スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『豊田の焦燥、岩尾の決意』 ~2014.09.03 対千葉ロッテ19回戦

2014/ 09/ 04
                 
西武ドーム 埼玉西武1-6千葉ロッテ

栗山のバースデーゲーム
森のスタメンマスクも
レイノルズ6失点
打線はロッテの捕手田村が「今季一番」と評した涌井の前に中村のソロHR1点のみ
10連戦の頭2連敗でスタートとなった
        
FM NACK5 LIONS REPORTより 工藤むつみさんのレポ

昨日はライオンズ、ロッテに逆転負けしてしまいました

守備やバント、走塁でのミスが目立っていたんですか

今日は気持ちを引き締めて新たに頑張ってほしいと思います

今日の先発ですがレイノルズ投手です

そして先発マスクをドラ1ルーキーの森友哉選手がかぶります

前回雄星投手の時は森選手、リードとバッティングの両方で活躍していました

今日の試合前は

「レイノルズさんは雄星さんと違って三振を取るタイプのピッチャーじゃないので

打たせてとる意識でリードしたい

そしてバッティングでも助けたい」

と話していました

今日は栗山選手の誕生日でもあります

試合前には球場に詰めかけたお客さん全員から祝福の拍手が贈られていました

チームを引っ張るキャプテン栗山選手の活躍にも期待したいところです


文化放送ライオンズナイター
実況:高橋将市アナ
解説:石井貴さん
レポーター:斉藤一美アナ

キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は9月3日 西武ドーム ロッテとの19回戦です

10連戦の頭、とれなかったですけど、まだロッテ戦あと2の4の6試合残ってますんでね

今日何とか勝ちたいと思います

勝ちましょう さぁ行こう!」



宮地コーチ
「スピードガンに表れない真っ直ぐのキレがあれば、バッターはみんなそこに合わせて来るので変化球を振ってしまうものである
絶好調の涌井はまさにそういうパターンを持つ、オーソドックスなピッチャー
そして調子が悪い時は真っ直ぐがシュート回転していくがそのシュート回転を逆利用した上に、ほんの少しだけ抜いて落とす
シンカーのようなボールに仕立てる技術に長けている
涌井はストライクゾーンを横に横にと広げていくタイプなので
こちらは狙いを狭く狭く絞って彼を追い込んで行きたい
以前のようなボールのキレはなくなってきている」


試合前練習の後集中した表情でピリピリしたムード
「菊池さんと違ってレイノルズは打たせてとるピッチャー
それを意識してリードを考えていきたい」

201cmのレイノルズと170cmの森のバッテリーに田辺代行は
「今日は凸凹バッテリーで行くよ」

森はイースタンではレイノルズと6月21日、7月14日、21日の3回バッテリーを組んでいる
7月21日は4回まで無得点も5回に集中打を浴び一挙5点をとられた
その悔しさが森の頭の中には
「今もあります 今日はあの時と同じロッテだし必ずやり返します」

浅村
前日、セカンドでゴロを捕球、ひざで起き上がって上半身だけで1塁送球でアウトにしたプレー
一美さんに「まるで猫のような動きでしたね」と言われて
「僕もそう思ってました」と笑った
「ひざの痛みのないからあのような動きができました」と嬉しそうに語り
左ひざの状態がもはや万全であることを感じさせた

直人
「サードは難しいです
アンツーカー周辺のバウンドへの対応が特に大変で
その次に痛烈な打球とボテボテのゴロとの落差への対応が決して簡単ではない」
内野の中でも指折りの運動量のセカンドの方が
「むしろ気は楽ですね」

