スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『16の着心地』 ~菊池雄星インタビュー

2014/ 02/ 11
                 
(2014.2.10 ・は鈴木アナ)

・ 身体デカくなりましたね

「そうですか?大きくしてきました」

・後ろから見ても前から見ても肩幅も全部デカくなった感じがします

「毎年少しずつ大きくしています」
         ・今は?

「95kgぐらいです」

・入団当時は70打台ぐらいでしたよね

「75ぐらいだったので20kgも増えちゃいましたw」

・4年間で20kg 去年オフはアメリカに行っていろんな経験をしてきましたね

「身体の検査をしたり、いろんなスポーツを見たり スタジアムを見に行って刺激的でしたね」

・1人ですよね

「1人旅です」

・その後のハワイでの自主トレがありました 石井一久さんが抜けても雰囲気は一緒ですか?

「いえ、変わりますけど、またいい意味で変わった雰囲気の中でやらせてもらって

岸さんを中心に楽しくできました」


・今年のテーマは

「やっぱり、ストレートを、ずっとテーマですけど、ストレートをもっともっと磨くのがテーマですね」

・ブルペン数多く入ってますけど、1球1球確かめながら投げてますね

「ブランクというか、怪我してから長いので、無駄な1球にしないように

球数はそんな多く投げてないけど、気持ち込めて確認しながら投げています」


・昨年の反省点を踏まえて?

「反省ばかりですね 自分勝手と言うか、痛いのを隠して、数試合投げて、試合も負けて、

その後も投げられなかったので 迷惑をかけたんで去年は悔しさばかりですね」


・今年のキャンプのテーマは?

「キャンプでは実戦感覚が遠ざかってるので、ブルペンでは調子よく投げられているんですけど

あとはバッターが立ってからどうなるか

投手の思ういい球と打者の思ういい球は違うので そこら辺を打者に聞きながらやっていきたいです」


・同じフォームで真っ直ぐも変化球もという所も?

「去年は多少違ってた部分もあって、ストレートがちょっと低かったので、

今年は真っ直ぐを上にするというか、軌道修正をして行きたいなと思います」


・その辺がわずかにフォームを変えたところ?

「あんまり変えたという意識はないんですけど、一番気持ちよく腕が振れる所を探したら、今の位置になって、

今はカーブもチェンジアップも真っ直ぐも近い所で投げられていると思います」


・石井一久さんとの出会いがすごく大きいのでは?

「カズさんに何を教わったかと言われると、正直、教えてもらったという感覚はなくて

ただ、ずっと常に一緒にいさせてもらって何気ない一言や考え方がある意味染みついているっていうか

そういう部分はあるかもしれないです」


・背番号16の着心地はどうですか?

「背番号で野球をするわけではないと思ってるので、そうは言っても、歴代のエースと言われるの方々が付けてきた番号なので

その伝統を汚すことなく引き継いでいきたいなという思いがあります」


・石井一久さんにキャンプでは『似合わねぇなぁ』とか言ってましたけどw

「『全然似合ってない』と話をされましたけどw

『雄星の番号にしていきなさい』とも言ってもらいましたので、しっかり活躍して、

菊池雄星と言えば16番と言ってもらえるように頑張りたいですね」


・背番号は顔と一緒ですもんね

「左投手でカズさんの次に僕が付けさせたもらってるので、左投手と言えばと言われるぐらいの番号にしたいです」

・色紙に書いた今年の目標は『優勝』と

「楽天さんの優勝を見て、本当に楽しそうで羨ましくて

東北出身でもあるので、優勝するってあれだけいろんな人が喜んで盛り上がってくれるんだなと感じました

今年はライオンズがそういう立場になりたいです」


・最低2桁勝たないと優勝ってのはないと思います

「ははっw どうですかねw 皆で力を合わせてやるしかないのですが、

優勝にしても、自分が貢献したと思えないと優勝しても面白くない部分があると思うので

2桁勝って、心の底から喜びたいです」


・最後にファンへ力強いお言葉をお願いします

「今年は怪我しません! 1年間ローテーションを守ります」

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。