スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『やはりキャプテン』 ~2014.07.05 対オリックス7回戦

2014/ 07/ 05
                 
ほっともっと神戸 埼玉西武6-1オリックス

FM NACK5 NOW LIONSより工藤むつみさんのレポをまとめました
        
最後は6-1という快勝でしたが、前半は見事な投手戦でした

2つの試合を観てるような違いが感じられましたね

先発はライオンズが牧田投手、オリックスが松葉投手でした

先制点を許したのは牧田投手でした

3回に連打を浴びて1アウト1、3塁の所で犠牲フライから1失点してしまいました

その後は5回まで両投手共に譲らず、0が並ぶといった感じだったんですが

ライオンズは5回までにヒット3本、オリックスは4本という内容だったんですね

動いたのが6回表でした

ライオンズ1点リードされていたんですが、先頭の渡辺直人選手、そして栗山選手の連続2塁打で同点に追いつきました

ここでオリックスは早くも先発の松葉投手をマウンドから降ろしました

ノーアウト2塁とチャンスが続いていたんですが、松葉投手から変わった比嘉投手、

4番の中村選手、5番のメヒア選手を連続三振にとって

さらにランサム選手はレフトフライという形で

ライオンズは同点に追いつくだけで逆転はできなかったんですね

さすがオリックスの中継ぎ陣という形で

試合前宮地コーチも

「中継ぎ、勝ちパターンのピッチャーが出て来る前に何とかしたい」

と言っていたんですが、なんかね、ちょっと嫌なムードが漂っていましたね

これを払いのけたのはライオンズ先発の牧田投手でした

6回裏も三者凡退でビシッと投げていたんですね

そしてリズムを作って7回、ライオンズ打線が爆発しました

この回からマウンドに上がったのがオリックスの馬原投手だったんですが

炭谷選手、金子選手、秋山選手と連続ヒットで満塁としました

ここで渡辺直人選手がセンター前のタイムリーで2-1とライオンズが1点勝ち越しました

そして続く3番のキャプテン栗山選手

レフトへの満塁HRでこの回一気に5得点

6-1と試合を決めました

牧田投手は8回まで投げて123球、見事に試合を締めまして

9回は増田が投手三者凡退という形で締めくくっています

試合の後田辺監督代行も話していましたが

「同点に追いついて小休止というのが今までのパターン

なかなかね、だらだらとしてしまうところだったんだけど

その直後の7回にビッグイニングを作ってうまく追い越すことができたのが大きかった

栗山は地元なんでね、やるんじゃないかと思って見ていたけど

今日はバッティングの感じよかったから本当によかった

ベンチでも声出しをしてチームを引っ張ってくれている

やっぱりキャプテンだな」

ということを話していましたね

オリックスのリリーフ陣は12球団一ではないかと思えるぐらい並んできますからね

そこを打ち崩せるのは大きかったと思います

先発の牧田投手自身は

「最初どうなるかと思ったぐらいバランスがよくなかった

球離れも早くて、思った通りに投げられなかった

試合中に右足に体重が乗れてなかったのでシャドウピッチングのようにして

この感覚という風にいろいろ確かめていた

そこで後半は自分らしいピッチングができた」

ということでしたね

これで牧田投手は5勝5敗と自分の借金をなくせることができたんですよね

「これから自分の貯金が増やせればチームの貯金が貯金が増えていくと思う

頑張りたい」

という話をしていましたね

また、栗山選手のコメントも紹介したいと思います

「地元神戸でHRを打ったのは実は初めて

HRで地元の子どもたちの前で打てたし

今日は両親も観に来ていたのでその前で打てたのは本当に嬉しかった」

ということですね

明日は京セラドームでの試合ですが

先発は十亀投手

オリックスはディクソン投手です

十亀投手は先週早い回でマウンド降りてしまいましたからね

この悔しさは明日にぶつけてほしいと思いますね

(明日はNACK5の中継あります 実況は小笠原聖さんで15時55分からです)


ヒーローインタビュー 栗山巧

「満塁HRは打った時は覚えたけどちょっと忘れました

その前に直人さんが打点を挙げていい流れで打席に立たせてもらってここはなんとかヒットをとそこまでは覚えています

同点タイムリーは無死2塁で何とか進塁打をと思ってましたけど

逆方向にマグレでフェアになってくれと思ってたらなんとかフェアになったのでよかったです

牧田の時に限って点が入らないのでなんとか援護したいなと思ってて

序盤からは援護できなかったけど牧田は頑張ってくれてたのでよかったです

ほっともっと、昔はGS神戸と言われていた時から思い入れがあって、

子どもの頃からGS神戸でHR打ちたいなと思っていたので

言葉にならない、夢のような気分です

オリックスは強いチームなので勝つことに意味があります

明日も勝ちたいと思います

頑張ります!」


おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。