スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『浅村、やぐらの上で』 ~2014.07.06 対オリックス8回戦

2014/ 07/ 06
                 
京セラドーム大阪 埼玉西武8-1オリックス

FM NACK5 サンデーライオンズ
実況:小笠原聖アナ
レポーター:工藤むつみさん
        
栗山
16時開始ということで
「時間感覚あわへんわぁ
土日はデーゲームが多いので、
ちょっと時間が違うだけでもだいぶん違う感覚がします」

栗山
昨日地元で活躍ということで今日も試合前に関係者に多数声をかけられ
笑顔で対応

栗山
今季対ディクソンは6の3

昨日の栗山の活躍に
田辺代行
「やはりジモティーは強いね」
栗山の実家からほっともっと神戸は歩いて10分の距離
昨日はむつみさんに「実家に忘れ物したからとって来て」と命令してきた栗山
何を忘れたのか、実家がどこなのかは言わなかったが
今日の試合前
「キャプテンだから実家に寄ったりしない
みんなでミーティングもあるし、別行動するわけないでしょ」

清川コーチ
「十亀は投げてみないとわからない
前回は初回にバント処理ミスもあって
緩い変化球の投げ損じを痛打された
本人にもそこは通知したが十亀はいつも以上に集中して投げると意気込んでいた」

十亀
「前回のSB戦はボールが集まってしまった
球自体は悪くなかった
今日は変に力まずメリハリ付けて大胆に行きたい」

十亀
「やはりオリックスは長打に注意
自分自身、長打を打たれることが多い
糸井さん、ペーニャ、T-岡田に気を付けたい」

ランサムについて宮地コーチ
「以前は指に怪我があって強いスイングできなかったが
それも治って今は強く振れてる
それと外国人選手はは技術より精神的な部分も大きい
一人で孤立せずにみんなの中に入って頑張ってほしい」
試合前はみんなの輪の中でアップ
時折周りと会話も

木村
斉藤のサヨナラ3ランを
「めちゃめちゃ嬉しかった!」とほんとに喜んでいたが
「でも自分にも意地があります
自分の打率が伸びない中
あれは刺激になりました」

小笠原アナから見て試合前練習で一番元気だったのが炭谷

宮地コーチ
ディクソンについて
「4月に対戦した時と今も投球スタイルは変わってない
安定している
その中でも四球はあるが
それでも積極的に打っていくことが大事」

直人
昨日のタイムリーよりもその前のバント失敗を責任に感じていて
「いや~ないでしょ、あれがあの後の金子にも伝染してしまった」
田辺代行も
「バントミスは伝染する
なのでその後はどんどん行けとしか言えない」

昨日4三振のメヒアだが
宮地コーチ
「でもうちで一番打ってるバッターだから
三振もあるけど、気にしないことが大事」

ディクソンに相性がいい木村だが
「そういうこと言わないでください
なるべく考えないようにしています
ディクソンはいい投手でフォームが見にくい
高低を上手く使うので低めにいかに手を出さないかを考えてやりたい」

浅村
最近の第2での練習内容はティー打撃、マシン打撃、
正面のゴロを捕る守備練習など
抹消前は「全身痛い所だらけ、ドームの階段を昇るのもきついんですよ
高校時代から怪我が少ないだけにちょっとよくわかんないですよね」と漏らしていた
ただ大分元気になって来て第2での試合では
センター後方のネット裏にやぐらが組まれていて、その上から試合を見ることができるが
浅村はそこに昇り、センターの熊代に向かって「し~し~」と音を出し、熊代が振り向くと隠れるといういたずらを何度も繰り返す

田辺代行は
「11日に1軍にあげる予定」
だがいきなりスタメンではない
代打やDHで始める模様
浅村は体重を88㎏に減らした
シーズン前は93kgまで増やして「打球を飛ばしたい」と言っていたが
セカンドの守備でキレがなくなったことや「重く感じる」ということで
膝の負担を考えて体重を絞りこんだ
そして浅村はオールスター出場も楽しみにしているという

秋山
先制2点タイムリー
「チャンスで回って来て先制点が欲しかったので
なんとか食らいつきました
1本出てよかったです」

炭谷
前々回、中日戦で完封した十亀について
「真っ直ぐも変化球もそんなによくなかったけど
緩いボールを上手く使えたのが大きかった」

清川コーチ
6回7回の鬼門について
「一番は先発が自分の仕事をして投げ切ることが大事
イニング間での交代は中継ぎにとっても負担が増える
岸や牧田は悪くても粘って粘って先発の仕事をする
だから勝ちも付いてくる」

直人も腰に痛みを抱える身
コーチ陣も気にしながらの起用
しかし練習では直人や脇谷と言った中堅が率先して声だし
若手の見本になっている

ボウデンについて
清川コーチ
「キャンプからコントロールが課題だった
いいボールと悪いボールがはっきりしていて波がある
力強いボールも増えてきたが球種が少ないのでコントロールを磨かないといけないんだが」

現役時代中継ぎだった清川コーチ
「中継ぎは短いイニングなんだからこそ腕をしっかり振ること
甘いボールもファールにするぐらい、気持ちをしっかり持って腕を振ることが大事」

中村14号2ラン
「真っ直ぐ系
打ててよかったです」
試合前練習はサードもやっていたが
その後の右ひじのアイシングは欠かさず
その右ひじを痛めた時、田辺代行は「抹消して10日間じっくり治すか?」と聞くも
中村は「2~3日で大丈夫です しっかりやりますから登録したままでいてください」と返答
栗山と同じくチームを引っ張っていく責任感か

