スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『怪我、スライディングキャッチ、イヤイヤ期』 ~平尾博嗣のReach your dreams

2014/ 05/ 11
                 
(2014.05.10放送)

GWが終わりましたね

みなさんいかがでしたか?

長期のお休みを取れた方は旅行など行ったんでしょうか?

海外行ったんでしょうか?

いいですね~ 今度行く時は私も誘ってください

私はアカデミーをはじめ、野球教室、いろいろ働きまして

休みはちょっとあったんですけど、長期の休みが取れないので

その辺はしょうがないかなとこういうお仕事をしている限りは

みなさんがお休みの時は野球関係の仕事の方は必ず仕事と 選手を含めね

そこはしょうがない ファンみなさんあっての商売なので頑張りたいと思います

そして今日の放送でこのReach your dreamsなんと……66回目!

100回と思った方多かったと思いますけど実は66回目

このゾロ目の記念すべき66回目ですけど

埼玉西武ライオンズで66といえばピッチャー田中

今度は100回、1000回、10000回、行かね~かなw

目指して頑張って行きたいと思います

そのためにはリスナーの皆さんがしっかり聴いていただいて

『平尾博嗣のReach your dreams』いいよ~ってNACK5にどんどんメール送ってくれればね、

僕もお仕事が終わることがないんで助かりますのでよろしくお願いします
         ここからは『平尾'S catch up!』

今回catch upするのはプロ野球選手の怪我ということですけども

みなさん待ちに待ったおかわり、おにぎり中村がね、4月の末にやっと1軍復帰しましたけども

復帰したけど彼もまだ万全じゃないんですよ

ただ、チームの主力ということで半分無理をして、復帰してるんですけど

まだまだ怪我で2軍にいる選手がいっぱいいまして、

手術した坂田とか、ピッチャーでもね、去年のドラフト1位の増田とか、大石とか

たくさんいるんですけど

まず、プロ野球選手に怪我は付き物だと

そこは万全な状態で1年間プレーする選手はたまにはいるけどもほとんどいないと

ただ、そこはみんなプロ野球選手なんで、やらないといけないという使命感と

高いお給料をもらって働いてるのでファンの人のために頑張るという気持ちもあると思います

ただ、ここで一個言いたいんですけどできる怪我と、できない怪我っていうのをしっかり自分で把握しないといけないわけなんですよ

僕も現役の時にすごい怪我をして、いっぱい休んだんですけど

僕の場合は、できない怪我が多かったと

やっぱりね、できる怪我で休むプロ野球選手はいません へへへ

僕とかそう思われがちだけど あいつまた休んでるよ、怪我だよみたいな感じだけどw

プロだからそこは、プロ野球選手になりたくてなったわけだからそこはみんな出ます

ただ、全力でできなくても出れるのか、

プレーができないぐらいの痛さなのか

できるけどスタメンでは出られないのかとかいろんな細かい怪我具合をトレーナーとまず相談して

それから担当コーチや監督に報告しに行くと

それで最終判断は監督とトレーナーが決めて、決断するんですけど

その中でも登録抹消しなくて2~3日様子を見て治るのか

それとも時間がかかるから登録抹消しようと

ほんとにいろんなことがあって、大きい小さいを問わなければほとんどの選手が怪我をしてるわけなんですけど

そんな時に選手としての気持ちのモチベーションとしては僕は結構大きな怪我をしてしまった時に、

あ、またやってしまったと それを第一に思いましたね

僕は自分でもうある程度できなくなってきたら、わかる怪我が多かったので

そういう感じになったんですけど

あとは気力ですね

気力が持つ限りは多少の怪我はカバーできると、その辺は

そこはやはりもちろん痛み止めを射ったり、薬を飲んだりしてやっている選手もいますけど

あとは先ほども言ったように使命感ですね

プロ野球選手としてグラウンドに立つという強い気持ちがある選手は大体試合中は痛くないんですよ

気持ちが入ってるんで

ただ、試合が終わったり、ボロ負け、ボロ勝ちした時は試合途中でも痛くなります

これ不思議なもんで、あとはね、西武ドームは長い階段あるんですけど

西武ドームの長い階段を昇る前から痛くなります

これがね、あの階段がね、またちょっとこういうこと言うと球団の方に怒られますけど

選手の身体を酷使してると、あそこが

こう言っても過言ではないというね

勝ったらビクトリーロードって言ってね、表を昇って行くんで、

あそこも過言ではないとw

ビクトリーなんだけど過言ではないというね、このきつい階段がありまして

まぁそれは冗談ですけどw

もちろん怪我したら選手はみんなイライラします

