スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『赤田将吾2軍育成コーチトークショー前編』 ~ライオンズサンクスフェスタ2014

2014/ 11/ 23
                 
(2014.11.23 ライオンズサンクスフェスタ 文化放送ブースにて

サンクスフェスタに行ってきました。
        
今年はドームに着いたのは10時40分というスロースタート。

すぐにルーキートークショーが始まり、スタンドでボイスレコーダーで録音しながら見ていたのですが

文化放送のブースで行われる予定の赤田将吾コーチのトークショーが気になっていました。

でも次のバッテリートークショーに出るであろう炭谷の声も気になります。


来る時に前を通った文化放送のブースには例年以上の人だかりができていました。

今から行っても、もうよく見えないかもしれません。

でも音声だけは聴けるかも。

ルーキートークショーが終わった時、ボイレコを録音状態にして席に置いたまま、

スマホを持って文化放送ブースに走り出しました。


文化放送のブースでは土肥コーチのトークショーが行われていました。

途中から秋山も合流。


それが終わってから赤田コーチのトークショーです。

これが今回唯一と言っていいぐらい最初から最後までまともに録音できたものかもです。

スタンドトークショーは他のイベントの音声とかも入ってきて、声の小さい選手とかだとよく聴き取れない部分があるので。

なので、まずはこの赤田コーチのトークショーをまとめたいと思います。

・は進行の飯塚アナ 会場の様子、声なども入れたいと思います。)




♪ずんじゃ~ん ずんじゃじゃじゃ~ん 赤田将吾の暴れん坊将吾 ちゃ~らちゃららら~ちゃ~らららら~らん♪のSEが流れ


・続いてのゲストは赤田将吾さんです

(会場大拍手 「あかだ~」「おかえり~」の声が飛び交う)

・16年間の現役生活に別れを告げましてこの秋からライオンズの育成コーチとして2週間、3週間というところですけどライオンズ復帰となりました みなさんいかがでしょうか?

(会場「頼むぞ~!」「お帰り~!」 大拍手)

・おかえりという声が上がってますけど、先ほどこちらに向かう間に握手を求められたりされてました ライオンズに復帰された今の気持ちはいかがですか?

「5年ぶりにライオンズに復帰させてもらうんですけど、5年間の間も西武ドームで試合やる時とかも、すごい、僕に対しても『頑張ってくれ』とかの応援がレフトスタンドからいただいてたので

それはず~っともう5年間変わりなく、先ほどもここに来る間も握手していただいたりとか、すごいやっぱり、あったかいですよね」


・ファンのみなさんを目の当たりにして、ライオンズファンはあたたかい、そして熱いなという感じがありますか?

201411231.jpg
「そうですね ファン感の人数もすごいですし、近いですね、ここってw 緊張しますね」

(会場笑い)

・みなさん相当間近にいますので 16年という現役生活を終えられていかがですか?

「16年っていう長い間やらせてもらって、またユニフォームを着て現場でやれるっていうので、またここから違うステージで頑張りたいなと思います」

・今、身体の方はどうですか?現役生活様々な怪我で悩まされましたけども

「めちゃくちゃ調子いいですね」

(会場笑い)

・そうですか

「全然どこも痛くないし」

・どこも痛くないんですかw

「全然痛くないです」

・足首だったり

「全然ないっすねぇ」

・3週間育成コーチとしてされましたけど、来年育成コーチをしながら、気がつけば支配下登録されるなんてのは

(会場爆笑)

201411232.jpg
「わはははww」(将吾もこの笑顔)

・気がつけば、秋口には1軍でプレーなんてのは?

「枠…ありますからね」

・枠がある!

「いやもうダメっしょ」

・あ、ダメですかw 密かにそういうことあってもいいのかなというのは…ダメですか?

「いえいえww 僕自身はもうないっすね」

・ただ、秋の練習では残留のみなさんと一緒に シートバッティングでは赤田さん自ら打席に立って

(会場「おお~!」)

・左打席に立って、カンカン打ったと

「はい、ヒット打ちましたね」

・どの投手から打ったんですか?

「山口…」

・山口投手から打っちゃったって感じですか?

「打ちました まだ1ヶ月ですからね辞めて」

・キレよく

「キレw まぁでもいいピッチャーですよ」

・育成コーチとして3週間残留の選手の指導に当たられましたが目立った選手はいますか?

「いやぁでも、全部南郷の方に連れて行かれてたんで、残留のメンバー少なかったんですよ 野手2人しかいなかったです」

(会場笑い)

「どうですかと言われても でも2人ともすごく頑張ってましたし、光るものはあったんで、まぁ担当として駒月外野手はすごいパワーもありますし、

守備もうちょっと頑張ったら、面白いなぁというのは思いました」


・若手の皆さんは南郷キャンプに全員行って、朝から晩まで打ち込みしてましたからね

「その分こっちは2人で、内容濃くやってました」

・それはどういう練習されるんですか?2人対1人の育成コーチは

「いや、コーチ5~6人いましたからね それに対して2人」

・全員のコーチの目が集中する

「だから全く抜けないんで、午前中は守備やりっぱなし 午後打ちっぱなしで内容濃く

たぶん、南郷のメンバーよりバットを振ったと思います」


(会場「おお~…」)

・それは頼もしいことですよね

「そうですね」

・ライオンズナイターでは先ほどの登場曲、暴れん坊将吾のコーナーで

「懐かしいですね」

・もう1回流しましょうか

「もういいんじゃないですか?」

(会場爆笑)

・せっかくですからw

(会場大盛り上がり「流しちゃえ!」の声が飛び交う)

201411233.jpg
(将吾も照れ笑い)

「もうこれ熊代でしょ?」

♪「ずんじゃ~ん ずんじゃじゃじゃ~ん 赤田将吾の暴れん坊将吾」

(会場拍手)

「なんかこれ、声が若いですね」

・これおいくつぐらいですかね 今34歳でいらっしゃいますが20…?