田辺代行
ランサムについて
「今はとにかく結果
打撃も守備も特別扱いしない
とにかくランサムには結果を求めている」
ランサムはこれで3試合連続安打

宮地コーチ
「オリックスは中継ぎがしっかりしているので先手を握って逃げ切らないといけない
この2連戦は金子と西と当たらないので連勝するしかない
借金を返すには5連勝以上の大型連勝をしたい」

清川コーチ
「8回9回は増田高橋で安定しているが
代行が言うように6回7回が鬼門
対策としては増田を7回から2イニング跨がせることも考えている」

フレッシュオールスター選出の森と山川は2人とも
「MVPを獲りたい」
森は「楽天の松井投手とバッテリー組めればJAPANでも一度組んでたしプロで組めるのは嬉しいですね」
山川は
「打席に立てれば思いっきり振ってHR打ってMVP獲りたいです」

鬼崎
ティー打撃室内でのノック練習の日々
ノックは正面の球ながらも
大きな声で100球を自分で数えながら受けている
今はふくらはぎなどボールが当たった部分と違う所も痛み出している
「正直今もあちこち痛い所がある
なめくじみたいにゆっくりゆっくりよくなっていきます
復帰のめど?自分が聞きたいぐらいです」

豊田
1軍で27試合投げていたがファームへ
横田コーチ「相当疲れていた肩や肘の痛みはメディカルチェックでは見つからなかったが強い張りがあり
身体のバランスかなり崩れている
あれじゃ思った所に思うようにボールは投げられなかったはず
ブルペン疲れに近いかな
ゆっくりと疲れをとって体幹トレーニングを調整しながら一軍復帰を目指して行きたい」

十亀降板後
「リズムが出て来た中でこういうピッチングをして申し訳なく思います」

袴田ヘッド
前半72試合を振り返って
「取り損ねたと感じる試合が多かった
1点差負けが多かったからもしれない
でもチームの雰囲気は悪くない
ここからは勝てる試合をしっかり勝たないといけない」

奈良原コーチが
直人の守備について
「日頃から誰よりもしっかり準備している
若い頃より動ける範囲は少なくなっただろうが経験と勘で補っている
若手に一番見習ってほしい選手
特に永江はその準備が一番足りない
能力だけでやってるからなぁ」
と笑いながら

宮地コーチがメヒアについて
「スイングスピード、インコースへの対応、初対戦の投手にも積極的に向かっていく
それ以上に右腕の強さ、パワーで押し込むことができる
日本人が真似できない、真似しちゃいけない打ち方
中村もメヒアの打ち方を見て「あれはできない」
メヒアは前日の4三振がよほど悔しかったのか練習では思いっきりスイングで柵越えも数本

金子
大宮で盗塁2つで
早くも昨年の盗塁数に並ぶ
「達成感をを感じてます
打撃も盗塁も去年の数字を越えたい
打撃の調子はとてもいいです
昨日はセーフティは失敗したけど自分の良さはどんどん出して行きたい」

ファーム落ちの山川について
田辺代行「バッティングでチャンスは与えたが結果を出せなかったが
ある程度の力はわかった
今のうちのチームなら守備をしっかり鍛えて選択肢を広げたら試合には出られる
とにかく守備を鍛えてサードで出られるようになって来い
そうすれば今シーズン中にチャンスはまたある」と伝えた
山川はファームで木曜日に16号
土曜日には17号を打った

田中
「自信を持って投げてるのはシュート
腕を振って打者に向かって投げられている
今は便利屋じゃないけど、どこでも与えられた場面で投げたい
自分の課題はコントロール、
勝ち試合で投げてその雰囲気を味わいたい」
今季は6試合全部負け試合での登板

田中
あだ名は名前からはヤスだがヤスは片岡がいたためでんちゅ~に
名づけたのは2軍コーチ時代の田辺代行
田辺代行は田中について
「もっと心を強く持ってほしい
表情や球から見ると心が強く見えることもあるが意外と心が弱い所があるんだよな」

メヒア
スタンドからのアーニーコールは最初「なんて言ったんだ?」とわからず
「アーニーだ」と教えられて「そうか」と理解

宮地コーチ
「斉藤には積極的に行って来いとはもちろん言ってるが追い込まれてもしっかり打球を前に飛ばせている
斉藤はHRや打点よりも足を使った盗塁、出塁が一番の仕事
実戦に適した打撃、コンパクトなスイングで粘れるかそれが斉藤の生きる道だ」


ヒーローインタビュー ボウデン

「Thank you very much!

途中からでも試合で勝てるようにチームの力になろうとマウンドに向かいました

守備でも野手の皆さんに助けてもらって打撃でもよくやってくれてるので

自分もチームの力になれたらいいなと思って一生懸命投げました

出来るだけヒットを打たれないようにと投げた結果がこうなったのでよかったです

チームの勝ちが付いて自分にも日本での初勝利が付いて本当に嬉しいです

ライオンズの応援いつもありがとうございます

これからもよろしくお願いします」


田辺代行試合後のコメント

「よかったね~

7回でダメ押したね

中村のHRは詰まったけどすごいね

やはりHRバッターだからね

十亀は交代した回の最初からリズムが悪く球威も落ちて来ていた

力まないようにと思っていたがペーニャにぶつけてイヤな雰囲気、乱闘直前になって

インコースを突く投手なのでその後投げ辛いだろうと思ったので代えた

その後ボウデンがよく抑えて攻撃のリズムを作ってくれた

ボウデンは投入した時から長くても3回行ってほしいと思った

それが1回2回と回を重ねてくれた

よく投げてくれたね」


おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。