スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『2013年度南郷秋季キャンプスタート』

2013/ 11/ 07
                 
(2013.11.06と11.07のLEXより
飯塚アナのレポをまとめました)
         11月6日

22℃秋晴れでスタートした南郷キャンプ

半袖で練習する選手も

伊原監督が「練習はメリハリつけて集中して短く」と宣言してた通り

10時から14時前で全体練習は終わり

ランニング、特守、特打が中心

メイン球場と室内とに分かれて

坂田や木村、永江、斉藤が争うように特打

金子は特守

16時半ごろまで個別に練習

伊原監督の声

「初日というよりもね、これまで西武Dでやってきたのでその延長みたいなもの

場所代わって気分転換になるかなと思いますけどね

選手がどのポジションにいるのか、自分の立ち位置を把握してほしい

足のある選手は足を活かす

守備の選手は守備を活かす

1軍で定着して仕事するにはどうしたらいいかがテーマ

投手は投手でどうしたら1軍にいれるのか、

自分たちでそこを考えて

コーチ、監督はアドバイスするだけ

後は選手が自分の位置を見つめてやってほしい」


練習後のミーティングではスピーチコンテストを実施

選手が10分間でフリーのテーマでスピーチをする

そこで選手間お互いの考えを把握し

また、皆の前で話すことでメンタルを鍛えるのも目的

伊原監督

「森監督時代にやってきた伝統

清原もやったことある」

今日の担当は

栗山、岸、永江


片岡がFA権の行使へ

「いろいろ悩んだが他球団の話を聞ける権利、後悔はしたくない」

ライオンズは宣言後の残留を認めるなど、残留要請をしている

片岡も「ライオンズに愛着がある

ここでやりたい気持ちがある」


11月7日

7時前から浜辺の散歩

10時から全体練習も今日からはアーリーワークも開始

主力組がウエイト上で体幹トレ、腹筋背筋、腿、足周りといった下半身トレ

栗山、中村、岸、牧田が1時間ほど

栗山はチューブを使ったインナーマッスルを

「チューブトレ、ブーチュートレ、ブーチュートレ」と言いながら

中村は壁にバランスボールを背中で押し当てた状態で片足で右、左、とゆっくりとスクワット

足で地面を噛むような形で、膝の強化に努める

トレーナーさんに「ちゃんと地面噛んでるかぁ?」と聞かれて

「噛んでますよ!カーペットも噛んでますし、その下のコンクリートも噛んでます!」

岸も「この秋は体幹を鍛えたい、南郷でこのトレを覚えて、オフの間も下半身を強化したい

強い身体を作りたい」

昨日から始まった夕食前の10分スピーチ、岸のスピーチが「レベルが高かったなぁ」と各選手に好評

10分の中でちゃんとオチまで用意して笑いもとりながら興味深い話を展開

明日のスピーチ担当は中村

「昨日の夜からなにしゃべったらええんかなぁと考えてるうちに眠れへんかった!

どうしよう~」

と関西出身ならではの笑いをとりたい気持ちがプレッシャーになっている様子

若手も居残りしながら今日も練習は目いっぱいの16時半まで

(11/4~文化放送解説陣による今年のライオンズの振り返りのインタを放送していますが
これについては後程一まとめにしようと思います

ちなみに
11/4岩本勉さん
11/5森繁和さん
11/6土肥義弘さん
11/7なし
11/8東尾修さん(予定)
です


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

 甘口さん、こんにちは。片岡・涌井、宣言しちゃいましたね。今まで頑張ってきて、獲得した権利ですし、プロスポーツ選手ですから、評価の高い所に行きたい気持ちも分かります。まだ残留も有り得るので、希望を持って見守りたいと思います。
秋季キャンプ。ピシッとした雰囲気もありつつ、ライオンズらしい和やかさもあるみたいですね。何か安心しました。岸のスピーチ聞いてみたいです。あの岸が、オチまでつけて笑わせたスピーチって・・・。どんな内容なんだろう・・。
ろんさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

今までライオンズに貢献してくれた選手が得た正当な権利なだけに何も悪いことではないんですけど
正直このFA権が恨めしく感じますw

選手には長い目で、いろんな面でどこが一番かをじっくり考えてほしいなと思います。

キャンプは早くも伊原さんらしさが出てますね。
「厳しさ」ばかりがクローズアップされがちですが、選手に気付かせ、サポートするのが監督コーチと言うように自主性もきっちり重んじてるようですね。

選手スピーチ、動画で見てみたいですね。
いつも目にしたり耳にしたりする選手の声って誰かしらの質問から始まりますもんね。
自分の言葉で始まり、自分の言葉で終わる選手の話ってなかなか聞けない分、面白そうですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。