スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『野上亮磨契約更改、炭谷銀仁朗インタビュー』

2013/ 12/ 08
                 
(2013.12.06 LEX 飯塚アナ)
        
野上亮磨、平野将光、武山真吾が契約更改

契約交渉後の野上の声

「2000万アップです

ちょっと、考えましたけど、内容聞いて、納得したうえでハンコ捺したんで

まぁスタート自体はよかったんですけど、オールスター明けから調子あんまよくなく

あとは大事な所で打たれるっていうのが多かったんで

それは来年の課題としてやっていけたらと思います」


推定年棒4800万円

5000万円という所を本人は考えたようだが「サインした」とのこと

今季は先発を中心に30試合登板で11勝7敗

「今年は先発で8勝、中継ぎで3勝だったので

来年は先発で2桁をまず目標にしたい

そのためにコントロールを磨いていきたい

大体ではなくて微妙なコントロール、ボールの出し入れをして

ソフトバンクの攝津さんのようなピッチャーを目指していきたい」


アップ分の使い道は

「睡眠と休養を大事にしたい」

ということで加湿器、ベッドを掃除できる掃除機のヘッドをすでに購入済

12月の初めは母親の誕生日だったので

「母ちゃんに何かプレゼントします」

クリスマスイブは

「3年連続で大石と過ごします」

と報道陣を笑わせたが

「12月は温泉なども行ってゆっくり休んで、またトレーニングを再開します」


インタは炭谷

今季は141試合で43打点

春と秋2回にわたってサムライジャパンに選出

・3月のサムライジャパンから12月のサムライジャパンまで非常に長い1年でしたが

「ええ~、まぁ…悪い言い方ですけども、長かったっす

ただ、ただ長かっただけで、もちろん収穫というかプラスの部分は多いんですけど

WBCでも世界一になれず、シーズン中も優勝できず、

最後のジャパンではメインで出ることができず、ちょっと悲しい感じですね」


・考えることや課題が見えた1年でしたか?

「もちろん、はい」

・レギュラーシーズン、出だしが好調の中、『このままでは行かないはず』と言ってましたが激動の1年でした

「そうですねぇ 浮き沈み激しかったですね

ただ、怪我人が多い中でも結果的にシーズン2位ってことはみんなで力を合わせて戦えたような気がしますし

来年は開幕から全員で万全の状態で行ければなぁとは思います」


・秋には8連勝もありました あの終盤の強さはやっていていかがでしたか?

「いやほんとね、もう心の持ちようってなんなんですかね?

夏場はどうしてもマイナス、マイナスの方に行ってしまいますけど

あの時は負ける気がしなかったですからね

そのぐらいみんなノッてましたし、点数とられても逆転できるっていうみんな自信ありましたからね」


・もう少しあの戦いを長く続けたかったという思いの方が強いですか?

「もちろんね、その結果優勝できると思うんでね、はい」

・打点は40以上ですし、個人としては手応えもあったのでは?

「何と言っても、毎年ですけど打率が低いんで 全然納得はいってないんで、

ただ、打点が多かったっていうことは前のバッターがチャンス作ってくれて

悪いなりにも打率は得点圏打率の方が上回れたんで、

打点の数字も去年よりはだいぶん多いんで自分的には納得はいってないですけど

まぁちょっと貢献できたかなと思ってます」


・渡辺監督の下、レギュラーキャッチャーとしてやっていましたが、今思うことは?

「渡辺監督になって1年目で、その時は試合に出てなかったですけど日本一経験させてもらって

細川さんが出て行ってから、ずっと悪い時も使ってもらったんで

感謝の気持ちでいっぱいですしそれを今後の野球人生で僕が引退するまでは絶対無駄にしないようにしたいなと思っています」


・サムライジャパンでも春には阿部選手、秋には嶋選手と間近で見ての収穫は?

「それぞれ違った色がありますから何と言っても

でもこの前のWBCでせっかく経験させてもらったんですから

4年後は自分がメインでという気持ちは強いですけどね」


・来年はチームの先頭に立って引っ張る気持ちも?

「毎年そうですけど、年々チームの年齢が若くなってきてるんで、

僕が年上の方になってきてるんで、もっともっと引っ張っていかないといけないなと思います」


・来年はこういった姿を見せたいというのを聞かせてください

「何と言っても防御率を、まぁ悪くはないんですけど、HR数は1位なんで

そこはお互いの作業にはなりますけども、長打っていうのは気を付けていきたいなと思います」


・バッティングの方では

「う~ん…森君来るんでね、打たないと、はい」


来週は栗山中村の同級生対談を月~金の5日に渡って放送予定です

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。