スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『同級生コンビの背中』 ~2014.06.09 対東京ヤクルト4回戦

2014/ 06/ 12
                 
(神宮 埼玉西武5-2東京ヤクルト)


FM NACK5 LIONS REPORTより 工藤むつみさんのレポ

ライオンズ、先週は監督交代という大きな動きがありました
        
新たに指揮を執っている田辺監督代行

「選手は若い 若さを前面に出して勢いよくプレーしよう」

と話していました

その田辺監督代行4試合目となる試合、今日は神宮球場でヤクルトとの1戦です

先発、ライオンズが十亀投手です

チーム打率12球団一のヤクルトを相手に十亀投手

「長打の多いチームだから勝負所を間違えないようにしたい」

と話していました

一方の打線、昨日もヒット15本打ちながらも5得点に終わり、9-5で敗れてしまったのですが

4番の中村選手、チャンスでヒットが出ずに5打席目に2ランHRを打ってベンチに帰って来ると

コーチに「すみません」と言っていたそうです

打つべき時に打てなかった悔しさからHR後の「すみません」という言葉

4番らしい責任感ある言葉だと思います

今日こそ、その悔しさを晴らしてほしい所です



文化放送ライオンズナイター
実況:松島茂アナ
解説:山崎裕之さん
レポーター:槇嶋範彦アナ

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は6月9日、神宮球場、ヤクルトとの4回戦です

背番号5番、山崎さんのプレッシャーが半端じゃないですけど

昨日も『頼むぞ!』というね、山崎さんが多分言ったんじゃないかと思うんですけどね

そういうヒットもありましたんで

今日はなんとか勝ちたいと思います

勝ちましょう、さぁ行こう!」



ライオンズは岸を抹消、中郷を登録


試合前の田辺代行のインタより

「ここまでの3試合、ベンチの中の選手たちがよく声が出てるなと感じますね

試合前は全体的な選手の動きを、ピッチャーならピッチャー、野手なら野手を見渡して

一人一人選手を見ています

ピッチャーを見るということが全くなかったもんで、『あ~こういうことしてんだ』みたいなね

ほんと斬新でしたね

ピッチャーでは表情を見ています

表情が落ち込んでるとかそういうのはよくないんで、笑顔とかを

ちょっと沈んでいるようならこっちから声掛けしたりしています

試合では選手がのびのび、はつらつとプレーすることを出してくれればそれでいいと思います」



7日の巨人戦で右肩違和感を訴えた岸孝之、今日登録を抹消
岸本人は「次の登板を飛ばさなくても行ける」
と言っていたが、以前にも痛めたことのある個所ということで大事をとっての抹消
清川コーチは「今の所は1回ローテを飛ばすという方向でやろうと岸とは話をしている
代わりはファームから上げるのではなく、武隈と藤原といった、今いるメンバーで考えています」

宮地コーチがメヒアについて
「相手も研究してくる中でメヒアもちょっと考えすぎているところがあるんじゃないか
来日当初はベース板の上で相手も勝負していた
だから積極的に行くメヒアはそれを打つことができた
ただ、メヒアはアウトローは見極めることができる選手」
宮地コーチは昨日ベンチでメヒアに
「ヒットじゃなくてもいい
フォアボールで塁に出るのもいいんだ」という話をした

木村
「ここの所、しっかりとまた振りに行けている
開幕時からとにかくどんどん振って、その中で粘っていきたいと思ったけど
開幕してから状態が悪くなった
いい時のビデオなどを見て悪い状態が長く続かないようにということだけは工夫しています」

炭谷
前日2安打
その一つがファースト強襲ライト前ヒット
中村に
「あれエラーでしょ?あれエラーでしょ?」
と野次られていた

炭谷
「バッティングがとにかく振り込んで振り込んで、
打席に立つ時はあまり難しいことは考えずにシンプルに立ちます
右方向に打ててるのはピッチャー返しが少し右に行ってるだけです」

直人
昨日1試合5安打
「初めてですね
2番として役割が明確なので、場面場面で違うけど2番の働きをしっかりすればいいんだとどっしりと腰を落ち着けてプレーできています
昨日は打つだけという場面も多かったですしね
2番が性に合ってるかもですね
2番は楽しいです」


