スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『僕はセンパイ』 ~2014.07.11 対オリックス9回戦

2014/ 07/ 12
                 
西武ドーム 埼玉西武2x-1オリックス 延長12回

文化放送ライオンズナイター
実況:高橋将市アナ
解説:山崎裕之さん
レポーター:飯塚治アナ
        
キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は7月11日、西武ドーム オリックスとの9回戦です

台風どっか行きましたね

朝起きて外見るとピーカンで

なんや!これ?と思ってw

まぁでもこんな気持ちいい天気ですからね

野球日和ということで今日はなんとか3連戦の頭、勝ちたいと思います

勝ちましょう

さぁ行こう!」


宮地コーチ
昨日の栗山の最後のセンターフライを
「もうちょっとやったねぇ
クリも悔しそうだった
昨日は落としたけどうちは1試合トーナメントのようなもの
オリックスも当日移動で福岡であれだけの試合をやってきたわけだし
この暑さにも苦しめてもらってまずは一つ目勝たないと
打線は1番から5番まで相手が嫌がる打順を組めている
この上位打線でプレッシャーをかけていきたい」

中村
オールスター第1戦の西武ドームでのHR競争に出場決定

清川コーチ
岡本洋介について
「ブルペンでもだいぶん状態上がって来てる
課題のシュート回転も減って来ている
打線の援護が必ずあるんだからまず5回まで飛ばしてほしい

岡本洋介は
「力まずにシュート回転しない球を投げられるか
シーズン初めはマウンドで力んでしまった」
炭谷も
「右バッターへのアウトコースのストレートがシュート回転して真ん中に入って来ないか」
バッテリー間で思いは共通


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

今日はあまり話したくないデータについてお話します

僕は毎年、7月絶好調

2010年から4年連続打率3割以上を記録しているそうです

多分ウソだと思いますね、これは

7月の打率は

2010年.337

2011年.358

2012年.349

2013年.301

これウソですね、多分ね

多分ウソだと信じたいです

暑いのは得意じゃないんですけど、田辺監督代行からは

とにかく夏に強い選手がいい選手だと

それが一流だと

いう話をファームの13年前からされてますので

それで7月打率がいいんだと思います

今シーズン2塁打が21本

今年はHRが少なくてね、フェン直が多い、とにかく

それ入れよ!というのがフェン直やったりするんで

その分だけ2塁打が多い

で、HRが少ないってことやと思います

オリックス戦は打率.515

これもウソらしいです

ここまで8度の対戦中半分の4回猛打賞

いや、ウソでしょ

いやぁww

今日の相手は吉田一将投手

攻略のポイントは、ちなみに、6打数5安打、打率.833

833とか、いやいやいやいや

あの~なんか打ってるみたいですね、オリックス戦

これたまたまやと思うんですよ、ほんとに

調子の波の中でたまたまオリックスの時に稼げてるってだけなんで

吉田投手は真っ直ぐがいい

今日はその辺、ストライクゾーンに来た球をしっかり振るっていうのがポイントになって来るんじゃないんですかね

頑張ります!」


(管理人の感想
開幕の頃と全然声の感じが違うなぁと
元気があるとか、張りが出てるとかじゃなくて
楽にしゃべってるなぁという感じがします
あくまで想像なのですが)


メヒア
ヒットが出なくなった時期は外の落ちるボールを
「打ちたい打ちたい」と追いかけてしまっていた
宮地コーチは「外国人選手が1ヶ月経って陥ってしまうパターンにメヒアもハマっていた」

秋山について宮地コーチ
「もともと大人しめの秋山が1番という積極的攻撃的に行かなくちゃいけない打順で
気持ちの部分も変わってきた」

直人について宮地コーチ
「エンドランをしっかり決めることができて三振になりにくく粘ることができる
ライオンズの2番の資質を備えている」
直人は
「日々試合の流れを読みながら考えながら打席に入っています」
山崎さん
「個人成績を気にしてたら2番はできないんですよ」

炭谷ジングル
「好きな果物はイチゴです」

中村
先週は守備練習で山なりの送球していたが今週はスローイングなし
高木コーチ
「今練習できないのが夏場にどう響くか少し心配」

岡田
昨日の練習で脇腹痛めて打撃はできてもスローイングできないということで抹消

上本
1軍合流、すぐにメヒアをつかまえて
「エブリデイヒット、オッケーオッケー!
でも僕は君のセンパイ、センパイ!」
と日本語を交えながら

洋介降板後
「久し振りの先発で緊張しましたが
銀仁朗のリードに引っ張ってもらいました
野手のみなさんにも助けてもらいました
一生懸命投げました」

秋山
「ヒットが1本出ると
あ、続いてるなと実感できます」

永江
今日も13時半から汗びっしょりかきながら早出特打

木村
7月はまだノーヒット
20打数0安打
「最近、自分への配球はストレートが少なくなって変化球が多くなって来た
外国人に対する攻めのようです
メヒアはアウトコースのボール球に手を出さない
改めてメヒアはいいバッターだと思う」

田辺代行
「なかなか借金が一桁にならない」と話す中で
「選手たちにはもう少し勝負所をわかってほしい」

12回裏の満塁の場面、
ベンチではサヨナラ勝ち用のペットボトルが配られた

脇谷
1407112.jpg
「ビショビショでも気持ちいいです

コンパクトに振ろうと思いました

最近サヨナラ勝ちが多いので僕が決めてやろうと思いました

遅くまでいるファンのために選手も頑張ってます

目の前の試合を頑張ります

移籍1年目ですけどなんとか頑張って、脇谷という名前を覚えてもらえるようにまだまだ頑張ります

いつも遅くまでありがとうございます!

