スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『金子侑司&佐藤勇トークショー』 ~2013クリスマス献血キャンペーン

2014/ 10/ 11
                 
(5周年企画その2は 2013.12.15 本川越駅前広場で行われた『クリスマス献血キャンペーン2013withライオンズ』でのトークショーです
当時の録音と、後日NACK5で放送されたこの様子を伝える番組とを繋ぎ合わせてまとめました
司会進行は山本昇さんと工藤むつみさんです)
        
金子「埼玉西武ライオンズ背番号63番佐藤勇です!」

むつみ「ちょっとちょっとww」

佐藤「西武ライオンズ背番号2番、金子侑司です」

むつみ「ラジオ聴いてる方混乱しますので正しましょう」

金子「本物の金子です」

山本「たすきをお互い逆のやつをかけていたというね」

金子「佐藤君が『やれやれ!』言うからやらされました」

山本「前の方のお客さんから『ウソだ』という声がすごく届いています」

むつみ「誰がやったかと言ったら?」

金子「僕ですね」

むつみ「まずは今年のシーズンを振り返ってもらいます 金子選手いかがでしたか?」

金子「今年1年はルーキーで1年目だったんですけど、開幕からずっと試合に使っていただいて、
いい面もプロ野球の難しい面も感じながら1年間充実したシーズンを過ごせたのでよかったと思います」


むつみ「ライオンズが4月ほんとに開幕ダッシュできたのは、金子選手のおかげだったと思うんですけど」

金子「自分自身は入りたててで一生懸命やっててそれがチームのそういう結果に繋がったんで
それは嬉しかったです」


むつみ「タスキが大きいのか、肩から落ちてくる佐藤投手は?」

佐藤「今年1年はたくさんいろんなこと経験できて、まだ若いんですけど
来年には1軍に上がりたいと思います」


山本「僕ね、新人の入団会見とか過去の映像、例えば活躍された所映ったりしますけど
あの時見ると大概の選手、痩せてるんやなぁと入団当時は思ったりしますけど
佐藤選手、この1年で身体大きくなったとかあります?」

佐藤「体重は上がりました 5kgぐらいっすね 今は82とか83とかです」

むつみ「金子選手はどうですか?痩せた時期ありましたよね」

金子「開幕してから、1ヶ月半で5kg痩せましたね」

むつみ「ええ!5kgってことは60kg台ですよね」

金子「最初っから60kgだったんですけど、64kgになって」

むつみ「178cmで64kg…ふつ~にガリガリじゃないですかw」

金子「今は71kgです」

むつみ「シーズン終盤はウエイトとか、無理矢理食べさせられたりしてましたよね」

金子「キャンプもずっと晩御飯最後まで食べてました」

むつみ「食が細い方なんですか?」

金子「あんまり食べられないんで プロ入るまでずっと腹6分目ぐらいで終わらせてたんで」

むつみ「よく胃を鍛えられると言いますが」

金子「そうですね、はい…」

山本「好きな食べ物は何ですか?」

金子「ピザです」(即答)

