スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『河田の迷い、河田の期待』 ~平尾博嗣のReach your dreams

2014/ 02/ 18
                 
(2014.02.09放送 平尾さんと河田コーチの対談です)

・今週のゲストは噂のアノ人が

「噂にはなってないだろ」

・僕の兄貴というか、フレンズが出ますので、興味がある方はこのまま聴いてください
今回しょうがなくcatch upしたのは、埼玉西武ライオンズの、河田の雄ちゃんです!
よろしくお願いします

「あはは よろしくお願いします」
        
・一応、肩書は1軍守備走塁コーチとなってますけど、それは今年も継続で?

「あ、継続で それぐらいわかってるだろって 見てないの?」

・見てないです

「あのね、こうやってインタビュー来てくれるんだから、名簿ぐらいちゃんと見てくれよ」

・すみません、なんせお久しぶりなんで

「あ~久しぶり」

・1月は第2球場では会えず

「会ったじゃない?」

・会ってないです

「よく来てるらしいじゃない」

・僕はアカデミーの業務で来てますけどその時間に兄貴はいないと

「あ~いなかったね」

・兄貴兄貴と呼んでますけど、ほんとに兄貴かどうかと

「ああ、うん」

・去年のゲストの時に聴いてくれた方はわかると思いますけど、ほとんどダチだと

「うはははww」

・それは現役の時と変わらず

「そうね」

・僕はそのぐらいの気持ちで接しさせていただいてると

「いいんじゃない?」

・去年より輪をかけて返しがてきと~になってますけど

「あはは いやぁ懐かしいね、阪神から来た時がね」

・僕がタイガースから来た時に第2球場でキャッチボールに誘っていただいたのが河田さんだと

「そうだよね」

・それは僕はいまだに忘れません
まずは真面目な質問、伊原監督になって、コーチの立場として変わったことはありますか?

「渡辺監督よりも、規律に対しては厳しい方なんで、ユニフォームの件が一番ファンの方々、よくわかっていただけると思いますけど

野手はほぼ全員が膝の下までユニフォーム上げて

いいよね、たまにやると コーチ陣もほぼ」


・ちなみに兄貴は?

「兄貴は上げちゃいますよ

今の時代ね、足首の方に向けて、ふくらはぎ辺りからぴた~っとしてるの、パッチみたいでしょ

あれするんだったらもう上げちゃえと

上げたらね、履きやすいというか、すっきりしていいんじゃない?

博嗣もしたことあるでしょ?」


・僕は入団1年目はしました 2年目からはパッチで

「縦縞の?」

・はい 縦縞の時に

「弱かった時ね」

・はい…

「ああ、そうか」

・伊原さんは3塁コーチはそのまま雄祐に任せると言ってますけどその辺のお話はされたんですか?

「秋季練習の時に、まだ監督がジャージで出てきている時に、俺と奈良原が呼ばれて

雄祐で行くからという話はされたのね

まぁいろいろ話になって、コーチャーのことで伊原イズムとかね、伊原さんはミスターサードコーチャーみたいな人なんで

伊原さんの上を行くにはどうしたらいいのかとか聞かれるのよ

難しいだろ?どうやってせえって話なんだけど

でも、俺は俺のやれる範囲しかできないし、去年よりも、まぁピリピリしてなかったわけじゃないだけど

また自分なりに集中力を増してやるしかないかなというふうには思ってるけどね

なんとかシーズン怒られることはあるだろうけど、まぁ頑張るよ」


・頑張ってよ

「あはは ダチかって」

・ダチだっつってんのw 伊原さんに言われた一言が非常に重いと

「重いねぇ」

・そこは後輩の奈良原さんにお前代われとは言えないと

「あはは それは言えないよ 曲がりなりにも去年までで4年やらせてもらったから

4年やるとね、もし代えられたら降格みたいになる

自分でもそういうのはあんまり…イヤだね」


・悔しいし、3年やって来たプライドもあるし

「だから4年だって お前聞いてんのかよ?」

・変わってね~なぁww

「選手終わって10何年経つけど、そういうのはやっぱまだ持ってるんだよな、プライドなのかなぁ

あ、でもね、迷っちゃう時がある」


・あ、まだありますか?