清川コーチ
「レイノルズは動かすボールで打たせて取るタイプだからとにかく低めを意識して投げてほしい」


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

昨日はあと一歩、最後に栗山打っときゃあ同点っていう場面やったですけどね

昨日は2安打1フォアボール バッティングの状態はいいと思います、徐々に

もちろん昨日のああいういい場面でね、打てないというのはどっか力みがあったりとかするんで

決していいとは言えない、いいって言っちゃったけど、いいとは言えないけどいいと思いますね

センターからライト方向、あ、そうっすねぇ、そう言われてみればセンターからライト方向の打球ちょっと多いかもしれないです

まぁヒットになりゃあ、どこでもいいって感じですね

6回2ベースになったデスパイネ選手の打球はすんごかったです、あれ

ちょっと前出ちゃったんですよ 一瞬、低かったんで弾道が

いやぁ牧田ゴメ~ンっていう感じで

昨日はちょっと守備でバタバタしちゃって、ほんと申し訳なかったなと思ってます

今日は31歳のバースデー ありがとうございます

31歳はですね あの~なんとか、いい31歳の年にしたいなと 月並みですがw

でもあの~30代はね、あとどれだけプロ野球選手として誕生日迎えられるかわかりませんけど

数多く、プロ野球選手として誕生日迎えたいなと

今日は西武ドームでバースデーを迎えられてよかったです

ありがとうございます!!」



森の3試合連続ホームランの時に中村が
「あれだけ何もとらわれずにおもいっきり振れて羨ましい」

宮地コーチが最近のメヒアについて
「いい意味でHR王という声が聞こえて来てそれを意識しているのは否めない」


前日の9回2塁3塁でファーストゴロで1打点
宮地コーチは
「ロッテの西野がコントロールが全くダメだったのに最後のフォークボールだけいい所に落として来た
ボールがもう一個分高ければライトオーバーの同点タイムリー2ベース
さらにもうボール半分高ければ逆転サヨナラ3ランになっただろう」
森に確認すると
「全く仰る通りだと思いますw
昨日打ったところよりも1個半ボールが高い、真ん中低めインコース寄りは特に大好きな所です」
昨日のその場面、ベンチに戻ってからも髪の毛をかきむしるようにして悔しさをあらわにしていた

鬼崎
復帰後スタメンもこなしているが
右足の痛みは
「走塁のみまだ違和感があります」

栗山
自打球を右足に当てたが駆け寄ってきた吉田トレーナーに表情を歪めて説明
痛みを顔にはほとんど出すことのない栗山には珍しいこと
レガースで固めている部分なのに顔を歪めるほどの衝撃
その後の守備、ベンチから出る時に一歩右足を踏み出して患部をさすってからグラウンドへ

ファームは第2で日ハム戦
1-3で敗れた
先発は藤原
2回4番山川2ベース6番石川レフト前タイムリーで先制
藤原は三者連続四球などもあったが6回2安打5四球7三振
7回、2番手中崎がタイムリーと犠飛で逆転され
中郷も1点を失う
その後反撃することなく敗れた
金子は1番セカンドで先発
6回までで3打数1安打
守備も無難にこなした

球場の秋山への
がんばれーに合わせて
ベンチの稀哲、木村、林崎、岡田も
「がんばれー!」

秋山の四球の前の球のストライクの際どさに稀哲が
「なんだよぉ?ストライクかよ!」とガックリ
次で四球になって稀哲大騒ぎ

レイノルズ
「中10日でカーブを修正して来た
みんなが疲れている中10日空けてもらえたのはプラスに考えたい
9月になって涼しくなって投げやすい」

豊田
「ファームに行く寸前は右肩が痛かった
なんとか我慢しながらだましだまし投げていたけど6月に入ってからは限界でした」
と話していたが実はこの右肩痛開幕か前から抱えていた
オープン戦で武隈が登板した時に、即危険球で退場
豊田が緊急リリーフした時があったが
キャッチボールもしていない中、非常に寒い西武ドームで
いきなり投げて右肩に違和感を生じた
それをずっと抱えたまま、連日登板していた
「もっと実績を残して、豊田は必要なピッチャーだと思われない限り、ファームに落ちたらなかなか上がって来れないだろうと思って
ひたすら我慢して投げていました」
しかし6月に限界、ヒットを打たれまくり、点を取られまくりで2軍落ち
7月31日に1度投げてからまた違和感を生じたため、完全に治るまで2ヶ月半を要した
「戻って来てからは変化球がすごく曲がるようになった
今まではそんなに利かなかったのに、こんなにも違うのかと思った」

