スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『SPO-NOW南郷スペシャル2014 その5 岸孝之』

2014/ 02/ 08
                 
(選手は18時から食事があり、その後)

平尾「じゃあ、埼玉西武ライオンズ、岸くんです」

岸「お願いしま~す」

平尾「大丈夫?食べた?」

岸「食べた」
        
平尾「イヤホンして」

岸「お腹いっぱいです」

平尾「早くない?ww 20分ぐらいでしょ?」

岸「いや…30分ぐらい食ってましたよ」

平尾「怖いなw もう開幕投手だから 去年に引き続きさ」

岸「はぁ…」

平尾「それは言われたでしょ?直接」

岸「プレッシャーですよね」

平尾「結構ね、緊張するタイプなんですよ
毎試合登板の時は投げる前、裏で嗚咽をすると
ほんとにそのぐらい緊張するのいつも、ね?」

岸「はい」

工藤「シーズン何試合投げててもそれでも?」

平尾「そう」

聖「そしてマウンドに上がるとあの快投が」

平尾「痩せてるでしょ?実際見たら 工藤より痩せてるよ?」

工藤「いやちょっとww まぁ、でもそうです ほんとにそうですよ」

平尾「で、あんな速い球とカーブとね、チェンジアップと
で、イケメン、足速くて どうすんだ?これ、おい」

聖「今日の走り込みも軽快でしたもんね」

工藤「走り方もかっこいいんですよ」

岸「見てたんですか?」

平尾「見てたよ!わざとさ、ゆっくり走っといて、ラスト一周でピーッて鳴ったらどわ~って」

岸「違う違う、あれ全部…」

平尾「知ってる 休みなしでね、インターバルでね すごいよ」

岸「珍しかった 珍しく頑張りました」

工藤「珍しかったって自分でww」

平尾「なんでもできちゃうタイプだからいつも
野手、守っても上手いし、打つのも打つし」

工藤「練習の時にやってますよね、ちょっと野手に入ったりもしてますけども」

岸「はい」

聖「昨シーズンは日曜日の登板が多くて、サンデーライオンズの時に岸投手の勝利を伝えることが多かったですよね」

工藤「取材に行ってたんですけど…」

岸「いやぁ来ないでって言ってたんです」

聖「わははははwww」

工藤「ほんとに言われたんですよ」

岸「前日に」

平尾「言っていいよ、ほんとに」

岸「いやぁほんとに ゲン担ぎで、逆に来ないでって言ってたんです」

平尾「あ、来ると負けちゃったの?最初」

岸「いや…」

工藤「最初は勝ったけど、1回だけ多分」

岸「そういう流れになったんです、途中から」

工藤「もう来ないで欲しい理由づけですね、多分」

平尾「そうだよ?」

工藤「行かなくなったらそこから勝ちだして
一回お休みした時期ありましたもんね、去年ちょっと
その時と噛み合ったんですよ、私が来ないでと言われた時期が」

平尾「それは噛み合ってないよね、もうね」

工藤「でも今年もよろしくお願いします」

岸「はい」

平尾「キャンプでやろうとしていることとかあります?課題として」

岸「う~~ん…いやぁこれは引き続き自主トレから変わらず、体幹とか
バランスを中心にやりたいなと思っています」


平尾「1ヶ月かけて」

岸「ずっと」

平尾「で、オープン戦で何試合投げるかわかんないけど、逆算して調整して行くという形で」

岸「はい 逆にこういう形初めてだからどうしたらいいかわかんないっすよ」

平尾「これだけ早く言われちゃうのが」

岸「それもだし、こういう試合が少ないというか」

工藤「紅白戦とかが全然」

平尾「そういうのはどうなの?バッピとか自分から投げさせてくださいとか」

岸「言えば多分、大丈夫ですけど」

平尾「予定は?」

岸「ないです だから西口さんに聞くしかないですよね」

平尾「開幕の心得をね」

岸「昔の調整」

平尾「工藤が取材しててさ、ブルペンで見てて気づいたことがあるんでしょ?」

工藤「え?」

平尾「西口さんが岸にアドバイスして…え?じゃないんだよ!お前」

工藤「あはははは(汗) 
西口投手が見てて、具体的には教えてはくれなかったんですけど
ちょっと話されたりしてましたよね?ブルペンで
どんなことを西口投手からは?」

