スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『銀さんに言われたこと』 ~菊池雄星インタビュー

2014/ 11/ 03
                 
(2014.11.03 LEX 松島アナ)

今週から宮崎南郷キャンプ開始予定

先日の土日に炭谷銀仁朗ライオンズ残留のニュースも
        
インタは菊池雄星

今季23試合に先発 5勝11敗 防御率3.54

(・は槇嶋アナ)

・この秋の練習のテーマは?

「まぁ、毎年なんですけど、とにかくフォームを固めるってことです」

・フォームについてはこの1年間いかがでしたか?

「後半になってよくはなった来たんですけど、

それでも1試合1試合、1球1球、違うフォームで投げていたかなという感じはします」


・南郷キャンプでもその辺り取り組みたいと?

「2人の新しい投手コーチが熱心に教えてくださってるので、いろんなことを吸収して、やりたいなと思います」

・今シーズンを振り返って、どんな1年でしたか?

「悔しさしかないですね

本気で優勝したいという気持ちでいましたし、

去年優勝争いの中で怪我をしてしまったというのがあって、なんとしても優勝したかったですね」


・今シーズン一番印象に残った試合、ピッチングはありますか?

「オリックス戦で14個三振をとった時に、あの試合がいいきっかけになって、

そこから気持ちよく投げられたかなという感じです」


・どの辺りが変わって来たなと感じました?

「何かはわからないんですけど、その前の試合打たれて、銀さんに呼ばれて

『ちょっと、考え過ぎじゃないか、ミット目がけて全力で投げて来い』と言う話をしてもらった後だったので

個人的な感情ですけど、そう銀さんに言われた後にああいう投球できたのが嬉しかったです」


・がむしゃらになって投げるみたいなとこに気付いたという所ですかね

「銀さんに『お前のいい所はとにかく腕振って投げる所なのにいろんなこと考えすぎてるよ』

という話はしてもらってたんで」


・あの試合は9回無失点、14個の三振でした 14個三振を奪ったということに関してはいかがですか?

「高校野球でもなかなか僕は14個って記憶にないぐらいなんで

いい球が行けばああいうふうに多く三振取れるものなんだなぁというのは気付きました」


・あのゲームはワインドアップからのピッチングで力が抜けていたように思えたんですが、ワインドアップに関してはいかがですか?

「そっちの方がコントロールも安定するかもしれないですけど、

松坂さんとかに憧れて野球を始めて、ワインドアップってかっこいいなと思いながら

そこは個人的なロマンでしかないんですけどこれからも続けていきたいなとは思います」


・今シーズンはストレートの球速が最速154km/hまで行きました この数字には何か意識はありますか?

「試合では意識はしないんですけど、練習では僕トレーニングが好きで、

筋トレは毎日欠かさずやるんですけど、そこのモチベーションとして、

『これが終わったら155km/h投げられるかもしれない』とか、スピードアップのことをイメージすると、楽しくやれるんでっていうぐらいのモチベーションですかね」


・ゲームの中で数字を見て、おお!とかいう気持ちにはなかなかなりませんか?

「いや、それはやっぱり意識しますし、出ないよりは、越したことはないので、気にはしてます」

・もうちょっと伸ばしたい気持ちはありますか?

「もちろん、高校の時に155まで出てたので、まずそこを目指して

1年1年少しずつ球速が上がってるので、という気持ちもありますね

156か157が日本人の左ピッチャーの最速なんで、そこを意識してないわけではないですね」


・今シーズンは森友哉選手とのバッテリーもありましたが、年下を相手に投げるっていうのはどんな気持ちでした?

「情けないとこを見せられないというのが一番でしたね

表情だったりとか、伝わると思ってますし」


・リード振りはどんなものですか?

「僕は、困ったらストレートという感じがすごく好きでしたね あんまり考えずに」

・来シーズン以降も雄星投手が引っ張る形で?

「もちろん年齢は年上なのでそういう気持ちも忘れずにはいたいし

ただ、森も経験積むことによって、先輩後輩というのなく、言いたいことを言えるバッテリーになりたいなとは感じてます」


・来シーズン目指すピッチングのスタイル、目標は?

「ストレートでバッターを抑えるというのがやりたいピッチングなんで

もちろん変化球も練習するんですけど、見てて気持ちいいようなストレートが

投げてて気持ちいいようなストレートが投げられればなと思います」


・来年に繋がる、何かいいものが今シーズン見つかりましたか?

「負けてばっかりでしたけど、この負けがあったからと来年言えるように

オフにしっかり練習したいなと思います」


・ファンにメッセージをお願いします

「来シーズンはチームとしても、僕自身も、優勝と、それに貢献できるように頑張りたいと思います」


スタジオの岩本勉さん
「素材で言うと日本一の左ピッチャーですからね
あれだけやわらかいフォームで、左の特徴を活かせるピッチャーは少ないよ
球速いでしょ 柔軟やし
彼は理想がすごく豊かなピッチャーなんで 理想と現実ってあるじゃないですか
実際現場で、現実にぶち当たった時に、その理想と違った時に出せる引き出しを用意しとくことですね
現実と戦ってほしい
理想ばっかり描いて首をかしげるマウンド上の姿ってよく見るでしょ?
そうじゃなくて、現実とぶち当たった時に現実と戦える準備をこのオフシーズンからキャンプと時間を過ごしてほしいですね
理想通りそのまま行けばいいんですよ
ビックリするぐらいのピッチングするやん
14個三振とったりとか」


球団からウィンターリーグ参加選手発表
福倉、佐藤、宮田、誠、藤澤の5人
オーストラリアのメルボルンエイシズに参加

明日は浅村のインタです

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

(管理人より)

私がこのブログを書き出した時のドラ1が菊池雄星なんですね。

プロになってからの雄星の言葉というのは全部とはいかないまでそれなりに追って来て

その内容を全部憶えているわけじゃないけど

今日このインタを聴いて改めて文字化して

「あ、雄星の言うこと変わって来たなぁ」と思いました。

上手く言えないんですけど、ちょっと地に足がついて来たというか

「言葉が等身大になって来た」というか。

ルーキー当時からどこか自分を大きく見せようというか、「先に言葉ありき」みたいなとこを感じてたんですけど

(もちろんそれはかっこつけとか、先走りじゃなくて、発奮材料だったり周りの期待通りの菊池雄星であろうとしていたからかなとか思うんですけど)

今回のインタは今の菊池雄星の現状がよく出てるなぁと思いました。

言葉に重みが出て来た感じがします。

今季5勝11敗 6つの借金ですけど、この6つが雄星をもう一段上に上げてくれたのかなぁと思いました。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

甘口さん、こんにちは。いつもありがとうございます。
雄星選手、確かに確りしてきたなという印象ですね。理想と現実をしっかり見据えて発言してる気がします。
そして、やはり銀ちゃんの存在。菊池投手にずばりと言える銀ちゃんは、ライオンズに必要な選手だなと思います。残留を決めてくれて、本当に良かったです。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。