その中でメンタルトレーナーと契約して、自分でリラックスする方法を

または怪我した時にしかできない練習方法やリラックス方法をみんなそれぞれ把握してできるので

その辺はやっぱりプロですね

回復も早いですし、トレーナーに治療してもらったり、自分の治療院に行ったり

いろんな手を使って治して、一日も早くみなさんの前でプレーできるように頑張るしかないと

そしてファンのみなさんは怪我したら残念だと思うんですよ、自分のご贔屓の選手がね

ただ、そこでまた2軍のグラウンドに行ってその選手のリハビリ状況を見て応援してもらうと

そういう楽しみ方もあるんで、その辺はなんとかね、ファンの方も気長に待っていただきたいと思います

以上、catch upのコーナーでした



(質問コーナー)

『スライディングキャッチは危険だという話をよく聞きます
見てるとかっこいいですけど、そんなに危険ですか?
無理しない方がいいんでしょうか?』
 (ぴょこりんさん)

結論から言いますと、そんなに危険ではないです プロ野球選手に至っては

少年野球とか、まだ身体ができていない子がスライディングキャッチをしてしまうと怪我が多いと

関節も緩いし、身体もできてないんでというところですけど

プロ野球選手はスライディングキャッチする感覚がわかっているので

逆にスライディングキャッチをした方が安全に捕れるというライナーであったり、高さであったりというのがあるんで

そこはプロだからその辺は使い分けています

ダイビングキャッチもそうですし、スライディングキャッチもそうですし

あとは、スライディングキャッチした方がエラーする確率が少ないという打球もあるんですよ

ただ単にかっこよく見せるとか、ファインプレーに見せるためにするんではなく、

プロだからいかに確実にアウトをとれるかという選択肢の中でスライディングキャッチというのが一つあります

外野手が多いと思うんですけど、内野手でも三遊間の打球とかではスライディングキャッチをしてそのままの勢いで立ち上がって投げたりするプレーもありますし

今は人工芝が多いんで、土のグラウンドよりも滑るので、スライディングキャッチの方がボールに追いつく場面も多いですし

僕はスライディングキャッチは危険というより、やって全然問題ないと思います

ぴょこりんさんはもし自分がやるなら怪我しない風にまずやってみる

でも一つ言えるのは一生懸命試合をしていて打球が飛んできたら体が反応してしまうと

それが…男です!

『自分には3歳になる息子がいるのですが、イヤイヤ期がすごい
聞いてはいましたが、なかなか手ごわいです
平尾さんは娘さんとうまくやっていますか?』
(ざっきーさん)

僕も2歳半の娘がいるんですけど、イヤイヤ期がもちろんありました

『パパ嫌』期がね、2歳前ぐらいにありまして

それは僕がなかなか夜も仕事でいないし、接する機会が少なかったと

最近はすごいね、パパっ子になってくれて、僕は嬉しい限りなんですけど

僕がとった方法は、仕事がない時と、家にいる時、みんなで出かける時は

娘をよいしょしまくる、褒めまくる

外出する時はなるべく抱っこしてあげる

家ではお風呂も一緒に入って、寝るのも一緒

常に一緒に行動する

もちろん最初は「パパいや!パパいや!」と言われて、ママしかダメだったんですけど

そのうち、寝る時でも寝かすんじゃなくて、まず布団で遊ぶ

そうするとパパは遊んでくれるという認識がまず子どもにできて、仲良くなっていく

で、うちの嫁さんが怒った後に必ず僕がお菓子などをあげて、褒めるw

そうすると怒られた時は、すぐ僕の所に来る

今は娘が幼稚園の前のプレスクールに通ってるんですけど、それを毎日僕が朝送る

迎えは仕事があるんでちょっと行けないんで、朝は必ず僕が娘を送ったり、ご飯を食べてる横に座ったり

とりあえず、接する

お風呂もとりあえず遊ぶ

子どものつまらない遊びにも必死に応える

これを頑張ってやった結果、今では二人で遊びにも行けますし

ちょっとぶら~っと二人でお昼ご飯を食べたり何時間もいけますし

大変かもしれないですけど、そこは我慢強く、なんとか頑張ってやってほしいです

子どもは甘い汁に弱いですw



最近、メール読みとかスタジオでの話が多くなってきてるんで

聴いてる人は「平尾、しゃべりすぎだよ、他の人ゲストに呼べよ」

と思ってる人も多いと思うんで、ちょっと活動を外に、いろんなアスリート、著名人、フレンズにインタビューして

番組の中で紹介していきたいともいますので楽しみにしててください

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ピラニーニャさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

平尾さんの努力が実ってよかったと思いますw
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。