スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『山下さん』 ~2014.09.07 対福岡ソフトバンク21回戦

2014/ 09/ 14
                 
福岡帰省&遠征2日目です。

朝起きてご飯の前に一仕事。

粗大ごみを来週出すということなので2階にある使わないこたつをばらして紐で結わいて玄関先に運んだりしました。
        
一宿一飯の恩義ですね。「田舎に泊まろう」か。いや、実家だし。

あとは自転車でちょっと買い物とかも行って来てその後、朝ごはん。

ホテルの朝食バイキングか!というぐらいたくさん用意されてました。

前日の筑前煮も食卓に乗り、がつがつ食べていたら

母に「あんた、筑前煮好きやねぇ」と言われました。

いや、母よ、あなたの腕がいいのさ 照れくさくて言えんけど。

さらに折詰にしてもらってヤフオクドームに持って行くことに。


140907 (4)
路線バスでパーキングエリアまで行くと、試合開催日にはヤフオクドーム直通の高速バスがあります。

うちのような田舎にまで!

混んでると乗れないと注意書きがありまして、乗れなかったらどうしようかと思いましたが

なんとか乗ることができました。

それでも私が乗って空席が2つぐらい。

それぐらいたくさん乗ってました。

そしてバスがほぼノンストップで1時間ぐらい走ると

140907 (5)
何かが!(しつこい)

昨日よりかは晴れていました。

140907 (3)
前日、飲食をすると500円ごとにこういう補助券がもらえました。10枚で1回抽選できるそうです。

財布の中にはきっちり10枚。

昨日5000円分も飲み食いしたのか…。

しかしこれで誰か選手のサイン色紙でも当てて、そこら辺のホークスファンに法外な値段で売りつけて、そのお金でまた呑みまくってまた補助券集めて、またサイン色紙当てて…

わらしべ長者的発想に思わず我ながらゲスい笑顔になりそうになるのをこらえます。

140907 (6)
すげえでっけえガラガラ。

140907 (7)
と思ったらこっちでした。フェイクかよ。

結果はなんとうまい棒(エビマヨ味)1本。

5000円飲み食いしてうまい棒1本。

プレミアムではなく普通のうまい棒1本。

わらしべ長者の夢があっさり崩れ去ったショックで写真を撮る気にもなりませんでした。

140907 (8)
気を取り直して本日の1杯目 レモンハイボール(600円)

市販の缶ハイボールにレモン味の氷を入れたもの。

140907 (16)
今日は外野ビジター応援席なのでこれを呑みながら座席に。

140907 (14)
椅子ちっちゃ!しかも足元にドリンクホルダー。こぼしそうになりました。

140907 (9)
スタメンの皆様。

140907 (10)
本日の眺め。

140907 (11)
追いつ追われつの展開に思わず天を仰ぐ。

140907 (12)
しかしなんとか勝利。福岡最終戦ということで選手コーチがレフトスタンドへ。

試合は先発野上と大隣の投げ合い
3回にホークス細川のHRで先制されるも
4回にメヒア30号ソロで同点
その裏に細川のタイムリーで勝ち越される
5回に栗山の犠飛で同点
7回に松田のHRで勝ち越されるが
8回に五十嵐から中村、秋山のタイムリーで逆転
9回にも浅村の犠飛で追加点
6-3で福岡最終戦を勝利
野上は7勝目 高橋が26セーブ目


ここからはFM NACK5 サンデーライオンズより
実況:加藤暁アナ
レポーター:工藤むつみさん


前日の試合で今季の優勝の可能性が完全に消えたライオンズ
試合後田辺監督は「最後までしっかりやりきるだけ」
と語気を強めていた
その言葉通り試合前、栗山中心に声出し
ちょっとバタバタしていたむつみさんを栗山が呼び止めて
「工藤、しっかり行くぞ!」と鼓舞

直人
大隣について
「低めにしっかり球が集まるコントロールのいい投手
その低めの見極めが大事になるけどコントロールいいからこそより積極的に行きたい
カウントに関わらずどんな球も投げてくるので積極的に」

炭谷
前回の野上は
「ブルペンからストレートが走ってなくてちょっと使いづらいなと思いながら試合に入って
変化球で交わしに行ったが打たれてしまった これは自分にも問題がある
野上は変化球が多彩だけど、真っ直ぐのキレがあるかどうか今日もまずはそこを見ていきたい」

