スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『最下位は嫌』 ~2014.09.19 対ソフトバンク22回戦

2014/ 09/ 22
                 
西武ドーム 埼玉西武6-3福岡ソフトバンク

2回に秋山の3ベースで先制
4回にはメヒアのタイムリーの後、森の3ラン
6回にメヒアの32号ソロ
先発牧田は5回に柳田にソロ
6回に内川にタイムリーを打たれたが6回4安打2失点で7勝目
9回高橋が連打を浴びるも逃げ切った
        
キャプテン栗山巧決意の一言

「今日は9月19日 西武ドーム ソフトバンクとの22回戦です

22回戦ってことは?2、3、4…この3連戦でソフトバンクとは今シーズン終わりですか?

まぁ、やられてますからねまだソフトバンクには

なんとかこの3連戦やっつけたいなと思います

勝ちましょう

さぁ行こう!」


ソフトバンクと3連戦の後、オリックスと4連戦
田辺代行
「この7試合打ちとしても意地を見せないといけない2チーム相手
あ~やっぱりかぁと思われるような試合をしたくない」

秋山も
「順位が確定するまでは相手どうのこうのではなくて1試合1試合勝つことだけを考えるけれど
意地を見せたい相手
最下位は嫌ですからね」

宮地コーチ
「前回の中田はスライダーを打たれてから2回から配球をフォーク中心に鶴岡がリードを変えて来た
それに対応できなかった
今日はどのような配球で来るのか見極めたい」

高木コーチ
左を並べた打線について
「詳しくは言えないけど中田が左打者に対して特徴の出る投手だから
暴れ馬と言われる投手だけに急に崩れることはあるけど
基本はいい投手なのは間違いない
追い込まれるをあのフォークが来るので仕掛け早く今日は行くと思うよ」
中田投手は被打率対右が.210
対左は.293

牧田
「最近は強くいい球が投げられている
あとはここ一番で投げそこないがある
そこは気を付けたい
岸にはその辺りしっかりとしている」

清川コーチが最近の牧田について
「カーブにしても緩いボールが今年は甘い
緩急を使うピッチャーなのに緩いボールが高めに浮いてしまって痛打されている
あくまでも基本に立ち返って緩いボールは遠く低くというコントロールをしてほしいという話を
先日、牧田にもしました」


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

おとといの日本ハム戦ではレフトへ2本のヒット

レフト前?と…なんでしたっけ?

ああ~!3塁線のヒット! ありましたね、あれ ラッキーでした、ほんとに

ぴゅぴゅっと入ってきたっすね、あれ ラインの方に

今シーズン限りで現役を引退される稲葉選手のHR ほんとに素晴らしい一発でしたね

ああいうバッティングがしたいんですよね

左バッターの理想とする形を稲葉さんはやられるんで

さすが雲の上のレベルだと思います

今日からはホークスと今シーズン最後の3連戦

まぁやっつけてる時もあるんですけどね やっぱりやられてるというイメージの方がホークスは多いんで、

今年最後のこの3連戦なんとか意地を見せたいなと思ってます

中田賢一投手とは今年5度目の対戦

5度目っすか 意外に多いっすね

そんなにしてへんのちゃうかなぁという気してたんですけど

僕は10打数4安打みたいですね

まぁ印象としたらやっぱりあの速い真っ直ぐなんですよ

キレのいい真っ直ぐ で、ランナー出た時にクイックが速い

力でねじ伏せられそうな雰囲気のするピッチャーですよね

イヤなタイプのピッチャーだと思います

西武ドームでは先週から巧御前2014 バージョン2が発売中でございます

ぜひぜひ、迷ったら巧御前をどうぞ 召し上がってください

頑張ります!」


ライオンズ2回に早くも円陣
宮地、高木コーチが中心で指示
土肥さん
「珍しいですね
初回のバントミスでイヤな雰囲気を感じたんでしょうね
作戦面で初回から急に変わることはありえないので
ミスの空気を変えようという円陣ですね」


試合前練習は岡田と
たまにじゃれあいながら


今季16安打
うち長打は8

高木コーチ
「ルーキーとか1年目とか関係なく、バッティングの内容を考えれば中村とメヒアのあとを打つのは森です
森はリード等も大変だろうが
森にはバッティング好きなら打席では切り替えて思いっきってバッティングを楽しみなさいという話をしています」

秋山タイムリー
「前の回守備でミスをしてランナー3塁まで進められたのに牧田さんがそこを抑えて助けてくれたので借りを返したかった
森も2アウトから出てくれたので返せてよかったです」
森のHRはネクストで見てて思わずのけぞる

メヒアタイムリー
「スライダー
打ち損じてしまったけど最低限の仕事はできた」

森3ラン
「外野フライでもいいので1点欲しかったのでただ詰まった分、切れずにHRになりました
追加点がとれてよかったです」

メヒア32号HR
「抜けたフォークボール
牧田さんが頑張ってるので追加点がとれてよかったよ」

牧田降板後
「今日は野手の方たちにいい形で点をとってもらいました
6回は窮屈なピッチングになってしまったので次回気を付けたい」

ファームは利府で楽天戦
6-0で勝利
4回3番木村が四球の後
4番坂田2ベースで先制
熊代の犠飛、林崎タイムリーで3点
6回には熊代のソロHR
7回には梅田が2ラン
先発は藤原が9回5安打10奪三振で完封

