スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『ステーキハウスにて』 ~平尾ツアーズ3週目その2

2014/ 01/ 02
                 
1312232 (1)
(最後にやってきたのは那須和牛が楽しめるステーキハウス寿楽です)
         1312232 (2)
平尾「まずは草野会長にお話をうかがいます」

会長「よろしくお願いします!」

平尾「この店の売りと言いますか、会長がお勧めするお話を聞かせてほしいのですが」

1312232 (3)
会長「和牛専門にステーキ販売しています
美味しいお肉がありますからぜひ召し上がっていただきたいと思います」

1312232 (4)
平尾「こちらの3人の選手が寿楽さんのプレゼンをしますので、会長が上手いと思った順に順位を付けていただいて
それによって食べられるお肉の量を決めるというシステムにしましたので
会長には審査員を」

1312232 (5)
会長「わかりました」

平尾「順番はどうしますか?年功序列で行きますか」

上本「いいですよ なんでも」

平尾「じゃあ上本さんから行きますか」

上本「いつですか?」

平尾「今です!」

上本「今??」

平尾「いつやるの?」

1312232 (6)
上本「何も知らないですよ、だって」

平尾「情報はないですよ みなさんないです だから自分の勘でお願いします」

1312232 (7)
上本「え~、こちらの寿楽さん、創業もこの辺では一番古くて、ご近所さんから、遠方からいらした観光の方も
あしげよく通うお店になっております 肉汁止まりません 以上です」

1312232 (8)
中崎「え~、この大自然で育った栃木牛、僕はその肉にかぶりつきます!
その美味しさを存分に伝えたいんで、ぜひお願いします!」

1312232 (9)
高橋「この寿楽さん、店がレストランのような雰囲気で、ソースにもこだわりを持っていそうなので
その辺美味しいと期待を込めていきます お願いします!」

1312232 (10)
(会長の心を掴んだのは?)

1312232 (11)
会長「みなさん、同じです!素晴らしいプレゼンでしたので、じゃんけんで一つ」

1312232 (12)
(ウケる3人)

平尾「じゃあ今までのプレゼンは全くなしという!じゃんけんで決めるという!
じゃあここはガチで行きますから」

1312232 (13)
「最初はグー、じゃんけんぽい!」

1312232 (14)
(上本の負け 勝った2人は大喜び)

平尾「一人負けww 上本選手、一切れ決定」

1312232 (15)
上本「わ~…ヤバいなぁ」

中崎「すみません、先輩」

1312232 (16)
「じゃんけんポン!」

(高橋対中崎は高橋の勝ち)

高橋「よ~っしゃぁ!!」

1312232 (17)
中崎「うわ~!」


1312232 (18)
平尾「じゃあ、お肉が来る前に、ここでやっとライオンズチャンネルで真面目な話というね
最後の大一番に来ましたけれども、今年を振り返って一人一人どんなシーズンだったかというのをまず一人ずつお話してください
まず高橋から」

1312232 (19)
高橋「自分は、最初怪我で入って来て、後半やっと投げられるようになったんですけど、
この1年で怪我と、投げるっていう両方を経験できたので来年1年に向けて、今年はまだまだだなっていうことを痛感したんで、
1312232 (20) 1312232 (22) 1312232 (23) 1312232 (24) 1312232 (25)
もっと身体を鍛えて、もっとやるべきことをしっかりやっていきたいなっていうのは思いました」

1312232 (26)
中崎「今年初めて1軍上がって、登板できて、自分の足りない所、すごく痛感したんで、
1軍で投げれたことによって自分のやるべきことが明確にわかったかなという年で
すごく自分の中で充実してました」

1312232 (27)
上本「特にないんですけど、あの~若手ばりに、1軍と2軍を往復したんで、そういう意味では忙しかったっすね」

1312232 (28)
平尾「真面目な話だけど別に暗くならなくていいんだから
みなさん、なんかテンションすげ~下がっちゃって
それは楽しくしゃべってください
せっかくお肉も来るんで
1年やってみて、いろいろあったじゃん、いいこともあったし、悪いことも
さらに自分で感じたことありますか?」

1312232 (29)
高橋「ただがむしゃらに野球やるだけじゃダメだなということを感じましたね
この身体はこう動いて…とかそういう理論的にどう動かして行ったらいいかとか
自分でちゃんとその身体を理解して野球に取り組んでいかないと身体も壊しますし
その日の調子もその身体一つ一つで変わるんで
そういうことは勉強したいなっていうのは感じました」

1312232 (30)
中崎「自分は投手の生命線は制球力というのをすごく痛感したんで
そこを自分の中で強く感じました」

1312232 (31)
上本「この中の3人で一番長くやってるんで、いいとこ悪いとこもいろいろなんかちょっと見えてくる所があるじゃないですか、結構やってたら
そういうのをシンプルに考えていけたらいいかなとは」

1312232 (32)
平尾「そうね~わかる!俺もね、年取って来て、まだ二人は若いからアレだけど
自分の頭と技術が伴わなくなってきて結果が出なくなるといろいろね、思う所とか考えることがあって
そうするとまた上手く行く時もあるだろうし、さらにダメになっちゃう時とかもいっぱいあるから
まぁ、踏ん張りどころだよね、来年はね」

上本「そうですね」

1312232 (34)
平尾「そういうことでこのジュージューといい音でまずこれは?」

スタッフ「300です」

平尾「300誰ですか?」

1312232 (35)
高橋「自分です」

1312232 (36)
平尾「でけ~」

1312232 (37)
(運ばれてくるステーキ…上本のお肉の大きさは?)