林崎
前回のセカンドとショートでのエラーに
田辺代行も「ちょっとショートとしては使うのは難しい」
ということでこの日はサードでスタメン

野上
前回の登板を
「タイミングがくなかった
自分の中のタイミング、バッターとのタイミング
バタバタしてしまった
今日は落ち着いて投げたい
調子はよくも悪くもない
最低限の先発としての仕事、5回以上は投げたい」

メヒア
「中村はすごいパワーの持ち主
野球以外の面でもみんなに愛される本当にいいチームメイト
自分はまだ一年だけだが中村は何年もホームランを打ち続けているのが素晴らしい
特に札幌ドームの2戦連発(8/22と8/23)はアンビリーバブルだったよ
今年はネクストで中村選手の打撃を見ることができるのが嬉しいね」

田辺代行
数日前に
「メヒアはHR王を意識しすぎて振りが大きくなっている
リラックスタイムが必要だな」

メヒア
前回の一週間ぶりのホームランは気分転換に打撃練習の順番をかなり前に変更
今までは3番目ぐらいで栗山、中村と同じぐらいだったが今はすごく早めて捕手陣と同じぐらいに開始
その時に左の打撃投手山下さんに初めて投げてもらってから3試合2ホームランということでメヒアが気に入り、
ゲンを担いで毎回山下さんを指名中
早い時間から始めてなかなか出てこないメヒアに宮地コーチが呼びに行くことも

秋山
「おとといスタメンを外れたことがひとつのきっかけになった」
と前日のタイムリーについて
「代打で出たことで1打席、1球に対する集中力を思い出しました
先発だとどうしても次の打席でこのボール待てばいいやとかちょっと考えることもあります
余裕がある分考えてしまうので、1打席の必死さを一昨日思い出して
それが昨日の第1打席、その後のいい振りに繋がりました」

木村
大隣について
「いい投手だと1ボールのあとのカウントのを取りに来る球が甘くなるので狙いたい
自分も投手出身なのでピッチャー心理がわかるからその辺りを読んで打ちに行きたい」

炭谷
「野上は前々回完投した時は力を抜いてす~っと投げた真っ直ぐがよかった
全体的にバランスがよくなっていて、ひざの負担などもなかった
力みがなくなった分、コントロールがよくなって、球数も少なく行けたのが関東に繋がった
野上は低めのストライクがとれていれば大丈夫
140前半の真っ直ぐで空振りがとれる
それが野上のいいところです」

浅村
大隣について
「真っ直ぐがキレてスライダーが内にくる
それよりも3つも負けられないですよ!
基本に忠実に投手の足元に打ち返すことだけを心がけます」

野上
ソフトバンク打線について
「スコアブックが真っ赤
先頭、中軸、下位関係なく
みんなが打つ
誰に注意とかじゃなくて全員が4番のつもりで投げます」

むつみさん昔からウルトラマンの珍獣ピグモンに似ていることを指摘されていて今日も中村に「ピグ!ピグ!」と呼ばれる
「ピグモンは見た目が怪獣だからいじめられるけど心優しいキャラだ」と中村がむつみさんに説明もむつみさん納得いかず

野上
今季対ソフトバンク1勝0敗 防御率6.00
もともと対ソフトバンク戦の相性がいいと言われるが
「ソフトバンクとの相性のよさは感じない
それよりもチームに迷惑をかけてばかりなので、
少しでも自分の投球をして、自分の借金を減らしたい」
ホークスの藤本コーチも
「打った試合もあるが野上には抑えられている印象がある」

中村
ヤフオクドームでは右肘痛のためか一日も打撃練習なし
むつみさんには「してたよ!見てないだけでしょ」とは言うものの、
DHのみでも試合後には毎回アイシングしている程の痛み
オールスターのHR競争の時は1本だけだったが「1本が出てよかった」というほど不調
それがキング争いまで来るのはさすが

メヒア専属の打撃投手山下さんは試合前に
「今日はメヒアを差し込んでやりましたよ」と意気揚々と引き上げて行った

野上
「リリースの瞬間に力を込めるようにしたい
そうすることでコントロールがよくまとまるし、
ボールにも力がしっかり入る
弱いボールだけにはならないようにリリースの瞬間はしっかり力を込めたいです」

野上
母方のおじいさんが亡くなったため、今日はこの試合後実家へ帰る
「九州男児で厳しいおじいちゃんでしたがドングリでコマを作ってくれたりいろいろ遊んでもらいました」