「あるある どうしようかなと踏ん切りがつかない時があるの

例えばセカンドランナーが博嗣だったとする、特別俊足じゃないじゃない?」


・おせ~だろ、センスはあるけど

「センスはあるんだけどねw で、外野手が定位置守ってるとするでしょ?

でも肩が強い 回せるタイミングには来るんだけど、サードベース蹴ってからの伸びとかそういうの考えると

これ今から踏ん切り付けられないなと」


・それはピッチャーが投げる前の段階で?

「そういうこと」

・ピッチャーがセットに入ってる時から河田さんはそう言うことを考えている

「まずそこを考えていて、結局はセカンドランナーがサードベースを踏んだタイミングと外野手が捕るタイミングがあるんだけど

どうしてもねぇ、難しい時があるね

うちで言うと金子やら秋山やらあの辺ぐらい足が速いと何の迷いもなく回せるんだけど

そこよりちょっと落ちるとね これは難しくなってくるんだよね」


・で、行かせて、アウトになった場合は『こら~っ!』とサードコーチャーがやられるわけですね

「そうね まぁアウトになったら俺の責任だっていうそれも自分の踏ん切り

選手のせいとかっていうのはあんまりしたら選手とコーチの人間関係、信頼関係もなくなってくるからそれは全然言わないんだけど

まぁでも迷うね 年間どうだろうな 3連戦すれば必ず1回はある」


・僕もNACKで解説する時はそこに注目しようと思います おどおどした表情を探せるように

「あはは おどおどしてるぜ、結構

逆向いてるからね、ランナーセカンドにいる時は

博嗣はさぁ、サードの上から見てたろ?ランナーセカンドの時、おれは全く逆向いてるじゃない

お前がいたら絶対しないよ 意地でもしないよ」


・僕がランナーだったら絶対止めるじゃないですか

「あはは お前が止めろって言うんじゃね~か」

・それは毎年の流れじゃないですかw それでこの南郷キャンプでポジション問わず注目挙げるとしたら?一人で

「一人?」

・稀哲ですか?