高橋
「新人王は一度しか獲れないので獲りたい気持ちはあるけど
2年目の自分なんかが獲っていいのかという気持ちもある」

高橋を発掘したのは当時のスカウト高木浩之
入団前から怪我はあったがそれも含めての入団
ファームでリハビリをしながら調整してファームで投げたらとんでもないストレートを投げてすぐに1軍へ

ヒーローインタビュー

秋山

「前の回情けないプレーして牧田さんに助けてもらって友哉がチャンス作ってくれたのでなんとか取り返そうと思って打席に入りました

積極的に浅いカウントから振りに行けたので、最後はちょっと浮いてくれたけど、打ち気をどんどんしていこうという話をされたので

いい結果になってよかったです


(猛打賞は今季8回目)あ、そうですかw あんまり今年打っている印象がないんで ありがとうございます

いろいろ仕事しなきゃいけないとか、ボールを見なきゃいけないというのはあるんですけど

4打席4球で終わっていいという話もされたのでそれぐらい思いきって行こうと思ってる結果だと思います

勝つしかないのはわかってますしどんどん続けてチームが勢いに乗れるように頑張ります

残り数えるぐらいしか試合はありませんけど、自分たちはあきらめず最後までやっていくので

熱い応援をよろしくお願いします」




「1打席目の2ベースあったから2打席目も打てたのかなと思ってます

HRは追加点が欲しい場面だったので犠牲フライでもと思ったけどよかったですw

切れるかと思ったけど詰まった分切れなかったんでよかったです

スタメンで出させてもらえる機会が増えていろいろ勉強させてもらってますし

すごくいい経験もさせてもらってます

特にバッティングのことは何も考えてないんですけど、どう抑えたらいいかなというのをいつも考えています

いつも銀仁朗さんと岡田さんにはすごくアドバイスをもらってます

銀仁朗さんみたいな捕手になりたいと思っています

今日は素晴らしい声援ありがとうございます

ホークスあと2試合残っていますが絶対勝つので応援よろしくお願いします!」



田辺代行試合後インタより

「1点先制だけじゃソフトバンク打線なんで簡単にひっくり返されると思いましたので

4回にうまいこと4点とってくれたんであれで牧田は結構楽になったと思います

6番森、7番秋山の調子がいいのでなにかやってくれるという期待はありました

森は6番に据えてるのは中軸を還す意味ですがそれにしてもね、すごい

高卒ルーキーでいい働きしてますよ

HRは少々詰まってるんですけど詰まってるから切れずにそのままスタンドに入ったんですけどね

あれが芯で打ってたら切れてファールだと思います

メヒアはここのところ大振りというか変化球攻めでイライラしてる所もあったんですがうまいことフォークが甘い所に入ってくれたんで、見事でした

牧田はもともと速いテンポで投げるピッチャーなんで、森も速いテンポで返すキャッチャーなんで

なかなかいいテンポで投球できたと思います

5回と6回のピンチは覚悟を決めましたがピンチを切り抜けてくれたということで森もいい経験になったと思います

なんとか明日、勝利して最低でも勝ち越したいと思います」



その後の田辺代行のコメント

「森は半詰まり気味でそのままスタンドに持って行くものだから大したものだ

低めの変化球の反応が素晴らしい

普通のバッターだったら空振りしたり凡打するところを森はヒットにしたり

1打席目もそうだけど追い込まれても右中間に持って行く

並みではないね


(森がスタメンマスクで3連勝)

リズムがいい

投手をリズムに乗せるのがうまいね」


おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

(管理人より)

ブルペンの状態がそのままマウンドに反映した試合のように思えました。

ウィリアムスが試合中何度か作ってましたが、球威、コントロールともにすごくいいように見えました。

ミットに収まる音がすごかったです。

いつもより腰の回転が大きかったように思えます。

結果三者三振。

マウンドでも遠目から見てもストレートが唸っていました。

久しぶりにあんなランディを見た気がします。

高橋は今季でもワーストの部類に入る悪さだったと思います。

ブルペンでミットに入る音が全然響いていなかったし、明らかなボール球が行ったり

吉見捕手がちょっと首をかしげて「どうした?」みたいな仕草をしたように見えました。

でもマウンドに上がれば変わるかなと思いましたがちょっと連打されましたね。

途中から岩尾が作り出して

(これもちょっと珍しい セーブシチュエーションじゃないとは言え、高橋が作ってる時に誰かが作るというのは

例えば8回の裏に追加点が入ったら、その日に投げてない場合の増田や武隈が作る時はありますけど)

岩尾の状態の方がいいように見えました。

素人目なのは重々承知なんですけど、ボウデンなんかはブルペンですごい球投げててもマウンドだと全然よくなかったりするのに対して

高橋はブルペンでの状態がそのままマウンドに反映されやすい投手のような気がします。

いつもは気持ちよさそうにストレートを投げ込んでいる高橋がちょっとあんまり気持ちよさそうに投げていないように見えました。

疲れがたまってるという感じとはまたちょっと違う気もしましたが、まぁ素人の勘違いだとは思います。

ただ見ててそんな感じがしました。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。