坂田
11日の病院の結果がよければ全練習に合流できる
今は室内のマシン打撃をしていて守備もフライ捕球の際に左肩を上げるに怖さもあったがそれもできるようになった
「今月中に試合出られるようになりたい」


「まだ1軍の先発のことは何も言われてません
プレッシャーに弱いのでなるべくプレッシャーのかからない所で投げたい
でも早く1軍で投げたい
2軍でも1軍でもバッターに対して意識する部分は変わらない
今気をつけているの体重を減らさないこと
一試合投げると4kg減るし、体脂肪もボクサー並みなので1日6食とってベストのコンディションを保つようにしています」
前日イースタン楽天戦で登板
5回66球4安打1HR失点2

メヒア
ソロホームラン
「インコースのスライダーかカットボール
振りだしに戻ったのでここからまた新しいゲームのつもりで頑張っていきます」

田辺代行
「秋山はいい時は広角に打ててたのに今はバッティングが固くてスイングの軌道がひとつ
これだとピッチャーのボールの軌道に対してバットを合わせられない
点でしか捉えらていれない
構えのグリップの位置を高くするというのはいいんだけどそこで固まってしまっている
構えを高くしてもいいけど例えば浅村や中村のような柔らかさが今の秋山にはない
構えの時の力感はいらないから当たる瞬間だけ力感を入れてほしい」

岡田
わき腹肉離れで1ヶ月ぐらい練習できず
「捕手として身体を大きく見せたい」という思いから上半身を鍛えて体重を3kg増し
「これによってバッティングにもいい影響が出ています」
先日イースタンで初HR
「バッティングは上々です」

金子
右手人差し指爪の内出血で爪が真っ黒になっていたが
2日の火曜日から実戦復帰
「試合に出ないと居場所がなくなる」
と焦りを口に

黒田コーチ
金子について
「怪我の回復は7~8割ぐらい
これからはいつ一軍に呼ばれてもいいように下半身強化をしていく」

栗山犠飛
「スライダー
とられた後だったのですぐに返すことができてよかったです」

高橋
中継ぎで唯一のシーズン通して1軍
コーチ陣からも
「高橋の功績は大きい」
の声

浅村
「自分が試合に出られるようになってからずっとAクラスだったからAクラスが当然だと思っていたのに
この時期にこの位置で試合をしているのがなかなか信じられない
試合中も面白いとかつまんないとかはないんだけど負けられないという緊張感はずっとあります
相手にリードされる焦りを常に感じながら今やっている感じです」

直人
「四球は意地です 意地があれば誰でもできるんだけどね
自分のようなバッターは調子の良しあしはないんです
クリーンナップの選手は打たなきゃいけない、打点を付けなきゃいけないプレーだけど
自分はそういうプレーじゃないから波がないのがいい所じゃないかな」

メヒア
HR争いの話が出るたびに
「自分はあくまでチームのために戦っている
HRの数は後でいいことだ」
と言い続けて来たがなかなか周りにはそれが理解されずw

増田
「その日の登板によってまだムラがあります」
清川コーチ
「増田はまだ万全じゃない
力の出し方に差があるのが何が原因かはわからないけど
それでも今は打たれてもしっかり抑えるという結果を出すことが
今の増田には大事なのかな」

中村
8回のタイムリー2ベース
「真っ直ぐです
絶対打ってやろうと思いました」
いつも以上に気合の入ったコメント

野上降板後
「粘ることはできたと思いますけど悔しいです」

ライオンズ今季12球団ダントツの三振数
田辺代行「ホームランバッターじゃない脇を固めるバッターの粘りがない
強いチームの下位打線はとにかく粘る
その粘りがうちの下位打線にはない」

その中で直人は三振が少ない方
「かつての西武らしい2番」とは宮地コーチ

田辺代行も
「今は直人にしか2番を任せられる選手がいない
振りに行ったらそのまんまという選手が多い、球際に弱い
合わせたり被せたりという技術がまだまだ足りない
アーリーワークを見ててもただの練習に過ぎない
もっと右打ちやエンドランなどのチームバッティングをもっとやってほしい」

浅村
「今年はいろいろ取り組みもしてきたが一年間1軍にいれなかったのが本当に悔しい
長年続ける選手は波があってはいけない
来年こそは絶対1軍にい続けたい」
しかし宮地コーチは
「開幕当初の4番浅村にすべての負担が行ってしまっていた
セカンドという守備もそう
巨人の片岡が一年間出られたのはセカンドに同等の選手がどんどん出て来ていて
その中で大事に使ってもらってた部分もある
正直ライオンズは浅村を酷使しすぎた」