岸「はい…いいバランスで投げてんじゃね~かって
初日にしたら全然、はい いいんじゃない?って言う話です」


工藤「この調子で行けよっていう感じで?」

岸「はい」

聖「今日は後藤オーナーが訪れまして」

平尾「聞かれたでしょ?記者に」

岸「何が?」

平尾「いろいろ聞かれなかった?」

岸「うん…聞かれた」

聖「投打のポイントを聞かれた後藤オーナーがピッチャーでは岸投手、
その中で勝ち星という話になった時に10勝台の後半と」

平尾「名指しだったんだよね、後藤オーナーが
20勝って言ったんだって」

岸「あぁ、そうですか」

平尾「岸には20勝してもらわないと困るって」

岸「あはは…」

平尾「後藤オーナーがだよ?」

聖「期待の程がありましたね」

平尾「どうですか?」

岸「頑張りますよ 頑張りますけどww」

聖「あんまりプレッシャーかけすぎてもというのもありますね」

岸「頑張り…ますよ」

平尾「去年は?何勝何敗?」

岸「11、11」

平尾「11勝…?」

岸「5敗」

平尾「5敗しかしてないから」

聖「しかも開幕からの連敗の後って考えたらすごいですよね」

平尾「貯金6ね 貯金いっぱいあるよ」

工藤「そっち?ww また来ましたね 大好きですねその話」

平尾「大好きだよ」

岸「誰の時に言ったんですか?それ?」

平尾「牧田w ノーコメントだった牧田w」

聖「去年はミニキャンプの後に一気に勝ち星を重ねたということもありましたけど
短い間で修正できたのはすごいなぁと思ってたんですけど」

岸「いやぁ…なんとなくその修正しないといけない所はわかってたんで、
ファームのトレーニングコーチと一緒にずっとつきっきりでやってもらって、
それよりも下に落としてくれたっていうのにすごく感謝してます」


平尾「上で無理にいろんなことを背負って投げるよりも、自分でできるから落としてもらってよかったと」

岸「はい」

聖「気持ちの面も含めていいタイミングになったと」

岸「そうですね」

平尾「まだ我々のね、3人が、いろいろ言うことじゃないからもうこのクラスになると
自分でもわかってるし自分の考えもあるから
だから言うの止めよう?」

岸「じゃあ来ないでください今年も」

工藤「ちょっとww」

聖「今、しっかり工藤さんの眼を見て」

平尾「それはちゃんと言っとかないと だって開幕投手言われてて」

岸「流れ、流れです、流れ」

平尾「だから今年も取材は工藤はできないと」

工藤「今年はその流れ変えませんか?」

岸「いやいや…負けてないじゃないですか」

平尾「じゃあもう行かない 行くな、行くなw」

工藤「開幕投手に取材できないの大変ですよ、あたし」

平尾「全部行くな」

工藤「大変 何も話せない」

平尾「だってSPO-NOWにも出てもらえなくなっちゃうかもしれないじゃん
OK出るまで行くな それは約束させるから
その代わり、私が聞くから」

工藤「岸投手、去年は平尾さんの缶バッジをずっとリュックに付けて」

岸「そうそうそう、もっとくださいよ」

平尾「マジ?あげるよこれ、帰り 余ってるんだよ、いっぱい余ってるんだよ」

岸「リュックないっすよ、え?余ってるの?ww」

平尾「10個ぐらいあげる!ww
いいね、いいね 予想外の反応来たね いらね~よって言われるかと思った」

岸「あはは」

聖「ほんとね、早くにしかもバッグの見える所に付けて、球場入りしてくれて」

平尾「優しいんですよ、ほんとは
じゃあ今年の、早々にさ、開幕投手って言われちゃってるけど、抱負をさ、一発さ」

岸「そうっすよねぇ」

平尾「バシッと」

岸「バシッと」

平尾「あはは らしいなぁ」

聖「今、あごの辺りに手を添えて考えてます」

岸「いやいや、ほんとに…数字…うん
ほんとにエースって呼ばれるにふさわしい数字は残したいなと思います」


平尾「20勝」

岸「20?」

平尾「去年も言ったじゃん 岸20勝ね~とか」

岸「牧田25連勝って言ったからこないだ
いやまぁ…そんぐらい」


平尾「OK、そんぐらい!
じゃあ頑張って 期待していますんで」

岸「はい ありがとうございます」

聖「岸孝之投手でした ありがとうございました」

岸「ありがとうございました~」

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。