「稀哲はね、高校の後輩だからね 特別な意味もあるし」

・帝京魂、3人いますからね 4人います 三村さんもいます

「それ中の人だからね リスナーの人全く知らないでしょw

俺が注目してるのは、木村がね、野手になってまだ1年半ぐらいしか経ってないのかな

年数で言えば2年目だけど、去年の秋もバッティングでボールに対応できそうな雰囲気が出て来たんで

守れるようにして、走塁も無難にできるように

あいつにまだめちゃくちゃ好走塁を求めてるわけじゃなくて、ほんとに基本な所、ランナーセカンドでピッチャーゴロ飛び出さないとか

どこの塁にいてもライナーは飛び出さないとか

そういうことが1年間できるように派手なスティールとか守備とかそういうのはまだそんなには求めないんだけど

あのバッティングはちょっと戦力になるんじゃないかなというのは」


・力強いですか

「うん、うん なのでヤツがもしファームに落ちるとすれば守備と走塁だと思うんだよね

博嗣が試合中打席に立った木村を見たら、そこそこ対応できるんじゃないかなと思うと思うよ

バットのヘッドが遅れて来るから」


・もし開幕の時に木村の名前がない場合は兄貴のせいだと

「あはは そういうことだよ」

・うまく鍛えられなかった兄貴のせいだと

「ほんとにそういうことなの」

・ファンはそこに注目で、木村ファンは河田さんに怒ってくださいと

「そうそう 埼玉栄だからね、出身が

地元の選手がね、あと斉藤なんかもいるし春日部共栄のさいとぅー」


・平野もいますから浦和実業

「平野…忘れてたわ、平野」

・僕も忘れてました

「埼玉ね」

・余談なんですけど、河田さんはまた今年も部屋で酒呑んでるのかと 夜は

「あはは そうだよ部屋で酒呑んでるんだよ」

・今年の相棒は誰にしてるんですか?僕がいた時は僕が選手ですけど河田さんの部屋に電話してちょっと来てくれと

「そうなのよ 信じられない 

視聴者の皆様…」


・リスナーです それ去年もやりましたから

「あ、すみません リスナー様、この平尾博嗣はね、部屋に呼ぶんですよ、こいつは

お前が来るんだろ!普通」


・酒と氷を持ってトレーナー室に集合してくださいと

「ほんとにそう」

・河田さん友達いないから僕が呼んで、一緒に呑んだ

「楽しかったよ 確かに楽しかった」

・最後にファンの方に向けて一言メッセージを

「わかりました Reach…?」

・your dreams いい加減覚えてください

「あ、すみません 1月に僕が自主トレの期間、選手を見に行ったり、帰ったりとかする時に

僕はNACK5をよく聴くんですけど、平尾博嗣の声が今年の1月も聞こえまして

まだやってんのか?と」


・そりゃお仕事ですから ドキドキしたでしょ?聞こえて

「するかい! 続いてるってことでしょ

リスナーの方々が聴いていただいて、いろいろなんていうの?」


・メールをいただいて

「そういうことだよ そういうのがあるから続けられるわけでしょ

このど素人がなんとかそういうのを続けられるのが非常に素晴らしいなと

これからもReach your dreams よろしくお願いします」


・兄貴以外の時は真面目にしゃべってますから

「あはは」

(曲がかかる)

お送りした曲は河田コーチからのリクエストでご自身もカラオケで歌ってるというサザンオールスターズの『ピースとハイライト』でした

1年ぶりの河田さんとの2ショットの会話でしたけどまぁ楽しい まぁなめなめ、この私

それほど気を許していますけど、信頼関係もあるからこういうお話が二人でできるということなので

リスナーの皆さん誤解しないように

平尾このやろ~目上のコーチにとか思わないように

河田さんも楽しんでますからあの方も

このぐらい明るい方なんで球場に行った時もどんどん選手だけじゃなく、コーチにも話していただけると

必ず返してくれますから

河田~ Reach your dreams聴いたぞ~と言えば反応してもらえると思うんで

どんどん球場で河田コーチを応援してあげてください



(ここからは2月16日放送のWEEKILY LIONSより工藤むつみさんのレポをまとめました)

雨の多い南郷キャンプだがコーチからは

「全く問題なし この練習ができないからペナント影響するということはない」との声

伊原監督が「土台作り」を掲げただけにノックも「左右に振らずに正面に打て」という注文が監督からコーチへ出ることも

また練習内容に驚いていたのが清川コーチ

「こんなにベースランニングを細かく指導する球団は初めて」

と河田コーチの指導の様子を見ての感想

投手陣も土台作り

伊原監督からは「アピール禁止」のマイペース調整指示が出る中

十亀について監督は「あいつは飛ばし過ぎ」

ブルペン視察でも何も言わない監督に

「ほんとにありがたい」の声

投手陣のキーマンを聞かれた清川コーチは即答

「岡本篤志 

先発陣は枚数揃っていて全然心配ない

今までのライオンズからして勝ちを消す中継ぎ以降がキーマン」

今季の中継ぎ以降は篤志の他には十亀、ボウデン、高橋、ウィリアムスが予想されるが

「この中継ぎのまとめ役を岡本篤志にやってもらいたい

ブルペンキャプテンをやってもらうかは未定だが

投手陣をいかにまとめるか期待したい」

野手については金子がスイングが鋭くなっている

田辺コーチ

「自主トレの成果が出てる 去年は高めのボールに手を出しての三振が多かったが

今年はバットの出し方が上手くなって綺麗に返せている」

宮地コーチもキャンプ前に一番しっかり自主トレをやって来た選手に金子の名前を挙げた

「金子はちゃらちゃらしているように見えてやることはしっかりやっている」

金子本人は「体重も74kgまで増えて、ベスト体重の75に近づいています

毎日女子か!ってぐらい体重計に乗っています」

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

金子ゆうじくんは、イケメンだしw
京都出身なので、応援しています。
なので、調子が良さそうで嬉しいです。
二遊間同級生コンビが機能するといいですね。

コーチの本音とか、平尾さんしか聞けないですよね。
さすがです。
『tamboのブログ』管理人 tamboさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

金子選手、昨年より胸板が厚くなった感じですね。
昨年の経験を踏まえて、今年どこまで行けるか、こちらも楽しみな存在です。

活躍すれば一気にファンも増えそうなルックスですしねw

それから遅くなりましたが、お悔やみのお言葉ありがとうございました。

「お父ちゃん」のお話、とても胸に染み入りました。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。