選手はこれからも頑張りますのでもっともっと熱い応援お願いします!!」


田辺代行試合後のインタビューより
「負けなくてよかった気持ちでいっぱいです

バント走塁ミスが多い中、12回表終わった時にほんと負けなくてよかったと思った

選手がよく粘った

森本の四球が流れを持ってきた

中村も繋ぐ意識だった

洋介は緊張もあっただろうがよく抑えた 次も期待できる

中継ぎもよく踏ん張った
上のチームに挑戦のつもりで戦うのみ

その中で頭とれたのはよかった

これからも毎試合全力で戦うだけです」


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


(管理人の感想)

最近、仕事が終わって西武ドームのナイターに行くとだいたい球場に着く前の序盤に点が入ることが多いなと思います

この日は洋介と吉田投手という久しぶりの先発とルーキーの対決

序盤から派手な打ち合いもあるかと思いつつ向かったのですが

意外なロースコアの展開 久しぶりに0-0の状態で着くかなと思いましたが

車を降りてドームに歩いている時に炭谷のHR

いやぁでもよかったです

球場着いたら4回表 栗山がレフト際の球を好守、席への階段を下りていたらレフトフェンスからクリの手だけが出てました

1407111.jpg
その後やってた球場クイズ 大崎の子ども時代 解答する方も迷わずこの3番を選んでましたw

試合は速いテンポで進み、初回に「焦りが見えている」と山崎さんに指摘されていた洋介も持ち直したようです

また、ピンチになりそうになってもそこを防いだのが炭谷の盗塁阻止

ここ最近相手の機動力を封じ込める炭谷の肩がどれだけ貢献していることかと思います

ブルペンはウィリアムスやボウデンが作ってましたがウィリアムスはキャッチボールの球を股の下から投げたり

またサードのランサムもキャッチボールの球でちょっと遊んだりと気楽な雰囲気が見えました

素人の私の目は全然当てにならないのですが、7回に作った増田はいつもより球が走ってないというか

いつもびゅんびゅん投げてマウンドに向かうのにこの日はゆっくりめ、投球間隔も長いように見えました

でも結果は2三振とよかったです 疲れがちょっと気がかりでした

8回表終わって1-0 でもブルペンの高橋はいつものように自分のペースながらもすごいストレートを投げていたので

1点差でも大丈夫だろうと思い、「洋介と銀ちゃんのヒロインを見逃したらいかん」と

ダッシュでトイレに行って戻ってきて席に向かっていたら

ペーニャの打球がライトスタンドへ消えていました

21時ぐらいには球場を出られるかなと思っていたのですがまさかの延長突入

同点はイヤだけどまだ試合を見られるのでちょっと得した気分です

延長はオリックスの方が塁をにぎわしていましたが、でもなんとなく点は入らないような気はしていました

ただ、オリックスの中継ぎ陣もすごいのでこっちもとれる雰囲気はあまりなかったですけどw

でも、山崎さんがオリックス中継ぎ陣の登板数の多さを指摘していましたしチャンスはありそうです

ビハインドとか延長でも何となく安心して観ていられる根底にはメヒアがいるからだと思います

5番にメヒアがいるってすごい安心感というか

遠目に見てても存在感が凄いなぁと思います


延長に入った時に、Lビジョンを見てポイントは3番森本かなと思っていたら

12回に先頭四球で出塁

足があるのでこれは大きいと思っていたら中村のヒットで3塁へ

もうレフトスタンドも3塁内野もイケイケの応援でした

メヒアが歩かされたのも大きかった やはり5番にメヒアがいることの大きさを感じます

そして永江の所で脇谷

後ろで見てたオジサンが「なんだよ、脇谷かよ」とがっくりしてましたが

序盤の低調期から勝負強い打撃をしてきた選手

この場面には持って来いだと思いました

脇谷が出て来た時のスタンドの盛り上がり

ヒットを期待するコール

そしてサヨナラを決めた後、すぐに起こって途切れることのない脇谷コール

もう完全なライオンズの一員です

実際、スタメンに脇谷の名前がないと私はちょっとがっかりしてしまうこともありますw

でも控えにこういう選手がいるのもまた心強いです

11回裏、1アウトから四球で選んだ秋山はガッツポーズをしたと聞きました

前日の敗戦で田辺代行は少し厳しい口調でゲームを振り返ったと言います

その雰囲気が秋山に伝わってるのかなぁと思いました

しかし、だからと言って選手が委縮している様子は見えません

12回のサヨナラのチャンスの場面、ベンチから身を乗り出している選手の頭が3塁内野席からも見えました

全員勝ちに行こうとしている姿勢がよく出てるなと思います

厳しさと穏やかさの手綱を上手く捌きながら、田辺ライオンズはまずカード頭をとりました

前日の逆転負けを払しょくする出だし

今日の牧田に繋がればいいなと思いました

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

栗の一言
甘口さん、今晩は。栗の一言、全く同感です。PCで栗の一言を聴くのが日課なのですが、笑顔で喋ってる栗の姿が思い浮かぶ様です。チーム状態は良いですね!粘れる様になってきました。この調子で行って欲しいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。