スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『相内誠ほろ苦デビュー』 ~2014.09.13 対東北楽天19回戦

2014/ 09/ 15
                 
西武ドーム 埼玉西武3-8東北楽天

FM NACK5 NOW LIONSより 工藤むつみさんのレポです
        
今年初の借金16となってしまいました。

今日の試合、まず見どころは一番若いバッテリーでしたが

先発は相内誠投手、今日がプロ初登板の高卒2年目、20歳のピッチャーです。

マスクをかぶったのは森選手19歳と若手のバッテリーでしたが

初回、楽天を2アウトまではテンポよくとっていたんですが4番のジョーンズ選手に2ランHRを打たれてさらに2回にもヒット3本を打たれ1失点して

序盤から相内投手3点のリードを奪われてしまいました。

一方、楽天先発の則本投手に対してはライオンズ2回の裏、メヒア選手がHRダービー単独トップに立つソロHR

さらに栗山選手のタイムリーヒットで2点を返してその差を1点にまで縮めることができました。

しかし3回、この回も誠投手ピリッとしませんでした。

ヒットにフォアボールを重ねて最後は押し出しフォアボールで1失点してマウンドを降りました。

誠投手3回途中ヒット6本フォアボールが3つで4失点でマウンドを降りることになってほろ苦い1軍デビューとなりました。

誠投手の次に満塁の状態でマウンドを任されたのが武隈投手

そこはレフトフライに打ち取ってさらに5回まではヒット1本、無失点と

ランナーを出しながらも好投していました。

一方の打線ですが2回に2点をとった後、沈黙してしまいました。

3回から7回まではヒット0

3人で終わるイニングが4回あって、田辺監督代行も試合の後話していましたが

「ここ最近の悪い癖 劣勢の時の淡白な打線が目立ってしまう結果」となりました。

8回には栗山選手と浅村選手の内野安打の間に1点が入ったんですが反撃もそこまで。

好投していた武隈投手の後の中継ぎ陣

6回に豊田投手が2失点、8回9回と岩尾投手が2失点と楽天に合計でヒット17本打たれて8失点。

3-8で敗れてしまいました。

6月11日以来の単独最下位 借金16は今シーズン初なんですよね。

田辺代行も試合後

「今日はクリーンナップが元気なかった

次は活発になることを祈っている

誠は緊張したと思うけどいろんな課題が出て次のチャンス、なんとか今シーズンもう一回チャンスを与えたいと思うので

その次のチャンスに活かしてくれたら」

という話をしていました。

試合前、森選手は

「誠さんの一番の売りはコントロールです」

ということを言っていまして、そんな中で誠投手は

「3回の押し出しが一番悔いが残る

先発として試合を作れなかった

もう一度チャンスがあれば長く投げたい」

と試合後に話していまして、

「1軍の雰囲気にのまれて気持ちで負けていた部分があった

その中でもいい経験で次につなげたい」

と最後は話していましたね。

打線は幸先よく先制しても追加点がとれないことがほんと多いんですよね。

三振の数が12球団で一番多くて、その多さも

中村選手やメヒア選手といったHRバッター以外の選手の三振が目立つということを話していましたね。

明日は先発は野上投手です。



秋グルメに琥珀ヱビス生が登場と知って、電車で西武ドームへ。

140913 (3)
美味い~。

でも錯覚かもしれないのでキリン一番搾りも後程購入して呑み比べ。

錯覚ではなかった。琥珀ヱビスは美味しい。

4回ぐらいにまた琥珀ヱビス買いに行ったら無情の売切れ。

試合前にワンコピンバッチにTRY。

お目当てはもちろん梅ちゃんです。

500円で3回引けます。

140913 (4)
1つ目秋山(初)

140913 (5)
2つ目前川(初)

確率UPとは言え、そう簡単には出ないかぁとちょっと苦笑い。

んで3つ目

140913 (1)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

思わず「わ!出た」と叫んだら係りのお兄さんに「おめでとうございます 森選手ですか?」と聞かれましたが

「いいえ、梅田選手です」と見せたらお兄さんににっこりでした。

140913 (6)
来場ピンバッジは菊池(3回目最多)。偏るなぁ。

140913 (2)
試合は相内誠のデビュー戦。

西武ドームのマウンドは8月19日のイースタンジャイアンツ戦で予行練習済。

期待が集まりましたが、やはり1軍は観客の数も相手のスイングの鋭さも違うのでしょうか。

イースタンで見た時のような投げた後に手先が行き場を見失い、ついつい帽子の庇を触ることで落ち着くというぐらいの大きな腕の振りが見られなかったような気がします。

相内自身も「1軍の雰囲気にのまれた」とコメントしていましたがやはり全然違うんですね。

AJの一発がすごかったです。

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

私も観戦してましたが、素人目にも、誠投手は、セットになると、コントロール、スピードとも悪くなりましたね。若いんだから、これからまだまだチャンスがあると思います。がんばって欲しいです。理想像は、ハマの番長かなって思いました。
匿名さんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

誠投手、時折鋭い球は投げていましたが、やはりセットって課題なんですね。
ランナー背負って明らかに落ち着きのなさが倍増してたように見えました。

もちろん若いし、2軍では結果出せてるしまだまだ右足一歩踏み出しただけ。

三浦投手のようにオーソドックスな息の長い投手になって欲しいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。