スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『見えて来た背中』 ~2014.07.08 対千葉ロッテ9回戦

2014/ 07/ 09
                 
西武ドーム 埼玉西武5x-4千葉ロッテ 延長12回


(NACK むつみさんのレポより)


前回のロッテ戦はノーノーだが
「特別な意識はない
チームの連勝を止めないように粘り強く投げたい」
         文化放送ライオンズナイター
実況:槇嶋範彦アナ
解説:松沼雅之さん
レポーター:松島茂アナ



キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は7月8日 西武ドーム ロッテとの9回戦です

ロッテ試合するのものすごい久しぶりな気がしますね

同い年の今江選手とかとね挨拶させてもらって

ほんとにペナントが始まったんやなぁと今さらながらそんな感じがしてます

勝ちたいと思います

勝ちましょう

さぁ行こう!」


田辺代行試合前インタより

「週末のオリックス戦、1勝1敗なら御の字と思っていたが2つ勝てて、それも快勝で締めくくれた

流れがいい感じで来ている

牧田の好投と、十亀の降板後ボウデンがよく踏ん張ってくれた

クリーンナップがいい働きをして、投打ともいい形です

ロッテとは最大8ゲームくらいついていたのかなぁ

それが1.5ぐらいになったので一つのチャンスとして3連戦最低でも勝ち越したいです

オールスターまでの残り試合五分じゃダメだと思っています

勝ち越さないと借金は減りません

浅村はオールスター前には帰って来るとのことです

チームにとってプラスになりますのでどんどんいい試合をして勝っていきたいです

中村
試合前練習は通常通りしてたがフリー打撃は軽目
大事をとってのスタメン落ち

炭谷
最近の岸については
「肘が下がってる
ストレートがシュート回転
カーブのスピンが効いていない
カーブが縦に割れずに横に曲がっていて空振りが取れない」
肩痛の影響で患部をかばってか?

石井コーチも
「岸本人は大丈夫と思っても知らずのうちに肩をかばっているのかもしれない」

秋山
19試合連続出塁中


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 七夕の昨日は何をお願いしましたか?栗山巧です

僕が星に願ったのは、神戸にこの前移動日だった時に、神戸サウナという有名なサウナがあるんですけど

そこで七夕の願いを書くというのがあったんで『打てますように』と書いときました

週末のオリックス戦、連勝しました

調子のいいチームにね、連勝できるというのはチームとしても自信になりますし

ほんとにいい連勝だったと思います

僕も地元のほっともっとフィールド神戸で満塁HR!

やっぱ嬉しかったですね ほんとに心の底から嬉しかったっていうような感じでした

今日の相手は2度目の対戦、ルーキーの石川あゆむ(←滑舌しっかり)投手

前回は3打数1安打でカーブをね、2塁打打ったんですけどね

直人さんが1塁からば~っと帰って来てね、というのがあったんですけど

コントロールがいい、抜群にいいと言うわけじゃないんでしょうけど

抜群にいいような感じがするようなピッチャー

内角外角にきっちり投げて来るというそんな印象があるピッチャー

今日どういう感じになるか

そこが攻略のポイント

きっちり来るんだったらそこを狙えばいいし

来ないんだったら、う~んって感じですね、はいw

ライオンズは今日74試合目

残り試合数からすると半分切ってます

切ってるんですよ、半分

も~うやって行くしかないんじゃないかなと思っています

頑張ります!」


栗山
オールスター出られなかったことは
「本当に悔しい やっぱりホームラン打てるバッターじゃないと選ばれないんですかねぇ
次の西武ドームのオールスターは…6年後ですか…
6年後だと何歳かな…」

金子
「ズボンのサイズは岸さんと全く一緒です
たまに借りたりしています」


前回のファイターズ戦を振り返って
「フルカウントばかりじゃリズムもなにもない」


秋山翔吾の今日も真面目に行きます

「こんばんは 埼玉西武ライオンズ秋山翔吾です

今日は一人しゃべりでお送りします

前回のこのコーナーはパ・リーグ相手のリーグ戦に戻る前にやりました

その後8試合で.350を超えるアベレージ

状態はいいと思います

直接パ・リーグの相手とやっていると、ゲーム差だったり、順位も入れ替わりやすいので

とにかく打つことだけじゃなくて出塁すること、ランナーを還すことというのは場面によって違うので

そういう役割をいろんなところで発揮して行ければいいと思います

日曜日のオリックス戦貴重な先制点タイムリーを打ちました

点が入らなかったら苦しい雰囲気になるとこだったんでなんとかしたいなという思いだけだったんで

ヒットになってくれてよかったなという感じです

1番打者として今最も心がけていることはとにかく塁に出ることと

攻め込んでいくので1番バッターというのは役割があると思うので

チームの人たちに行けると思わせる、凡打であっても内容があったり、イヤだなとか思わせないような打席にまず1打席目はしたいなと思っています

これからオールスター前まで試合とんとん進んで行きますけど

暑いですけど冷たい飲み物と共に応援していただきたいと思いますので

これからも力強い声援をよろしくお願いします」


秋山
「今まで全く姿の見えなかったロッテの背中が見えてきました
力が入りますね」


木村
7月はまだノーヒット
「形はどうでもいいから1本欲しい
ただ、小さく振らないようにはしたい」
自分の打席終わってもその2人後から早くもベンチで投手とのタイミングを合わせていた
不調でも報道陣の質問には全て丁寧に応対
練習では宮地コーチに念入りにアドバイスを受けていた


中村剛也ホームラン日記

「7月6日日曜日、京セラドーム、オリックスとの8回戦 

ディクソン投手から今シーズンの第14号2ランHR

コースは…わかんないっすww

高さ…もわかりません!へへへww

球種は、まぁ多分ストレート系のそういう球を

レフトスタンドへ運びました

チームが2点を先制した次の回、貴重な中押しの2ランHRだったのではないしょうか…はい

いい所で打つことができました

2ボールノーストライクからでした…そのとおりです ははは!