浅村
シーズン当初から
「逆方向への打球を目標にしたい」
と言ってきたが最近右中間方向への打球が増えて
田辺代行も
「最近浅村の調子戻りつつあるんじゃないかな」

高橋
新人王について
「周りの人に意識されていますね
自分も意識しないわけじゃないけど
それよりも60試合登板30セーブに目標を持っています
構えた瞬間はゼロで投げる瞬間は10に持ってくるという自分の中での緩急をしっかり使って投げたい
任されている回が決まっているからそんなに疲れもありません
武隈さんに比べたら自分の方がよっぽど楽なので
コンスタントに投げられます」

明日先発予定の岸
QVCでノーノー達成の再現は?の質問に
「ない、ない」

中村
試合前にむつみさんに何を聞かれても返事は「ピグ!ピグ!シュワッチ!」
バットを持ってティー打撃をするかと思いきやボールの入った籠の上に座るだけ

140907 (1)
ヒーローインタビュー 中村

「とにかく勝つことだけ考えました

必死に繋いでくれたのでなんとか1点でもとりたいなと思って集中して打席に入りました

コンパクトになんとかバットに当てようと思いました

この勝ちをしっかり繋げて、まだまだ試合あるんで全力で頑張りたいなと思います

タイトル争いは特にないっすねw

チーム内での競争もみんながそうやって見てくれたらいいなと思います

レギュラーシーズン福岡終わりですけどまだ終わってないんで

CSで来られるように頑張ります!」



田辺代行試合後

「終盤いい攻撃ができた

7回飛び出しアウトとバントミスでチームが落ち込みそうになるところを踏ん張れた

特にクリーンナップがいい仕事をしてくれた

今日の試合前にベンチ前で栗山が選手全員に一言二言、キャプテンらしいいい言葉を送っていた

そのおかげでみんなゲームに集中できた

ミスもあったけどズルズル行くことなく、またこれから明日に繋げられるようないい試合だった

メヒアは中村はいいHR争いしているし

中村は今日はちょっと力んだけどこの2人は相手にとっても脅威のはず

これから何本打てるか楽しみだね

最後に福岡のファンの皆さんにしっかり挨拶できてよかった

こんなに負けがこんでいるチームなのにいつも応援してくれてるからね」




初めてのヤフオクドームに行った感想は「お金持ちの友達の家に遊びに行った」みたいな感じです。

ドーム前広場も広くてあちらこちらでイベントとかグッズが売ってて

スコアボードのビジョンも3面ぐらいあって、資金力のあることを見せつけられました。

母は「資金が豊富な分、選手も不安を感じずにプレーできてると思うよ」と言ってましたが

確かに時に批判されることもある補強が、選手の安心感以上に競争心に繋がり

チーム力を上げていると思います。

経営母体の差については何とも言えませんが、ただ一つ思ったのはなんだかんだでこの球場には多くのファンが詰めかけているということです。

ヤフオクドームは決して立地条件がいいとは言えませんでした。

例えば天神のど真ん中にあるとか、博多駅の前にあるとか、福岡空港から降りてすぐとかではありません。

高速バスが出ているとはいえ、そんな頻繁でもないし、空港からの地下鉄もそんな近いとは言えませんでした。

唐人町の駅からもかれこれ20分歩きます。

それでも連日3万人を超えるファンがホークスの試合を見に来ています。

ホークスが強いからファンが集まるのか。

多くのファンが応援するからホークスが強いのか。

それはよその庭の話なのでわからないことですが、

今年西武ドームは特に平日、1万人を割ることも多かったように思います。

4月に球場で会った友達は「もう今年全然勝てないから試合見に来たくないよ」とこぼしてました。

西武ドームに行きたくても行けないライオンズファンがたくさんいることはこのブログを通しても充分知っています。

勝ち試合を見たいファンとしては勝てないチームの試合は見に行きたくない気持ちもわかります。

だからこそ、途中で辞めてしまったとは言え、伊原さんが言ってたように

「ライオンズは強くなくちゃいけない」

と思います。

栗山、直人、浅村、中村、メヒア…個々の並びはどのチームにも引けを取らないはず。

ホークス戦連続負け越しは今年で終わりになるように

来年は西武ドームにもっと多くのファンが来たくなるように

来年こそは強くあってほしいと思いながらヤフオクドームを後にしました。

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。