スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『こんなはずじゃなかった』 ~牧田和久インタビュー

2013/ 12/ 04
                 
(2013.12.03 LEX 鈴木アナ)
         秋山翔吾契約更改

「6500万です 満足のいく額でした

1年間怪我なく出続けたことを評価してくれた

あまり成績がグンと伸びたという感覚はないので

とにかく2年目の怪我を、多少ですけど1年間試合に出れたということに関してほんとによかったなと思います

ただ、数字は納得するものは一つもなかったので

まだまだ自分を鍛えて、少しでもいい数字を残せるようにやっていきたいなと思います」

波があったことを反省

「1割台の月もあったし、いい時もあったし」

結婚については

「幼馴染と言うこともあり、付き合いが長かったこともあるのであまり変化がないかな」

と言いつつも

「来年はしっかり家庭を守っていきます」


浅村栄斗契約更改

満面の笑み

「5000万ちょっとアップの8600ぐらいかな

いい評価をしてもらえた

来年もこれ以上やってくれと高い評価をしてもらえた

感謝しているし、納得のいく数字をもらいました」

背番号3が欲しいと直訴も鈴木本部長は

「あと1年待て」と言う返事

本部長は

「ライオンズの顔と言われる背番号3なので、今年は獲るためのステップということで

ここから1年、自分で勝ち取ってくれ」

渡辺直人

現状維持の5000万円(推定)

「来シーズンはレギュラーを獲るつもりです

そして優勝を目指します、よりも優勝します」


インタは牧田

今季は8勝9敗

(・は飯塚アナ)

・2013年はWBCに始まって、シーズン終盤の追い上げまで長い1年でしたがいかがでしたか?

「1ヶ月早く作って臨んだシーズンでしたけど、結果的には思うような結果出ず、

チームもCS1stステージで敗退ということでしたし

長かったかもしれないですけど自分だけが長いわけではないので

楽天の田中投手も1年間長い中でも24勝0敗という素晴らしい成績をおさめてるんで

チームメイトも自分よりかは1ヶ月は遅いですけど

みんな一生懸命頑張ってやってますし、優勝に向けて

その中で長い、遅いというのはどうでもないかなと思いますね」


・思うようにならない時期もあったと思いますが、年間通してやっていくのに必要なことは?

「夏場がピッチャー一番しんどい時期だと思うんで

そこでもう1回下半身の強化と言いますか

もう一度追い込みをかけると言うか、

一山二山越えないと、踏ん張っていけないと思うので

そこはやっぱりきつかった部分と言うか、強化しないといけない部分かなと思いますね」


・越えるための体力と言いますか

「そうですね シーズン中でも少し強化しなきゃいけない部分だとは思いますね」

・シーズンの中でもいろいろ工夫しながら鍛えるべきとこは鍛えて

「そうですね」

・ボールの勢い、ストレートの強さを求めた1年だったかなと思いますがいかがですか?

「スピードと言うよりかは、WBCでもありましたが球数制限があったので

少ない球数で打たせてとるということができれば

長いイニング投げれると思っていたので、

その前にちょっと打たれて降板が多かったので

先発としての役割がまだそこまで果たせてなかったと思いますね」


・9月は3連勝もありましたし、大事な時期に勝ち切れたのでは

「大事な時期もありますし、あとは原点に戻って、打たせてとる、

または我慢して投げていれば野手の方が点をとってくれると信じてたので

それがああいう連勝に繋がったのかなと思いますね」


・CSでの最終登板、6回途中で交代しましたが、あの時のピッチングを振り返って

「大一番でしたし、あそこで勝てないと、ファイナルに行けなかったので、

その中で先制点与えてしまったということと

そこでの降板と言う意味は自分の責任として

情けないというか悔しいというか

悔しいが多かったですね

悔しいのがすごくて、まさかこんなはずじゃなかったって思ってたので」


・気迫たっぷりのピッチングでしたが

「でも…う~ん、初回にロッテの選手が全員、1回打席を外して

自分の間をとらせないというか、徹底してきた部分もあったので

その辺は気にしないで投げていたつもりなんですけど

ちょっと投げ急いでたということと

抑えなきゃ、抑えなきゃということでコントロールが悪くなってしまっていたので

今年はその辺でしっかりと腕が振れなかったりだとか

思うようなピッチングができてなかったので

こういう、う~ん、あまり納得のいかないシーズンだったなというのがあります」


・いろんな感情から最後ベンチで涙が止まらなかったと

「本来であればそういう姿は絶対見せてはいけないところですし

抑えきれなかったというか悔しすぎてって感じですかね」


・これからの野球人生の中でも大きな1試合になったのでは

「社会人の時も経験してますけど、一発勝負の難しさというか

短期決戦の難しさというのを改めて感じたというか

1球が大事かなと思いましたね」


・同い年の岸投手と軸になって投手陣の先頭に立っていかなければという思いもありますか?

「チーム力も大事ですけど、一人一人のレベルアップをしていければ

自ずとチームは強くなっていくと思うので

その一人一人が役割をしっかりできれば間違いないと思います」


明日は浅村栄斗のインタの予定です

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。