スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『岸、今季初白星』 ~2014.04.15 対北海道日本ハム1回戦

2014/ 11/ 02
                 
(まとめていなかった試合、4月15日の日ハム戦を振り返ります
その前に)
         4試合目
4月1日 マリン ロッテ1回戦

西武6-2ロッテ

涌井と初対戦
先制されるも2回に金子と木村のタイムリーで逆転
さらに追加点を重ね、8回にはランサム、9回には浅村がHR
チームは今季初白星

5試合目
4月2日 マリン ロッテ2回戦

西武3-1ロッテ

初回に3点先制、野上が好投、最後十亀に自作自演劇場にヒヤリ

4月3日 マリン
中止
雨男岡本洋介本領発揮w

6試合目
4月4日 京セラ オリックス1回戦

西武0-3オリックス

岸と金子千尋のエース対決
金子千尋の前に打線沈黙
前日流れた洋介も登板

7試合目
4月5日 京セラ オリックス2回戦

西武1-4オリックス

菊池がペーニャに特大の3ランを食らう
打線は木村のタイムリーのみ
スタメンに5番ファースト鬼崎

8試合目
4月6日 京セラ オリックス3回戦

西武2-3オリックス

レイノルズ粘投、秋山浅村タイムリーも一歩届かず
オリックス戦3連敗

9試合目
4月8日 西武D ソフトバンク1回戦

西武3-4ソフトバンク

5回に浅村の2点タイムリーで先制も
6回に先発牧田が2点を失い同点
7回に鬼崎のタイムリーで1点勝ち越したが
9回松田の逆転2ラン 十亀リリーフ失敗
ランサムがナカジのヘルメットをかぶる

ちなみに前日、西武がラミレスを調査というニュースも流れた
そしてLCから鈴木健さんが卒業

10試合目
4月9日 西武D ソフトバンク2回戦

西武6-3ソフトバンク

木村が初アーチ 十亀は前夜の雪辱で連敗4でストップも
好調鬼崎が自打球当てて交代

11試合目
4月10日 西武D ソフトバンク3回戦

西武3-13ソフトバンク

洋介が序盤でKO 
ウィリアムスが3四球と乱調で大敗

ドームの中がとにかく寒かった
ダグテラもFVも空席が目立っていました


そして迎えた
12試合目
4月11日 札幌D

ここまでチームは3勝8敗と借金5

「打線で大きいのを期待できるのが浅村だけ」
と言われる中、その浅村は体重4kg増がネックになってるともささやかれる中
チームは札幌でファイターズとの3連戦です

金曜日ということでNACKのライオンズレポートはなし

文化放送 ライオンズナイターより

実況:高橋将市アナ
解説:土肥義弘さん
レポーター:飯塚治アナ

正午の札幌が4.4℃
朝には雪が降った

前日は13失点の大敗
田辺コーチは「打線に何かきっかけが欲しい」

スタメンは
1 ライト 熊代
2 レフト 木村
3 DH 栗山
4 セカンド 浅村
5 サード ランサム
6 センター 秋山
7 ファースト 渡辺
8 キャッチャー 炭谷
9 ショート 金子

先発 岸

相手先発は吉川

共にここまで勝ち星なし

ランサムは初の5番


キャプテン栗山巧 決意の一言

「今日は、4月11日 札幌ドーム 日本ハムとの1回戦です

移動ゲームということで体調面にね、厳しいなぁと思ってる選手もいるかもしれませんけど

勝たないと話になりません

今日は勝ちましょう

さぁ行こう!」



打撲で欠場が続いてた鬼崎
この日登録抹消
田辺コーチ
「昨日松葉つえを突いていたし
重い打撲だ
痛みと腫れが引かないのであれじゃ走れないだろう
復帰までは10日から2週間はダメかもしれないな…」
(しかしもっと長引くことに)
代わりに登録されたのは武山

岸はここまで開幕2戦勝ちなしだが味方の援護が1点しかない
岸本人はそれほど背負ってる感じはなく
明るくふるまっている
先日も
「残念ながら菊池と2人で札幌に前乗りです
移動も食事も菊池と2人で
残念ながら2人です
ちゃっちゃっと食事も軽く済ませます」

初回に熊代が初球を右中間へ運びヒット
木村が送りバント成功
土肥さん
「木村選手、小技も非常に上手いですね
伊原監督もバントは木村がもしかしたら一番上手いんじゃないかと言ってます」
その木村は
「今はいろいろと覚えてる最中です」

岸に援護するために田辺コーチも
「仕掛け早く先制点をあげたい
ただ、なかなか1、2番が機能しないし
クリーンナップを厚くすれば1、2番がいないし」
と悩み

栗山
最近5試合でヒット6本
状態が上がって来ている

岸はここまで14イニング投げて失点自責ともに5

炭谷
「岸さんはキャンプの時からストレートがいい
去年と比べて特別いいと言うわけでもなくて
いい状態の岸さんが開幕2試合で続いてるかなという感じがします
状態がいいので試合に入ったらごちゃごちゃ細かいことは考えずに行きたい」

炭谷
ファイターズ打線の印象は
「これと言って特別ないんですよね
ただ、札幌ドームの岸さんは非常に抑えてるイメージがあるんで
今日はやってくれると思いますよ」

清川コーチ
「岸はスピンのかかったボールを投げられているので打者の手元で非常に伸びている
ここまでは及第点」

岸も
「逆球にとにかく気を付けたい
逆球があってしまうと配球にならなくなるので
ストレートの逆球を気を付けたい」

秋山の状態について田辺コーチ
「打たねばならぬ、打たねばならぬという力みでバットが出てこない状況になって来ている
ここのコースを打ちなさいと指示したボールにバットが出てこない」