むつみ「ピザってスポーツ選手としてはどうなんですかね?ピザ好き」

金子「いや、でも…ピザ美味しいですよね?」

山本「あははは!そんな振りあります?ww でも美味しいですけど」

むつみ「佐藤選手も体重上げたのは食事の面でも頑張って」

佐藤「キャンプの時はたくさん食べさせられました」

山本「誰に食べさせられるん?」

佐藤「コーチですね」

むつみ「名前は言えないけど」

山本「太ももとかだいぶん太くなったとかあるんですか?」

佐藤「まぁ、結構大きくなりました」

山本「服も入らんようになったりとか?」

佐藤「そうですね、ジーパンとか」

むつみ「おしゃれ番長の金子選手はそういうの許さなそうですよね、ジーパンが入らなくなるとか、合わなくなるなんて」

金子「いやぁ、もうでっかくなったらでっかくなったでそれなりのおしゃれはあると思いますし
僕は、あんまりでかくはならないですw」


むつみ「走るのが売りだと、変に筋肉ばっかりつけるというのもちょっと違ったりしますよね」

金子「そうですね スタイリッシュに強くなっていきたいんで、そっちで頑張ります」

むつみ「聞きました?みなさん スタイリッシュですよ スタイリッシュな野球選手を目指して」

山本「いやぁいいと思います」

むつみ「お2人とも初めてのプロ生活で初めての寮生活だったと思いますが
実家を離れての寮生活はいかがでしたか?」

金子「22年間、プロ野球に入るまで、ずっと実家で暮らしてたんで、京都で住んでたんで
初めて関東に出て来て、寮ですけど一人で生活するようになって、楽しいです」


むつみ「関東と関西で食事が合わないみたいなことはありませんでしたか?」

金子「最初はちょっと濃いかなと思ったんですけど、慣れて、寮の御飯も美味しかったのでよかったです」

佐藤「自分は最初、離れるが寂しかったですけど、いい先輩とかたくさんいたんで」

山本「誰がいい先輩ですか?」

佐藤「あ~まぁ…隣にいる金子さんとか」

山本「とってつけた感がハンパないっすよw」

佐藤「同期の人はみんな優しいですね」

むつみ「一番若いといろいろ雑用とかも」

佐藤「そうですね たくさん…」

山本「ちょっと表情曇りましたけど」

むつみ「オフの時は金子選手に遊びに連れて行ってもらったりしてるんですか?」

佐藤「金子さんとはあんまり…」

むつみ「1軍と2軍で違ったり、投手と野手で違ったりね」

佐藤「レベルがまだ全然なんで」

むつみ「遊びに連れて行ってもらえるレベルが」

佐藤「はい、違いますね」

金子「20歳になったら行こかw」

佐藤「お願いします」

むつみ「どこに連れて行くんでしょうかw じゃあ、休みの時はそんなことをしてますか?」

金子「僕は休み前とかは、チームの人や友達とご飯行ったり、ちょっと飲みに行ったりとかして
休みの日はゆっくりして一人で買い物とかぶらぶらしたりしてます」


むつみ「どの辺に出没するんですか?」

金子「都内ですね」

むつみ「みんな行くかもしれないですけど」

金子「見たら声かけてくださいね~」

山本「声かけていいんですか?」

金子「大丈夫です」

山本「約束ですよ」

金子「声かけてください」

むつみ「佐藤投手はオフの日は?」

佐藤「たまにご飯行ったりとか友達と、先輩とか
ほとんどは寮にいますね
疲れとるために、お風呂に浸かったりとか
身体のことを考えて」


山本「お風呂以外はなにしてるんですか?」

佐藤「テレビ見ながら寝てますね」

山本「おじいちゃんみたいですね!お風呂入ってテレビ見てw」

むつみ「今回は献血キャンペーンということで、お2人の共通点として同じB型なんですけど
お互いにB型らしいな、自分B型だなと思う所ありますか?」

金子「ほんとに佐藤君マイペースなんで、芯があるというか、ぶれないとこはB型っぽいなと思います」

むつみ「佐藤さんから見て、金子さんBだなって思う時は?」

佐藤「あ~…」

(会場笑)

佐藤「なんっすかね、自分で行動するところとかですかね、そこら辺ですかね」

金子「ありがとうございます」

むつみ「そろそろクリスマスも近いということで、金子さんご予定は?」

金子「今年も来てしまいましたか… 寒いっすねぇ」

山本「イヤですか?」

金子「寒いですね…ここ2年間は寒いです」

山本「じゃあ何しましょう?」

金子「実家に帰ろうかなと」

むつみ「家族や友達と一緒に」

金子「ささやかなパーティーを催したいかなと」

佐藤「自分も寒いっすね…」

山本「あの、ほんまに哀しくなるトーンはやめてもらえますか?」

佐藤「ほんとになんもないんで、クリスマス ちょっと探します 楽しいことを探します」

山本「これ、毎年聞いてるんですけど、ルーティーンって選手でやるじゃないですか
去年出てもらった選手は2人とも、右足からベンチの階段上がると
十亀投手は右足でライン跨いでマウンド上がると
2人は何かあります?」

金子「ないですね」

山本「ない!?」

むつみ「これを食べるとか」

金子「ないです 逆に作んないですね 日によって全然違いますし、気分も勢いもノリも違うんで」

山本「いい時もそれはそれで終わったことでみたいな」

金子「そうですね」

むつみ「さすがスタイリッシュ」

山本「かっこええ!ありがとうございます 佐藤さんどうですか?」

佐藤「自分もないっすね」

山本「ええ?違う意味でええ?!靴下右から履くとかない?」

佐藤「全然そんなん」

むつみ「今日先発だと言われてもいつもと同じ感じで」

佐藤「いつもと同じ感じでマウンドに上がって」

むつみ「最後に来シーズンへの抱負を一言ずつお願いします」

金子「今年は1年間通してずっと1軍にいて試合に出ることができなかったので、来年は絶対レギュラーを獲って
1年間みなさんがいつ球場に来ても僕が試合出てるように頑張りたいと思います
応援よろしくお願いします」


むつみ「数字の目標は?」

金子「まずはしっかりレギュラーを獲るということを目標にしてるんですけど、
1つ自分の中で盗塁というのはすごくどんどんやっていきたいなと思ってるので
近いうちに盗塁王は獲りたいなと思います」


佐藤「今年は1軍に上がれなかったので、来年は必ず上がって、ここにいる人たちに応援されるような素晴らしいピッチャーになりたいと思います」

(この後、献血クイズなどがありましたが割愛します
そしてさらにちょっとトークと質問コーナーがあったんですが、
私はもうイベント終わったと思って献血してましてそこは録れずでしたが
NACKの放送でその部分が一部放送されました)

質問(6歳の男の子)「佐藤勇はどこに買い物に行ってるんですか?」

山本「え!呼び捨て?ろ、6歳」

佐藤「池袋辺りっすかね」

(男の子)「ちなみに金子さんは?」

山本「さん付けで来たよ、さん付けで」

むつみ「ちなみですけどw」

金子「ちなみにですけど、僕は渋谷、表参道、原宿辺りをよくぶらついてます
ウオーリーを探す前に僕を探してくださいw」


(男の子)「…はい」

山本「では最後に一人ずつ、メッセージをお願いします」

佐藤「ここにいる全員が献血してもらえるように、お願いします
あと、西武ドームで投げる日を楽しみにしててください
ありがとうございました」


金子「西武ドーム集客最大人数3万人
それを越える3万5千人の皆様に今日はお集まりいただき、誠にありがとうございます
こんなに大勢の人の前でしゃべるのはなかなか緊張したんですけど楽しかったですし
献血について自分自身ももっと積極的に参加していけたらいいなと思います
みなさんもぜひ、献血に参加していただいてより良い世界をみんなで作っていきましょう
本日はありがとうございました」


むつみ「緊張のきの字も感じられませんでしたが」

山本「金子さん、打席で緊張とかしないんですか?」

金子「あんまりしないですね」

山本「佐藤さんどうですか?緊張とかします?」

佐藤「かなりします」

むつみ「だってマイクの持ち方ずっと両手ですからね
可愛いという声も飛んでますよ 狙いなんじゃないですか?
あれあれ?隣の…」

(金子も両手マイク持ち 会場の男性から「可愛い!」の声が飛ぶ)

山本「佐藤さん、金子さんでした ありがとうございました~!」

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。