スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『精密機械を止めろ』 ~2013.08.16 東北楽天15回戦

2013/ 08/ 17
                 
西武ドーム 埼玉西武1-3東北楽天
         (文化放送ライオンズナイター
実況:高橋将市アナ
解説:山崎裕之さん
レポーター:飯塚治アナ)

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は、8月16日 西武ドーム 楽天との15回戦です

今日からね、首位楽天との3連戦

3タテ気持ちよく行きたいと思いますんで応援してください

勝ちましょう

さぁ、行こう!」


渡辺監督試合前インタ
・は高橋アナ

・昨日4年目の美沢選手、そしてルーキーの高橋投手が初めて一軍の舞台を踏みました
美沢選手はプロ初打席がタイムリーにもなりましたけども二人の働きはどうでしたか?

「まずは1軍でのプロとしてのスタートで

美沢もすぐにヒットが出て、打点もついてよかったし

高橋もああいう場面でしたけど西武ドームの一軍のマウンドを経験できてね

次から変わってくると思うしまずはデビューおめでとうってところですねw」


・今週はホークス、イーグルスとの3連戦 ホークスとは残念ながら3連敗となりました
まだ勝負は先にあると思いますけどそこに向けて正念場というところでしょうか、今は

「そうですね 先にあるとは言っても、この時期頑張らないと勝負できる位置にいられないということになってしまうんで

今、チームはすごく苦しい状態にいることは確かなんで

そういう状況だからこそしっかり前を向いて、やっていかなくちゃいけないと思うし

とにかく今日のゲーム、相手マー君ということでね、

チームとして束になってかかっていかなくちゃいけないピッチャーでありますし

こういうピッチャーを何とか負けが付けれれば、チームも再び浮上していくきっかけにもなると思うし

今日の試合、勝つため最大の努力をして

結果的に勝てればいいかなと思います」


・なんとか序盤、先手でしょうか

「もちろん先手をとるということは大事だと思いますし

今シーズン負けてないピッチャーという所でそういう当然技術体力精神力

なおかつ運も持ってるピッチャーなんでそういうピッチャーを倒すためには

なにかしら仕掛けていくとか

普通にやってたらね、今まで通りになってしまうと思うんでね

相手が大きけりゃ大きいほど、当然やりがいもあるし

うちの選手、今日は多分すごく気合が入ってくると思うんでね」



浅村
「今日とるのは大きい
連敗止めて、田中さんに打って勝てば勢いもつくし、
この3つ全部とれば5.5ゲーム差まで持って行けるので
田中さんで負ければ向こうも慌てるでしょう
まさか田中さんも0敗で終わることはないでしょうから」

安部コーチ
「いくら田中でも立ち上がりは不安なはず
そこを積極的に行きたい」

浅村
ランナー置いてギヤを上げた田中さんは目つきも、ボールも違う
でもそのギヤを上げた田中さんを打ちたい

栗山巧今日のNO.1

「栗山巧です

開幕から16連勝、そしてプロ野球記録タイ20連勝中の田中投手が今日は相手ですけど

まぁ…すごいっすね

まぁすごい 16連勝っていうのは

でもただなんかね、あの~西武は1回しかやってないですしね

西武が止めると

そのぐらいの気持ちで今日は行きたいと思いますね

先発の野上、交流戦後5連勝

野上勝ち運持ってるんですよ、結構

援護運も持ってるしね

今日だからね、僕野上の時結構打つんで

今日俺打つんちゃうかなと思ってます

プロ4年目の美沢、おめでたいヒットでしたね

僕あれ打つ思ってましたよ

打つと思ってたんで、『あ、美沢のヒット見とこう』と思ったら

綺麗にカ~ンと逆方向にね

ほんと美沢にとっていいスタートになったと思うんで

美沢にもどんどん活躍してもらいたいなと思います

頑張ります!」


安部コーチ
「田中に追い込まれたら打てる可能性は0に近い
狙うはカウントをとりにくる球」

直人
「マー君から打ちたいですね
マー君には受身になったらダメ
積極的に行かないと
追い込まれたら追い込まれたで対策はあるけどその前に打たないと」

杉本コーチ
3回までの野上について
「緩急使ってうまく打たせるピッチングができている
昨日まで中継ぎが連投を強いられてるんで、、
本人も一人で投げ切ろうという思いもあるし
最後まで投げてもらいたい」

渡辺監督
「田中も同じ人間
精密機械じゃないんだから
投げるからにはいろいろと動揺もあるだろうし
いろんな感情もあるだろう
その中で必ず穴もあるはずだ」
しかし解説の山崎さんは
「いやぁもうほとんど精密機械ですよ、田中は」

秋山
「今回の不調はやや長いけど悲観することはない」

浅村
「田中さんは落ちるボールもストライクをとるSFFと
空振りをとるフォークとしっかり投げ分けてくる」

直人
「打席では流れを読むことに意識を置いています
試合は攻勢なのか、拮抗してるのか、劣勢なのか」

野上降板後
「同じバッターに何本もヒットを打たれたのもダメだし、
最後の詰め甘さ、それが反省点です
でもいい所もあったのでそれを次回の登板の調整に向けてまたやっていきたい」

浅村タイムリー
「シュート
チャンスだったので自分で還すという思いでいきました
なんとしても打つという強い気持ちでした」


渡辺監督試合後

「野上は頑張ったが最後は力尽きてしまったかな

もうちょっと田中にプレッシャーをかけたかった

初回、あそこの場面で点を取る、取らない、これが大きい場面だった

打つべき人がああいうチャンスで打てなかった

相手も人間なんだからプレッシャーがかかるわけだし

あそこで点を取っていれば変わっていただろうな

自力優勝は消えたが今の状況ではしかたがない

まだまだゲームはある

前を向いて勝つ最善の努力をしてきたい」


おわり


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

チーム状態
3塁側観戦してきました。
残念ながら・・・田中投手に開幕17連勝を捧げてしまったわけですが。
ストライク先行のテンポいい投球で、選手の応援歌が流れる隙もほとんどなく終わってしまいました・・・。
初回の大チャンスに点数が奪えなかったのはホントに残念でした。
後ろの座席にいた人も「敵ながらあっぱれ!」と何度も言ってましたが、まさにその通り。
貫録のピッチングでした。

でも、野上投手からはいつも以上に気合が伝わってきたし、球数も少な目で久しぶりに8回2アウトまで投げれたし、いい収穫だったなと思います。
先制された後に1点を奪った時にも執念が伝わってきました。
ひいき目かもしれないけど、勝利まであと1歩だったと思います。

昔から試合を見ていると、直感でチーム状態の上がり始め、下がり始めが何となく分かるんですが(信じたくないのでチーム状態が下がり始めた時は言いたくないけど)、16日の試合を観戦していて、明日の試合内容によっては上がってくるかなと思いました。
結果、サヨナラ勝ちでしたが、チーム状態が上がるまでは・・・正直、もう少し時間はかかるかなぁと思いました。
でも、サヨナラ勝ちの勢いに乗って、上向きになってくれたら嬉しいですね!

次は少し時間があきますが8月30日に観戦します。
黄金期のユニフォーム、今から楽しみ!
写真もガンガン撮影しようと思います♪
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。