金子
「おとといぐらいから自分の中ではバッティングの感じはよくなっています
毎日考えながらプレーをしています」
吉川の印象については
「真っ直ぐで押してくるイメージ
それに負けないようにしたい」

田辺コーチ
「若い選手が多いからなんとかしないとと力みがある
勢いが出てくればね」

木村
「チームはこういう状況ですが、自分としては順調に来ていると思います
しっかりバットも振りきれています」

田辺コーチは木村について
「非常にいいよね
打球を見てると魅力的
今はいろいろ細かいことは言わないようにしている
言いすぎると考えこんじゃうから」


栗山巧今日のNO.1

「こんばんは 栗山巧です

今日の札幌は晴天でしたが、冷たい風が吹く、寒い一日です

飛行機がものすごい、揺れてはないんですけど、風の音がすごくてですね

バスの高速道路を通って来るんですけど、びゅうびゅうって言ってました

開幕投手、エース岸

3試合目ですか、登板 ほんとに早く白星をつけてあげたいと

岸がね、0で行ってくれたら1点とりゃ勝ちなんで

と言わずに5点、とってあげたいと思います

吉川投手の印象はとにかく真っ直ぐキレありますし

スライダーもキレると

手の付けようがないっていうようなw そういう印象あるんですけど

とにかく甘め甘めですね

甘めに設定して甘めの球を打ちに行くと

ちなみに去年は5打数2安打です

ここ5試合で6本のヒット

段々と調子は上がってきている実感はあります

これを続けていくしかないと思いますんで1日1本、やって行きたいと思います」



鬼崎の代わりに登録された武山
当日移動で札幌入り
試合に間に合うかどうかといわれるぐらいの移動だった
練習には間に合わずも炭谷に代わって試合中の岸の投球練習の相手も務め
試合には間に合った

「こういう当日緊急移動の場合は用具係さんもいないため
用具も全部自分で持ってくるのでスーツケースやら野球道具を一人で持って札幌に駆けつけることになる」
とは解説の土肥さん

鬼崎の自打球は右ひざ内側下辺り
「あと10cmすね当てが長ければあそこまでの痛みにはならなかった」
との声

金子
「走攻守いろいろ吸収している時期ですが今意識してるのはバッティングです」


ファームは鎌ヶ谷で日ハム戦
2-5で敗れた
先発は武隈
初回に先頭2ベースを打たれた後、キャッチャー森の悪送球で1点先制される
4回にも森本にタイムリーを許したがその他のイニングはランナーを出しながらも連打を許さず
7回を投げて6安打1四球5奪三振2失点で降板
キャンプ中に左足を痛めて離脱した山川が4番サードでイースタン初出場
ショートフライ、サードゴロ、ショートフライ、空振り三振で4打数ノーヒット
森は3番キャッチャーでフル出場でノーヒット
2試合連続HR、2試合連続猛打賞の梅田はこの日も4打数2安打
7年目初の1軍昇格に向けて奮闘中

熊代
「バッターとしていろんなことを取り組むんではなくて
まずセンターから右、セカンドの頭上辺りに打球方向を決めて
そこに打つということを徹底的に春のキャンプ、OP戦でやってきた
インサイドに来れば後は身体の反応で打つだけ
とにかくその打球方向へ打つことから始めてやってきました」

岸について清川コーチ
「今日は真っ直ぐもいいし、カーブのキレもよくなっている
なにより全体のバランスがどんどんイニングを増すごとによくなっている」

試合は
西武5-2日ハムでライオンズの勝利

2回表にランサムが2塁打の後
直人がレフトにタイムリーで先制
「打ったのは真っ直ぐです
アキが進塁打を打ってくれてチャンスを広げてくれたので気持ちで打ちました」

金子の振り逃げが悪送球を誘い直人がホームインで2点目
岸がリードの場面で投げるのは今季は初

8回表木村がレフトスタンド中段に第2号ソロで3-0
「スライダーです
2打席結果が出てなかったので積極的にストライクを狙って振りに行きました」

さらにランナー2人置いて直人がタイムリー4-0
この時、陽岱鋼が打球処理を誤って5-0

岸は3回から7回まで三者凡退
8回に陽岱鋼に2ランを打たれたが
完投で今季初勝利

ヒーローインタビュー



・今シーズン初勝利を完投で飾りました岸投手です
ナイスピッチングでした

「はい ありがとうございます」

・今日はどんな思いの中、上がったマウンドでしたか?

「え~と開幕2試合は先制点とられてたんで、先に点をやらないようにと思って
投げていたら先にうちが点とってくれたんで、楽に投げられました」


・今日の9イニングのピッチングを振り返っていかがでしたか?

「いい所もあり、悪い所もあるんで、しっかりと次に向けて反省してしっかりと調整していきたいなと思います」

・岸投手の好投に応えて打線も5点とってくれました

「うん…ありがとうございます」

・去年も札幌ドームで相性よかったですけど投げやすさというのはあったのでしょうか?

「投げやすいです 広いし、マウンドも高いので、なんかすごく気持ちが楽になります」

・初勝利をチーム1番乗りの完投勝利ですけどそれについてはいかがですか?

「チームが勝ったのでそれだけで充分です」

・最後に今シーズンの意気込み、ファンのみなさんにお願いします

「まだまだこれから続くんで、みんなで力を合わせて頑張りたいと思います」


岸は去年から札幌ドームは4戦3勝目
打者33人 131球 3被安打 2四球 1死球 失点自責2で今季初勝利を完投で掴んだ

2時間32分はここまでパ・リーグ最短試合

試合後の伊原監督コメントのレポはありませんでした

翌日の予告先発は
西武菊池雄星
日ハム大谷翔平

です。

(次は4月15日の県営大宮でのロッテ戦を振り返ります)

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。