スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『声も戦力』 ~2014.06.15 対阪神4回戦

2014/ 06/ 17
                 
西武ドーム 埼玉西武1-8阪神

FM NACK5 サンデーライオンズ

実況:小笠原聖アナ
解説:平尾博嗣さん
レポーター:工藤むつみさん
         父の日ということで選手は青いリストバンドを各々つけてプレー

試合前のベンチでは稀哲が指を2本立てて何かを叫んで笑いを集めていた

野上
バースデー登板は
「あまりいいイメージがありません
2012年のイースタン巨人戦で打たれまくりました
今日も誕生日だからと特別なことはしません
いつも通り頑張ります」

秋山
「バット位置上げることで背筋が伸びてボールがよく見えている
それと足が上がってタイミングが取りやすくなった」
平尾さん
「それを言えるようになったところも大きい
4月は自分でもどこが悪いかすらわかってなかったから」

直人
前日の8回守備の交代前の打席で詰まって右手が痺れて、ボールも握られなかったため永江と交代だった
今日は痺れはないものの、腰痛などもあり、スタメンはなし

栗山
今のチーム状態に手応え感じながらも
「まだまだこんな位置じゃダメです」

サッカー日本代表試合中は練習中の選手も気になっていて
本田選手の得点情報に中村や山崎がニッポンコール
あと、特にコーチ陣が気にしてた様子

野上
「最近初回に長打を浴びることが多い
低目を意識していく」

宮地コーチ
「メッセンジャーには三振覚悟
力のあるピッチャーでストライクは投げて来ると思う
追い込んでからのフォークという感じだと思うけど
どれだけコンパクトに振れるか」

清川コーチ
「星の起用は野上の違った面を引き出せるか、以前の良かった所を思い出させるか期待したい
それと野上は打たれるとテンポが悪くなるので
星にはいいリードでテンポの良さを引き出してほしい」
平尾さん
「炭谷が悪いとかじゃないんです
別の組み合わせでどうなるかいろいろ試すというね」


田辺代行
コーチ時代に早出で栗山の打撃投手を務めていたが、それは今も継続
投手陣との会話は「いいアップシューズ履いてるな」など他愛ない内容
「とにかく選手が暗い顔をしていないか、明るい表情で楽しんで野球をやっているかを見ています」
また代行の一番疲れるのは
「試合後に戦評いろいろ話をしないといけないこと」
平尾さん
「もともと口数の多い方じゃありませんからね」

石井コーチ
3回までの野上について
「ブルペンであった力みがマウンドではない
3回は残念だったがこの調子で」

炭谷
「野上は低目に投げていても2巡目以降に打たれて、しかも飛ぶことが多いので長打になる
配球を変えたりもしたが、そこに四球が絡むと失点になるので
踏ん張りを効かせることが大事」
平尾さん「銀仁朗と星は2人で話し合ってますし、そのことも銀仁朗は星に伝えてると思います」


この日ブルペンで84球
清川コーチの「そんなに投げるのか?」の問いには
「多く投げないと肩の調子の確認にならないですから」と最初は7~8割程度の力で投げていたのが
最後はMAXに近い投球
全球種を確認
岸本人が清川コーチに
「どう見えますか?」と聞いていた
清川コーチは「フォーム、タイミング、球筋いつもとそん色なかった」
岸は「これだけ投げて明日どのような状態になるかだけど、
その辺りの様子を見て、次回の登板を迎えたい」

平尾さんが岸と話したところ
「大丈夫です
一回ローテ飛ばしたけど次投げます」
と岸は言っていた

浅村は第2のグラウンドで練習再開している
田辺代行は
「交流戦明けから」
と話していた

平尾さんは
「鬼崎がいないのが痛い
調子が良かったし、内野どこでも守れる
そういう選手が一人欠けるだけでこんだけ内野が日替わりになる」

その鬼崎は
「痛みがとれるのが遅かった
今でも走ることができない
歩いてできるようなことやウエイト中心のメニューになっている
怪我した当初はこの6月にはある程度動けている、守備もできていると思ってたんですが…
しかたないです
頑張ります
膝に負担をかけないように水の中を歩いたりとか
そういうことを地道にやっていくしかないです」