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

今日は月曜日ですが、試合があります

ナイターから翌日デーゲームは普通にありますが

デーゲームからナイターはあんまりないですよねぇ

寝すぎちゃうんですよねw やっぱりデーゲームの後のナイター

なんで今日は気を付けて10時半にはちゃんと起きたんですけど

なんかちょっと変な感じですね

おとといの巨人戦で今シーズン1号HR

まぁやっとかっていう感じですけど

やっぱりクリーンアップ打ってる以上は多少長いのも打てないとという気持ちもあるんでよかったです

初HRが田辺監督代行の初白星に繋がってほんとよかったです

おかわりも打ってくれましたしね あの試合はほんとに素晴らしいゲームになったと思います

昨日の試合では渡辺直人さんが自身初の5安打 ほんとすごかったですね

やたら僕の前にランナーいるなと思ってたんですよ

で、最後打った時には5安打 すごいなぁ

僕は1試合5安打ないですよ

やってみたいですけどね 5の5とか

僕、夢があるんですよ

10打数10安打、これやってみたいなぁと思うんですけど 5の5を2日間連続

ちょっと無理かな

今日の相手はナーブソン

ものすごい出所が見にくいんですよ

なので、甘目を振りに行けるかどうか

そこが攻略のポイントやと思います

頑張ります!」



中村剛也ホームラン日記第9号

「6月7日土曜日 東京ドーム 巨人との4回戦

杉内投手から打った今シーズンの第9号ソロHR

コースはやや内寄り

高さはやや低め

球種はストレートをレフトスタンドに運びました

1点差に迫られた直後のHRでしたねぇ、はい いいとこで打てました

手応えはまぁしっかり芯付近で打てたんで、なんとか入るかなとは思いましたけど

まぁいい仕事ができました

珍しく栗山とアベックHR打てたんで、いい一日でした

田辺監督代行に初勝利をプレゼントできました

これからもどんどん勝って、まだ借金いっぱいあるんで一つずつ返していけたらなと思います

次は第10号をできるだけ早く打てるように頑張ります」



木村タイムリー
「チェンジアップ
なんとか繋ごうと思った」

栗山タイムリー
「チェンジアップ
1番2番で作ったチャンス
ベンチからまた頼むでと声が聞こえた
あそこで打たないと十亀に怒られますからw」

炭谷が十亀について
「この所ボールや状態も悪くない
去年の先発の時とあまり変わらない
先発だと3回4回に失点すること多いけど
もともと0にぴしゃりと抑えて勝つというタイプじゃないし
しっかりとゲームは作る投手
うーん、それほど注文つける所は見当たらないんですよね
でもコントロールのばらつきは去年よりちょっと悪いかな」

金子
「スイッチに戻してスムーズというか、いい感じで打ててます
今野球が楽しく感じます
左打席での左投手の外の球を打つのは本当に難しいんです」

秋山
「今はバットを高い所に構えて、そこから落とすことだけを考えている
この形にしてからヒットも出ているしボールをしっかりと前で捉えられるので継続したい」
一時期はバットをだらんと下して脱力系で構えたりと試行錯誤を続けてきた

十亀
「最近失点が多いんで、0に抑えることが大テーマ
その中で勝負所を見間違わないこと
そして周りを見ながら野球をしたい」


中村剛也HR日記

「6月8日神宮球場ヤクルトとの3回戦

石山投手から打った2試合連続、今シーズンの第10号2ランHR

コースはちょっと外ぐらい?

高さ真ん中

球種はストレートを左中間スタンドへ運びました

打った瞬間に打球を見ずにバットを見ていましたが?

え~なんか、バットが割れてないかなと思って、見ましたw

屋根のない球場でのHR打席に入る時に風は気にしますか?