中村29号ソロ
「スライダー
打ててよかったです」
涌井投手からは今季2本目


8月5日、マスクを被って滅多打ちを食らった試合の後
「僕はリードの不調がそのまま打撃に影響するんです」と寂しそうに語った

豊田ジングル
「好きな言葉は全力投球です」

レイノルズ降板後
「今日はインコース狙いがことごとく真ん中に行ってしまった
カーブ精度ももっと上げて磨かないといけないと痛感した
次回までに必ず修正する」

秋山
今季はグリップの位置を
「人生で一番高い」頭の上にするも
「これだけ打てないと変えようかな…と悩んでいる
グリップの位置で言えば今僕は迷子になっています」
と泣き笑いの顔
練習前に自分がヒットを打ったシーンをまとめたDVDをチェック
「耳から肩の高さにおさめていてとても自然だったことに愕然としました
最近は上半身ばかりに意識が行きすぎて下半身を使ったタイミングの取り方が疎かになっていたんじゃないかと感じました
今日はグリップの位置は意識せずに臨みたい」

岩尾
イースタンで5月20日の戸田でのヤクルト戦
8月4日の日ハム戦
ともに勝利投手になっているがその内容は段違い
5月は毎回のようにヒットを打たれながらも守備陣に助けられて勝利投手
フォームにも力感がなく、球も走らずだったが
8月は「下半身の力がしっかりと指先に伝わっている」と横田2軍投手コーチが認めるほどの力感あふれる球
最高で148km/hも計測
「この好調が1ヶ月以上続かなかったのが岩尾という投手だった
この好調が続けば1軍だし、そうすると一皮むけるチャンスだよな」と横田コーチ
「リリースを強くする」ことを念頭に置き続け、岩尾は2ヶ月以上調整を行って来た

岡田
左わき腹を痛めてからしばらく療養も
8月26日からイースタンで3試合連続マスクのあとすぐ一軍へ
そのイースタンでは7打数4安打1ホームラン
ホームランは巨人の土田投手から
「打った瞬間入ると思った」というプロ初の一撃だった


田辺代行試合後のコメント

「涌井の球はほんとによかったのかなぁ

大振りばかりが下位打線を含めて目立っていたよね

もうちょっとコンパクトにいかないとダメだと思う 大味淡白だった

9つの三振かな 二桁近く三振とられてちゃダメ

レイノルズはコースが甘いよね、ツーシームもカットボールも

真ん中に集まっていた ストライクを欲しがっていたなぁ

森は捕手としていい勉強をしたと思うけどレイノルズのようなタイプはコーナーに散らしていかないと

集めちゃダメだよね」



来週月曜のロッテ戦は先発足りない中、最有力が小石だが
清川コーチは「牧田を中5日で使う案と両睨みの状態」
杉本2軍コーチ「小石は今週土曜日のファーム先発予定だが昇格要請あれば対応する」と言うことでこの日の16時前ではまだ未定の状態

ほぼ確定はプロ2年目20歳の誠の1軍先発
誠は今度の日曜にイースタンで先発した後、15日の月曜日西武ドーム楽天戦で一軍先発デビュー
清川コーチ「オールスター前に考えてた岸のシーズン終盤の中5日構想は右肘痛からピリッとしない内容が続いているから
実現は難しいので岸は中6日、日曜登板は固定
なので誠は楽天戦ですね」と明言

杉本コーチは誠について
「ストレート、カーブ、スライダー、フォーク、あらゆる球種で勝負できるけど
特にカットボールは打者を面白いぐらい簡単に打ち取る」とにこやかに語った

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。