豊田
前回のカープ戦エルドレッド相手に全球ストレートでセカンドゴロ
「岡田に強気で来るように言われました
結果抑えて自信が持てたし、強気で押すことも大事なんですね」

ファールボールをブルペン捕手吉見さんがキャッチ
平尾さん
「現役時代にはなかったナイスキャッチングですねぇ」

中郷
6月9日に登録されてから出番がなかったが
「ずっと緊張状態なんですよ
早く投げたいですね
ファームに行く直前はボールがすっぽ抜けたり逆球が多かった
2軍ではフォームのずれや感覚のずれを修正して
一番はその中でも身体の状態を整えることに集中してやってきました」

山川ファームの5月間MVPの挨拶を沖縄弁でやろうとするも周りの拍手に遮られるいじられ
高木コーチは
「山川はHRに目が行きがちだが、あいつの上手いのはバットコントロール
技術は何も教えてないのにここまで調子を落としてない これから調子を落とした時にどうなるか」

田辺代行は山川昇格については
「今は1軍の打撃好調だしなかなか機会がない
でもシーズン中いつかは上げたい」
平尾さんは
「早く1軍で壁に当たってほしい
そこからまた1軍で結果を出すためにやる練習が変わってくる
1回厳しさを経験するのが本人のためになる」

山川は試合中、ベンチでもサードでもすごく声を出す
「ぐったま!」(=グッドボール)など
この声出しもコーチに言われたことだが素直に実行するなど
いい面での素直さがある
これにつられて今まで声を出してなかった美沢や水口も声を出すようになってきた
今、1軍ベンチは盛り上げの稀哲や脇谷が代打の準備でベンチ裏にいるため声が出ていない

平尾さん「そこがダメ
負けてる時に声を出したらいけないなんてルールはない
若手なんかは声を何でもいいので出して存在をアピールしないと
そこで声を出せる出せないで違ってくる
若手はずっと声出しけ、休むなと僕らの頃は怒られてましたよ
野球用語でありますよ、声も戦力だと
今も永江と金子の二遊間が率先して盛り上げないと」

中郷
「まだ自分の居場所がないんです」
平尾さん
「それは自分で探して結果を残して自分で作る
競争ですからね
僕は人よりしゃべってベンチを獲得した」

大崎
平尾さんに代打について相談
平尾さんも親身に答えて2人でじっくり話し合った
平尾さん
「でも今の代打で結果を出してるのは大崎の努力」

平尾さん
「監督が代わったから勝ち出したとは全く思わない
やってるのは選手
感覚として監督が代わったことで思うことや感じることはあるだろうけど
それが原因で勝ってない
勝ちだしたのは打線が繋がり、守りのつまらないミスが減って、投手がゲームを作れてるから
バランスが取れて来たから
確かに選手はリフレッシュした部分もあるかもしれない
それが直接勝敗には関係ない
チームが勝てない責は監督にあるけど、監督にいろいろ言うファンの方々の気持ちはちょっと哀しい
それならもっと選手を鼓舞してほしい」

平尾さん
「野上は残念な結果が続く中で今日もダメだったけど
ここまでローテを勝ち取って来たのは野上がしっかり結果を出してきたから
ここはしっかり反省して、考え直して本人は頑張るしかない
ライオンズのローテの中で必要なピースなので立ち直ってもらうしかない」