え~、昨日は特に風ほとんどなかったんで、そんなに気にはしないですけど

強い時はやっぱり気にはします

風によって打球変わって来るのでそれに合った打球が打ちたいなぁと思いながら打席に立ってま~す

次は第11号を早く打てるように頑張ります!」


(このコーナーの後、3試合の連続11号2ランがレフトへ
交流戦通算58号
プロ通算249号)
そのHRについては
「打ててよかったです まっすぐです」
といつものように短かったが
ベンチに戻ってハイタッチの後、腰のわきで両手のこぶしを握り締めて
「よし!」と2回ポーズをとった


金子
4月の中旬、左打席で左投手が打てずに出番が減って来た時にコーチに相談
そして5月の秋田での移動練習でスイッチに戻す準備をして
広島で右打席が復活

栗山
前日まで11試合連続安打も7試合連続1安打
HRが1本出たのはすごく喜んでいた
この試合では5月29日以来の2安打で連続1安打も終わり
12試合連続安打継続中

木村
「積極的に振りに行って、その積極さが出る時は逆にしっかりボールを見ることができます」

宮地コーチ
「中村が昨日HRの後ベンチで謝ってきたように
栗山と中村の同級生はほんとにチームのことを考えている
この2人がチームを引っ張ってくれてる
それを秋山や浅村が次代のチームを引っ張るものとして
しっかり栗山や中村の姿を見て行ってほしい」

十亀
降板後
「6回の1失点は防げる点でした
ただ、粘り強く投げることができてよかったです」

増田
「肩痛から復帰した時は毎日投げた次の日は『どうだろう?』と気になってばかりいた」
ここまで4試合連続ホールド中
交流戦の巨人戦で3失点、阪神戦で1失点はあったが
ここ5試合は無失点
この4試合で三振が2、1、1、1
9回2/3で6奪三振
ここまで4失点で一時は9.00まで上がった防御率も今は3.72

高橋
「キャンプからストレートを速く見せるために、キレがあるように見せるように
他の変化球をよくしたりということに取り組んできたが
シーズン始まった当初はしっくりこなかった」

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

(管理人より)

2日続けて神宮に行って来ました。

普段行き慣れていない球場で平日のナイターのライオンズを見るのはまたいつも以上の高揚感があります。

外苑駅を降りて、球場に向かうまでのちょっとした出店なんかも気分を高めてくれます。

球場が近づくにつれてつい顔をも緩んでしまいます、いい歳したオッサンがw

140610 (2)
神宮は席が低めなせいか、グラウンドまでが近く、あと屋外球場ならではのスタンドの声が響くのが特徴だと思います。

140610 (3)
一つ一つの声援がダイレクトで拍手もヤジもよく聞こえてきます。

そこら辺、県営大宮なんかも近い雰囲気かもですけど、県営大宮はまたちょっと別の独特の雰囲気があります。

それがなにかはまた県営に行った時にでも…。

神宮はちょっと行けば渋谷という、野球にはあまり関係なさそうな街の近くにあるちょっと不思議な空間というイメージがあります。



球場に近づくにつれての高揚感、どこかで感じたことのある気持ちだなぁと思って考えていたら、ふと思い出しました。

ずっと昔、まだ小学生だった頃、学校が終わって、家にランドセルを置いて、友達と遊ぶために近所の公園に向かう時の高揚感に近いものがあるなぁと。

そういえば、外野スタンドの方を見ると高層マンションみたいな建物が見えて、なんだか都会の中にある「大人の公園」というイメージが私の中ではすごく強いです。

なるほど、球場のことを「ボールパーク」と言いますもんね。

厳密な違いはよくわからないけど「スタジアム」というより「ボールパーク」って感じがします。

140610 (1)
いや、やっぱり「野球場」ですねw

そこで繰り広げられるいつもの選手によるいつもとは違った試合展開。

球場自体は決して新しいとは言えないんですけど、数多くのプロ野球選手を輩出した東京6大学野球の歴史をずっと見て来たであろうこの球場ならではの

何とも言えない「風情」が感じられる球場です。


140610 (4)
神宮に来たら黒生ビール。

140610 (5)
この日は途中から雨が強くなり、中断もありましたがこれも野球かなと思って見ていました。

途中で打ち切りになるかと思えたけど無事最後まで行われ、ライオンズの勝利。

途中、守備に向かう金子と秋山がじゃれあいながらポジションに向かうという珍しい光景も見ました。

それと秋山のスーパーキャッチも久々に見ました。

打撃とともに守備でもいいリズムができて来てるのかなと。

秋山の好守はほんと現地で見たら嬉しくなるプレーの一つです。

大人の公園ならではの楽しさはあるけども、それ以前にやっぱり生で見るライオンズは楽しいなぁと改めて思いました。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。