も
「ど真ん中だったでしょう
おかしいなぁ 則本いいと思わないけどなぁ」

杉本コーチ
3回までの雄星について
「地元登板ということがあるからなのかいつものリズムじゃない
少しゆったり投げている
自分のテンポで雄星らしい投球を見せてほしい」

安部コーチ
「則本はランナー出るとギアが1段上がる なのでまだ上がる前のカウントを取ってくるボールを狙いたい」

秋山HRコメント
「真っ直ぐです 先制点が取れてよかった」
逆転された後は 「次の打席で取り返せるように頑張ります」

監督
「一久はファームで投げる投手じゃない まずはブルペンからだけど先発に回ってもらうこともある」

菊池降板後
「大事な2連戦で よい流れを作りたかったし
岩手のファンの前でもう少し長いイニング投げたかったけど
試合を作れずほんと申し訳ありません」
4失点の時点でベンチは交代を決意
その後同点の場面で出て来るも「同点だよ」と言われて
「そうですか…」と小さな声で

鬼崎タイムリー
「打ったのは真っ直ぐ 逆転された後だったのでつなぐ気持ちでバットを振りました」

ヘルマンHR
「真っ直ぐ ランナーをためることをだけ考えた 甘い球を振り抜いたらHRになった」

試合後の渡辺監督

「雄星は問題外

魂が入っていない

2年前にここで投げた時よりも悪い

逃げのピッチング、腕も振れていない

とにかく万全の状態で今日は登板したんだから

ここで勝つんだという気持ちが出ていない

藤原は一軍のピッチャーの体を成していない

石井一久はさすが

その辺が違うんだ

久々で今季初めての登板でも攻めのピッチングができていた

若手がほんとはこういうピッチングをやらなきゃいけないんだけどね」



7月22日の文化放送のオールスターの第3戦の中継の後、牧田投手のインタビューが流れたそうです

私は聴き逃したのですがあかね色の夕暮れさんが書き起こしを提供してくださいましたので

ここに掲載させていただきます。

あかね色の夕暮れさん、いつもありがとうございます。

(飯塚アナの前フリ)
今日のゲーム前にインタビューさせていただきました。
ライオンズ牧田和久投手のインタビューをお届けしましょう。

----------------------------

(槙嶋アナ)
2戦目の登板、振り返っていかがでした?

(牧田投手)
・・・まあ(苦笑い・槙嶋アナも)・・・
自分らしいのかどうなのかわかんないですけど、
・・・(息吸って)んーー、でも・・・
打たれるならホームランがよかったかなという・・・
気がします。


(槙嶋アナ)
あのー、結構コースにこだわらず、
大胆にいきたいという話をされてましたけれども、
そのあたりはできましたか?

(牧田投手)
そうですね。
まあー、自分の持ち味(もちーあーじーーぃ)としては、
まあ、アウトコース、インコース、どっちのコースも突くって
感じなんすけど、オールスターってこともあって、
やっぱりインコースも突けないですし、
ま、かといって、外いって、ボール、ボールっていうのは、
観てる側としても、あれなんで。も、だいたい、
真ん中付近でいいのかなっていう感じで投げていましたけど、
やっぱり、ほかのピッチャーと比べると、
やっぱ、いち、にっ、さんのまっすぐでも、
簡単に打たれてしまうなという。
スピード差的にやっぱ、ぜんぜん違うので、
そこで、やっぱ、まっすぐで・・・
抑えられるっていう力は、まあ、ないので、・・・はい。


(槙嶋アナ)
まあ、ただ、その中からどうでしょう。
後半に向けて何か、こう手ごたえというのは、
感じとれましたか?

(牧田投手)
そうですね。まあ、真ん中付近のまっすぐで
ファールをとるっていうのができてたと思うんで、
ま、ほんと、ベルト付近の高さにいってしまうと、
どうしても、クリーンヒットしてしまうんで、
もうちょっと、ま、他のピッチャーもそうなんですけど、
観てるとやっぱり、フライあげるのっていうと、
ベルトより上のまっすぐだと思うので、まあ、その辺をーー、
自分で狙って投げれれば、まあ、ファールなり、フライなり、
とれるのかなっていう風には思うので、
その辺の手ごたえとしては・・・はい、ありますね。


(槙嶋アナ)
そして、オールスターゲームの初球。
我々には、上から投げたように見えましたけれども、
ご本人としてはいかがでした?

(牧田投手)
不完全燃焼ですね。(苦笑い・槙嶋アナも)
いやー、でも、自分の投げた感覚としても、
ちょっと、ひじが下がってたと思うんで、・・・
もうちょっと大胆に・・・大胆に、というか極端に、
上から投げれればよかったのかなという風に思うんで、
・・・ちょっと・・・自分の中では
投げたつもりなんですけど、やっぱり、
・・・会場のそのざわーつきと、ベンチを見ると、
「そうでもなかったな」っていう感じだったので、
ま、それよりも、藤浪投手と中田君のーー、
あっちの方が面白かったなっていう風に思うんで、
まだまだ、足りないなって自分は、気がしますね。はい。


(槙嶋アナ)
ま、でも、この雰囲気。また今日もね、
子供たちがいっぱいいて。
また、こう神宮とも違いますけれども、楽しめてますか?

(牧田投手)
そうですね。子供たちが
「サイン!」「ボールちょうだーい!」
って言ってきて来るんで、自分も当時、小さい頃も、
あんな感じだったのかなっていう風に思うので、
本当、自分たちがいいパフォーマンスを見せて、
「あの選手みたいになりたい」っていう風に思ってくれれば
いいかなって思うので・・・。まあ、自分も小さい頃
「どんな選手になりたい」っていうのは、
イチロー選・・・イチローさんとか、
古田さんとかあったので、そういう風に1人でも多く
「あの選手になってみたい」っていうのが、
出てきてくれれば、嬉しいかなって風に思います。


(槙嶋アナ)
今はもう牧田投手が夢を与える立場になってるっていう・・・
感じがしますか?

(牧田投手)
そうですね。でも、かといっても、
小さい頃からアンダースローっていっても難しいと思うので、
まあ、まずは、自分の投げたいように投げて、
そこから、自分の体の構造とか、その辺わかってくれれば、
下からでも、横からでも、いろんな投げ方って
出ると思うので、まあ、小さい頃は、まあ本当楽しんで、
わんぱくにやったらいいかなって風に思いますね。


(槙嶋アナ)
ま、そして、あの、来たるべき後半戦に向けての
意気込みをお願いします。

(牧田投手)
そうですね。まあ、何とかチームの勝利に貢献して、
自分の借金・・・、貯金を増やしていければ、
チームの貯金も増えてくと思うので、まあ、その辺で
精いっぱい貢献していきたいなって風に思います。


(槙嶋アナ)
期待しています。

(牧田投手)
はい。

----------------------------
(飯塚アナのしめ)
まっ、というゲーム前に録らせていただいた
牧田投手のインタビューであったんですが、
神宮球場では、そのアンダーハンドの本格派といわれる
牧田投手がオールセントラルの各バッターに対して、
向かっていく姿勢っていうのは、
本当にファンの皆さんの夢になったんじゃないかなって
風に思いますね。
すばらしいピッチングだったと思います。

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。