試合後の田辺代行のコメント
「野上は試合前に一山どう越えるかを一番心配してたが

心配してた通り出てしまった

ホームランは失投だった

打線は3回、満塁で逆転してたら試合の流れは変わったかな

そこは残念だった

ホーム4連戦勝ち越しは御の字

次はビジター4連戦なのでDHが使えるので勝ち越せるようにしたい」

試合中に流れた田辺監督代行のインタです

・監督代行になられて1週間が過ぎましたが、ここまでの試合を振り返って

「はっきり言ってしんどいですよw

簡単には勝たせてもらえないし、試合内容はね、それなりにいいゲームをしてますけども

勝利となるとそう簡単にはいかないなということを実感しています」

・栗山選手をはじめとして、打撃陣は好調だと思いますが、一番の要因はどの辺りに感じてますか?

「あまり細かいことは言ってないし、そうサインも出してないので

初球から思いっきり行ってくれということで

木村に関しては遠慮せずに行けといつも言ってます」

・ピッチャー陣にも目を光らせないといけませんがその辺りは?

「ず~っとピッチャーのことは全くタッチしてないので、ここでいい勉強だなと思って

ちょっとピッチャーに接近してるんですけどw」

・試合中のベンチでは田辺さん自身が手を叩いて喜んでいるような姿も見られますけど、ベンチ全体の雰囲気も意識されてますか?

「とにかく明るくね、わいわいやってくれということは言ってあるので

それで自分がね、黙ってぶす~っとしていたらおかしいので

打ったり、ピッチャー抑えた時は素直に拍手してます」

・最後にリスナーのみなさんに今後の意気込みをお願いします

「今の所借金もありますんで、大きなことは言えませんけど、一つ一つ減らして

まずは5割を目指して頑張りますのでもう少しファンの皆様の力をお借りして

それをパワーに変えてね、戦っていきたいと思いますんでよろしくお願いします」


『ライオンズ 88分の1 俺とあいつのはじめて物語』 ~野上亮磨

「背番号20、野上亮磨です」

・6月15日がお誕生日ということでおめでとうございます

「ありがとうございます」

・ライオンズに入って初めてアドバイスをもらった選手はどなたでしょうか?

「渡辺監督です」

・ほんとですか?

「岸さんですw」

・岸投手にはどんなアドバイスをもらったんでしょうか

「『岸さん、カーブをどうやって投げてるんですか』って僕が聞きに行ったんですけど

投げてみたところ、できず、諦めました」

・岸投手のカーブは他のピッチャーと違う特徴というかあるんでしょうか?

「角度が違うんですよね それは岸さんの骨格だったり

そういったところが天性のものなんで投げられなかったですね」

・野上さん自身もいろんな変化球を投げるわけですけど、逆に後輩に聞かれたりってこともありますか?

「去年の10月ぐらいに高橋に、『野上さん、秋のキャンプでチェンジアップを教えてもらっていいですか』って言われて

キャンプに入って、日は流れキャンプ終了

あいつは何も聞きに来ず

も~うなめられてるんでしょうね」

・ピッチャー同士で、仲間でもあり、ライバルでもあるわけですよね、教え合ったりはよくあるんですか?

「僕はどっちかって言うと、見てやってみるというのはありますね」

・見て盗んで行く感じですか?

「そうですね 言葉で言われても難しいんで」

・今年からシュートを磨きをかけていると思いますが

「怖いっすよ、でも

曲がらなかったら打たれるし、デッドボールもありますし」

・でもそこは勇気を持って?

「そうですね」

・最後にファンのみなさんに一言メッセージをお願いします

「27歳になってここからまた新たなスタートと思って頑張りますので応援よろしくお願いします」


野上は「涌井さんや西口さんといったいろんな投手のいい所を自分のものにして投げている」とむつみさんの補足もありました


1406015 (2)
今日はヱビスビールデーでした

1406152 (1)
クリアファイルと

1406152 (2)
抽選券もらいました

去年はビール当たったけど今年はハズレ

試合も敗れ、サッカー日本代表も敗戦

1406015 (1)
でかいかき氷食べました

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。