平尾「ああ~…」

1312232 (38)
上本「いやいや、でも結構あるんじゃないですか?これ」

平尾「結構優しめのね」

上本「優しめですね、これ」

平尾「店長の優しめが出ましたね」

上本「ありがとうございます」

平尾「大き目に一切れ」

1312232 (39)
上本「ちょっと、ライス、ライス…」(上本のライスの皿にはご飯がなし)

1312232 (40)
高橋「いただきます!」

平尾「カメラがあるからね プライベートで食べに来てるんじゃないからね」

1312232 (41)
高橋「あ!脂がすごいっす 噛んだ瞬間一口一口で中の肉汁っていうんですか
1312232 (42)
口のぶわ~広がって、この肉の香りがすっごい美味しいです」

平尾「ほんと?ww」

高橋「はい」

平尾「定番のコメントww」

1312232 (43)
中崎「行きます…柔らかいですねぇすごく
肉そのままの味です、これ」

1312232 (44)
中崎「…」(コメントは以上)

平尾「大丈夫??ww これ一番少ない上本が一番上手いレポートするんじゃないの?」

1312232 (45)
上本「入り方がいいっすね」

平尾「そうね、そういうの欲しいよね、やっぱり切る所から」

1312232 (46)
上本「変えてください、これ、量…平尾さん」

平尾「ダメでしょ、ね、ゲームだもんね やっぱ違う?」

上本「美味しいです」

平尾「普段食べてるのとは?」

1312232 (47)
上本「そうですね 違いますね」

平尾「どう?いい?300食べさせていい?二人とも」

上本「こうして、肉いっぱい食べてなんかさっきのプレゼンっすか?
みんな散々な出来で」

平尾「お肉屋さんなのにタレのアピールしましたからね」

上本「彦摩呂やったら怒りますよ」

平尾「ほんとだよね お肉のレポート全くしなかったから、プレゼン
じゃ、もう食べながらでいいんでね、今日一日朝6時15分集合の所、若干2名遅れ、
6時半出発の一日でしたけども、バスからフリートーク、ゲーム、サービスエリア、牧場、トリックアート、サファリパーク、
そして食事と来ましたけども、どうでしたか?今日 こういう企画は」

1312232 (48)
高橋「楽しかったですよ…って自分が言うのもアレなんですけど、寝坊した自分が言うのもアレなんですけど、
満喫できたかなと思ってます」

平尾「どの辺が一番よかった?」

高橋「サファリパーク」

平尾「が一番?」

1312232 (49)
高橋「はい 動物自体が好きなんで 餌やりとか貴重な体験させてもらったのがすごい楽しかったです」

平尾「中ちゃんは?」

1312232 (50)
中崎「自分は乗馬ですね、牧場での」

平尾「乗ったからね」

中崎「馬好きなので」

平尾「馬好きなの?キリンが好きって言ってたじゃん」

中崎「キリンも好きなんですけど、馬も好きなんですよね
で、乗れて、すごい、いい体験しました」

平尾「楽しかった?」

中崎「遠足みたいで楽しかったです」

平尾「上ポンは?」

1312232 (51)
上本「食べ終わりました」

平尾「しょうがないよね」

上本「しょうがないっすかね」

平尾「今日の感想は?」

上本「やっぱり平尾さんと一日過ごせたことがなによりよかったです」

平尾「まぁなぁ…総評は?キャプテン、何点ですか?」

上本「100点満点中、内容は100点ですね」

平尾「あ、そう?後輩も活躍してたの入れてだよ?」

1312232 (52)
上本「入れると、朝の時点でマイナスで始まってるので、35点ぐらいかな」

平尾「画には入ってなかったけど、あの遅刻によって、まず渋滞というね、食らってね」
それなのに300食べたっていうね…(高橋に)『上本さん食べますか?』って」

1312232 (53)
高橋「…上本さん食べますか?」

上本「いや、いいよいいよ」

高橋「いいっすか」(あっさり)

1312232 (54)
上本「そこでもうちょっと来いよ!お前www」

中崎「軽いなぁww」

平尾「もう一回聞いて」

高橋「上本さん、食べますか?」

上本「いいの?」

1312232 (55)
高橋「はい」(ライスだけを差し出す)

上本「ああ、ありがとう おい?」

1312232 (56)
平尾「最後、これをご覧になってる皆様、そしてライオンズファンのみなさんへ一人ずつ、熱い意気込みを、
来年の目標を語ってください」

1312232 (57)
高橋「来年は、開幕1軍スタートして、1年通して、全力で投げられるように、目標としては50試合以上投げられるように
中継ぎとして頑張っていきたいと思うので応援よろしくお願いします」

1312232 (58)
中崎「今年はファン感で盛り上げたんですが、来年は野球で盛り上げられるように頑張ります
ご声援よろしくお願いします」

1312232 (59)
上本「来年はまた平尾さんと一緒に那須に連れてきていただけるように結果を残したいなと思います
そしてじゃんけん勝ちます
来年もよろしくお願いします」

1312232 (61)
これで平尾ツアーズはおわりです

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。