スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『南郷スペシャルを終えて』

2014/ 02/ 20
                 
(2014.02.16放送 平尾博嗣のReach your dreamsより)

南郷キャンプスペシャルの帰りにですね、実はジャイアンツのキャンプを帰る午前中に覗いてきたんですけど

それはね、僕のすばらピーポーな後輩がジャイアンツに移籍したんで

そいつに前日メールして、『明日行くから』と
        
ベンチに行こうと思ったんですけど、そうするとパス出してもらったり、いろんな方に挨拶とかでちょっとフレンドリーにできないので

スタンドに行きまして

11時過ぎぐらいに着いたら、全員でノックをやってまして、目立ちますね、ジャイアンツのユニフォームと8番は

すぐ見つけて、ず~っと見てたんですけど

ノックが終わった後に、すごい人数だったんですよ、月曜だったけどお客さんが

だからライトのポールの方に移動して、フェンス越しにファンみたいに「ヤス!ヤス!」って呼んだら

すぐ気づいてね、ヤツが

「兄貴~!」とグラウンドから

「俺寂しいよ~!」って言ってました、グラウンドから

寂しいんなら移籍すんなっつぅの

でもね、元気そうだったんでね、グラウンドではそのぐらいしか声かけられなかったんですけど

その後、メール来たり、電話で話したんで、元気そうだったんでなんとか頑張って、応援したいと思います

頑張ってください、ヤス

今日のSPO-NOWのアンケートのテーマが自転車ということなんですけど

僕も結構一時期さいたま新都心に住んでまして、その頃はこのNACK5に来る時は毎回自転車と

近かったんで、自転車で裏道すいすい来て、活用してまして

あとはね、自宅から大宮の日焼けサロンに行く時も自転車を利用してまして

結構ね、僕個人的に自転車を使っていたんですけどね

さすがに球場に行くのには遠いので、その辺は行かなかったんですけどね

自転車は引退して今はちょっと乗ってないですけど、年とって乗るようになりました

若い頃は車、車で移動してたんで

いろんな自転車があるし、乗ると新しい景色とか違った発見があるんでね

楽しいと思うんでみなさん、自転車に乗ってみてください

くれぐれもマナーを守って乗ってください

平尾博嗣からのお願いです


ここからは『平尾's catch up!』

今回catch upしたのは南郷キャンプです

南郷キャンプスペシャル生放送、大成功!…かな

僕が引退してNACK5さんのお仕事で行くのは2年目でしたけど、まぁ遠い、何年経ってもw

周りが大自然というか、何もない ホテルの裏はすぐビーチと

だからということじゃないかもしれないけど、食事はお肉からお魚、なんでも美味しいですね

そして星が埼玉と比べると全く大きさが違う

輝き方も違う

その辺はビックリしますね

見ててうわ~っと思う所がありますね

それでホテルの大浴場が海に向かって露天風呂なんですけど

もちろん夜だから真っ暗でなんにも見えないんですけど、天気のいい日は星がすごく綺麗なんで

ロマンチストに入れると

キャンプの雰囲気はピリピリ感がすごく出てましたし

まして今年は伊原新監督ということで、なにもかもリフレッシュしてスタートするということでしたが

練習のメニューとか時間とか、そういうのが大幅に変わったと一番は

その辺は伊原監督の意向とか考えがあってのことで

選手に聞いてもランニング中心のメニューから入って、基本の動き、基本の練習が休憩なしで4時間ぐらいかな、第1クールは

ぶっとおしでやったんで、やっぱりきつかったと

内容自体はそんなにきついことはやってないんですけど、身体的に第1クール4日間しんどかったという声が多かったですね

あとは僕が見てた感じでは新しい選手が何人か来たりしてやってましたけど

その人たちもみんな元気でしたし、もう解け込んでましたねチームに

一番は、森本のひっちょりーなが入ったことで、河田の兄貴と、奈良原さんの帝京トリオで盛り上げてましたけど

稀哲だけじゃなく、中郷とか脇谷とか、新人の選手とかね、いろいろ頑張って欲しいからね

僕はみんな応援してますけど、あえて僕が一人引っ張って行ってほしいなと思うのは大崎

結構ね明るくやってたんですよ 空回りするタイプなんですけど

率先してランニングも先頭走ったりね

インタビューした時も明るく受け答えしてたんで

今年はもうそろそろやってもらわないという感じで期待しています

