スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『変わりゆく男たち』 ~2014年南郷キャンプ第2クールレポ

2014/ 02/ 09
                 
(NACKの南郷スペシャルの起こしの途中ですが、先に今日2014.02.09放送のWEEKLY LIONSより
工藤むつみさんのレポをまとめます)

先週の南郷スペシャルを終えて

岸がむつみさんに

「俺あんなに工藤さんに来るっなて言って大丈夫でした?」とちょっと心配
        
平尾さんが番組オリジナル缶バッジを「今回のギャラだ」と出演した選手に配るようむつみさんに渡して

むつみさんが早速配ると、炭谷、野上、脇谷、直人がその場でカバンの目立つ所に着けていた

坂田は「工藤さんの質問には答えなくていいよ」などと冗談を飛ばす場面も


第2クールもランニングの量は多目

昨日から雨も上がり、屋外でのフリー打撃を開始

前日1本柵越えの中村が今日は3本柵越え

第1クールはフリー打撃はなかったがティーとロングティーはやっていたし

個人では残ってマシン相手の打撃練習をしている選手もいたのでスイング数は例年より多いのかもしれない

「去年より手の皮が早く剥けた」と言う選手も

栗山は「とにかく丁寧に調整しています

開幕に間に合わせてくれればいいと監督が言ってくれたおかげで

ハイペースになりがちなキャンプが今年は基礎をしっかり作れている

全体練習が少ない分、個別練習をそれぞれが考えながらやっている

自覚と目標がないやつは自然淘汰ですわ!

自分の立ち位置、成績、今の課題を考えないとこの競争には残れませんね」

若い投手陣も自分の課題を見つけ、

「この練習が足りない」とか「こういった所を今注意してやっています」

と即答できる選手も増えて来た


岸は去年よりもマイペース調整

今年は初日から連続ブルペン入りが話題だったが

今年はブルペンに入らない日を作ったり

足の張りを感じて早めに練習を切り上げたりしている

今日はキャッチャーを立たせて102球、座らせて19球

岸「ここまでバランスを重視でブルペンに入っている

開幕投手は意識しなくはないけどマイペースでやっていきたい

開幕の独特な雰囲気の中で勝てたら気持ちいいと思う

特別な意識で臨んでいきたいです」


木村、斉藤、熊代の3人の2番ライト枠の争い

田辺コーチは「まだ混とんとしている」

斉藤は宮地コーチと打撃改造

「全球種全コース対応型フォームです

内角もしっかり打てるように改造中です」

木村は

「自分は他の2人とはタイプが違う

自分のアピールポイントは長打」

昨日も一番最後まで打撃練習

「打撃でいかにアピール出来るかが大事です」

熊代については田辺コーチが

「2番打者として一番走攻守は揃ってトータルとしては近い存在

打撃投手やマシン相手には綺麗で柔らかいフォームだが

熊代は試合になると固くなって大振り、三振が多くなる

それをいかに意識してなくせるかで熊代は変わる」

この3人は開幕の前にOP戦でいかにアピールできるか

斉藤も「OP戦に向けて」と口にしていた

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。