打った瞬間…まぁ結構低かったんですけど弾道が

芯付近で打てたんで、なんとか入るかなぁとは思いました

ホームラントップまで4本ですけど意識は全くないっすね

いつの間にか抜いてたらいいなと思います

次は15号をできるだけ早く打てるように頑張ります!」


松沼さん
「メヒアにしては動きがいいなぁと思ったら脇谷ですね
名前は似てますね」

ローテ通りなら雄星のはずで試合前は報道陣に囲まれていたが武隈というとこで何かアクシデントか?
また洋介の姿が1軍に
11日のオリックス戦先発か?

木村
「最近ユニフォームが汚れません」
武田勝さんに先日手玉に取られて以来不振
その数日後も「あの武田勝さんとの対決が…」と言っていた
秋山が言っていたのが「例えば栗山さんが不振でも経験で持ち直し方を知っている
でも僕らにはその経験が足りないので脱出方法がわからないんです」


不振の中、四球を選んだ木村がベンチに戻ると宮地コーチが笑顔で迎えた
メヒア不振の時にも「四球を選ぶのも仕事」と説いた宮地コーチらしい振る舞い
宮地コーチはかねてから「自分も投手から野手に転向した選手 木村の手助けをしたい」
と口にしている

ファームは第2でヤクルト戦
7-6で勝利
初回星孝典ソロHRで先制
3回上本、駒月連続タイムリー2ベース
水口タイムリー3ベースで3点追加
4回には星孝典タイムリー
6回表、ここまでノーヒットピッチングの先発小石が4安打で3失点
その後立ち直り7回5安打3失点で降板
3番手ロペス4番手松下で3失点もなんとか踏ん張り勝利
小石はイースタントップ独走の8勝目
山川は試合前から微熱
4番サードで先発も3回にセンター前ヒットを放つも次の回で交代

高木コーチが森について
「まぁあいつは西武第2の夏を経験していない
これから厳しいシーズンが来る」

高橋
「いい感じで投げられてはいるが、欲を出すならもう少し空振りをとりたい
スピードガンの数字ではなく、打者にあ!と言わせる反応をさせたい」
140708 (1)


ヒーローインタビュー、監督代行インタ (ともに現地での聞き取りです)

140708 (3)
秋山

「僕が決められずに中継ぎに負担をかけたのに多くのファンが残ってくれて嬉しかった

その前のチャンスで決めることができなかったのにもう一度チャンスもらえた

ネコもよくチャンスを作ってくれた がむしゃらだった

皆さんに打たせてもらった 次は早く打ちます また声援お願いします!」


140708 (4)
直人

「打った瞬間ヒットと思った

絶対逆転するつもりだった 秋山が繋いでチャンスくると思った

ダメでもクリがいるので楽に入った

岸が頑張ってたのに援護できなかったので最後打ちたかった

一つ一つ目の前の試合を頑張ります 応援お願いします」


田辺代行

「負けなくてよかった 直人がねぇ、最後打ってくれるとは思っていたけど、まさかチームが逆転してくれるとは

土壇場の野手の粘り見事 もう少し前に決めたかったけど接戦を取れるようになったのは大きい

岸は序盤ミスがある中踏ん張ってゲーム作った 攻撃陣が雑だが最後の集中力が出て来た

上を見て行くには大事な勝ち

これからも1戦を大事に戦う」
140708 (2)

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


(管理人より)

21時前に終わるかと思った試合もライオンズナイター中継終了の22時8分内に収まることができないほどに伸びました。

中村も代打で準備していたようですが、なかなか出できません。

私のような素人はすぐに一発長打を期待して、中村の登場を今か今かと待っていたのですが

試合を決めたのは金子、秋山、直人

一発とは程遠いと思われる選手たちの連打

そして素晴らしい走塁でした

特に何度もの牽制のあと、秋山の3-2の場面でエンドランでのスタートを切った金子が素晴らしかったです

その前の牽制、サインを出す河田コーチ、一球ごとにサインを見る秋山、走る走らないの微妙なリードやフェイクを入れる金子、

牽制を入れるロッテバッテリー

そこら辺の駆け引きの後の金子の思いっきりが凄いなと思いました。

観ながら「中村の使い所が難しいのかな」とか思っていましたが

田辺監督はもともと中村を使うつもりはなかったのかもしれません。

大砲ではなく、繋げる選手たちを信じていたのかなと思いました。

そして金子が走った場面、三振ゲッツーもで終わるかもしれないのに走った金子

打った秋山

エンドランを仕掛けたベンチ

全ての信が結び合っての同点劇

いい試合を見ることができました。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。