あとはね、河田の兄貴が先週の放送もやりましたけど、出たがる

「お前が誘うんだろ~」とか言うけど、実際は自分で「あの~枠があったら呼んで」とか僕に言ってますからね、あの兄貴は 

いい加減にしろよ、兄貴っていうね

まぁなめなめ度が出てますけどね これからもそれは持続して拍車をかけて河田の兄貴には接していきたいです

番組終わった後に技術のスタッフさんとか、小笠原さんとかみんなで機材を運んだり、片づけたり、準備もそうですし

そういうのも僕も手伝ってやったんでね

そういうのはいい感じでしたね

みんなで一体感があるというかね

それ終わって21時半、22時ぐらいに打ち上げしようと

でもね、開いてるお店がない 大体21時には閉まる、どこのお店も

哀しいことに生放送の打ち上げは、ホテルから20分ぐらい離れたファミレスで行いましたスタッフ一同

夜遅いために、あんまりがっつり食べられず、サラダを軽く食べて、デザートを食べ、ホテルに戻りました

でもやってて楽しいですね

来年もこういうお仕事やらせていただけるなら、今年よりも楽しく頑張ってやりたいと思うので

みなさん期待してください

そしてライオンズの南郷キャンプにも足を運んで応援してほしいと思います

遠いけどね


(質問コーナー)

『プロ野球を引退した選手の方はその後どのような道を進んでいるのですか?
球団に残るには何か基準がありますか?』(春はまだかな?さん)

基本的に、球団に残してくださいと言う選手はほとんどいないと思います 自分からオファーを出す人は

何と言うか、球団から自由契約とかのお話の後に、次はチームのために貢献してくれたからこういう球団の仕事をしてくれとか、

僕の場合はそういうお話をいただきました

そういうのも人間なんで自分から「辞めるんでコーチやらせてください」とか言うと、

印象も良くないと思うし、その後も良くないと思うんですね

球団に残ったり、球団のお仕事をされる方は球団からオファーをいただいて

それを「よろしくお願いします」と受ける形が多いと思うんですね

基準とか、選手側からの発信はないと思います

ただ、球団も人選として、問題児の選手とか、へへへ、いろいろある選手にはなかなかオファーはしないと

僕はいろいろ問題児だったと思うんですけど、こういうオファーをいただいたということは何かしら球団から評価していただいて

お前、アカデミーをやってくれと言ってくれたと思って僕は今頑張ってますけど

大きくまとめると平尾博嗣はすばらピーポーな人間だったということでオファーをいただいたと僕は理解をして頑張るしかないですね

あとは皆さんが感じるのは飲食業や接客業に行ったり、自営業とか、いろいろあると思いますけど

自分で新しく何かをやるというのはすごく大変だと思います

やっぱ、選手が一番です

毎日野球やって大変でしょとかみなさん言うけど、

こんなラクな仕事はないです

好きな野球をやって高いお金をもらって、一年間過ごせるわけですから

一番は野球選手として1年でも長くプレーすること

そしてその頑張りを考慮されて球団に残していただく、もしくは新たな道を進んでいろんな方面で頑張る人

どれをとっても難しいですけど、僕は新しく仕事をする方が一番大変だと思うので

引き続きファンの方はそういうお仕事をされてる元選手の方を応援していただいて

そういうお店があるのはわかった場合は食べに行ったりして、声かけたり

必ずね、話してくれますし、もしかしたらサービスしてくれるかもしれないですね

藤田太陽も飲食の方をちょっと手伝ったり、新たな仕事をしているとのことなので

みなさんお店を検索して、食べに行って、オマケしてもらってください


今週はいかがでしたか?

冒頭に言った片岡のヤスユキですけど外から見るとちょっと違うスター選手になっちゃった感じがしましたね

実際は全然変わってなくていいヤツなんでね、チームは変わりましたけど応援してあげてください

久々に一人でしゃべるとしんどいですね

小笠原さんの巧みな上手さをしみじみ感じた今週でした

来週は満を持してあの、あの、ひげ男爵が登場します

どんな話になるのかお楽しみにしててください

小笠原さん、南郷の帰り、宮崎空港で技術のみんなと話したアノ話、どうなりました?

アノ話、聞かせてね、また

それではまた来週

おわり

小笠原さん「あの話?…なんだろう?」

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。