(会場「5、6?」)

・もっと若い?

201411234.jpg
「ええ」(声の方を向いて)

・22~3?

(会場「10年前!」)

・あ、10年前ですか 調べてない私もどうかなと思いますけど

(一同笑い)

・10年ぐらい前ですから、23~4の頃 どうですか?自分でお聴きになって

「声が若いですねぇ たぶん、スレてなかったんだと思います」

(会場笑い)

・今もスレてな~いw いい指導者になると思いますけど

「いいえw」

・この暴れん坊将吾、そして中島裕之の今日も一発やったるでがライオンズナイターの選手のコーナーの走りでしたよね?

「まぁそうですね 試合前に、すごいプレッシャーはありましたけどね

しゃべって、こいつら打たんくて何してんねん?みたいな そういうのあるんで

『これは試合しっかりしないと』っていうのはナカジと2人で言ってました」


・あ、そうですか!その実、プレッシャーを感じて

「感じてましたよ」

・試合前ですから公言みたいになってしまいますもんね

「そうですw」

・今日絶対打ちますみたいなこと言ったら

「試合前だとあんまり言えないこともあるし」

・あのボールを打ちますとか言えないですもんね

「ね、相手聴いてたらそれと違うボール投げて来ますからね」

・時に、選手のみなさんライオンズナイターのインタビューコーナーで、狙い球ですとか、このボールは気をつけるっていうのを言う、言えないで
『言ってしまうと相手チームが聴いてると悪いから』って言うんですけど、たぶん聴いてないと思うんですけど

(会場爆笑)

・聴いてますかね?

「聴いてないですかね、ラジオは」

・どうですかね?

「聴いてる可能性もあるんで」

・もし聴いてて、相手ピッチャー例えば金子千尋投手とかが、『あ、じゃあ今日カーブやめとこ』とかならないんじゃないかなと

「選手じゃなくても、裏方さんとか聴いてて『あれ狙うらしいぞ』とか 情報は今すごいあるんで」

・赤田選手はカットボール狙いに来るぞという話が

「嘘を言ってもよかったんですけどね、今思えば」

・あ、そうですよね

「でもそんなスレてなかったです」

(会場笑い)

・全てがそのまま伝わるんじゃないかと思ってたんですね

「そうですw」

・そして赤田さんには『暴れん坊マンデー』という、これもシーズンオフ、半年間にわたって、30分40分の番組を担当していただいた時期もありました
これも今となっては楽しい思い出、経験ですか?

「まぁ楽しかったですねぇ 楽しかったですけどその分練習してたらもっと長くやれたんですかね」

(会場笑い)

・いやまぁ、週一回の30分でしたから…そう言われると私どもも反省しなきゃいけないんですけども
若い頃の涌井投手ですとか、中島選手ですとか、もちろん中村選手、栗山選手、そして片岡選手も遊びに来ていただいて

「たくさん出てもらいましたね あれでみんな成長していきましたからね」

(会場笑い)

・赤田さんの番組を通して

「踏み台にして」

(会場笑い)

・そんなことはないですけどw ともに切磋琢磨して 涌井投手にいたっては本番始まる直前に急にマイクを解体し始めたりしてましたよね

201411235.jpg
(将吾笑いながら何度もうなずく)

「上の部分を外してましたからねw」

・これから始まりますよと言うんですけどマイクを取り外しにかかったりですね

「今でもやんちゃですからね」

・中島選手も『無人島に行ったら何を持っていきますか?』と言う質問の答えが『上着!』って言いましたからね

(会場爆笑)

「『寒かったらどうするんですかぁ?』って」

・あれは10年経っても忘れられない

「そうですねぇ…天才です」

・赤田さんはどんな印象がありますか?あの『暴れん坊マンデー』という番組に関しては

「クイズもやったり、野球界以外の、長谷川穂積と対戦したりとか

あいつでも、ボクシングのゲーム対決したんですけど、僕が勝ったらチャンピオンベルトをくれるって言ったんですよ

1ラウンドKOしたのに、いまだにもらってないです」


・まだ届いてないんですか?

「まだ届いてないです」

・それ宅配業者の方が遅れてるだけでなくて?

「ww ちょっとメールで確認してみます」

・でも長谷川穂積選手とは同級生と言うことで、番組に遊びに来ていただいて、ボクシングのゲームで対戦して、勝ちましたもんね

「勝ちましたよね、世界チャンピオンに」

・普通に勝ちましたよね

「(笑いながらうなずく)」

・チャンピオンベルトまだ来ないですか?

「まだ来ないです」

・クイズ王決定戦では同級生の小野寺力投手が気がついたら優勝したのに着ぐるみの象さんでしたかね?

「そうですね 逆に罰ゲームみたいになってましたね」

・そして今、神宮球場に行って、コーチをしているFコーチが

「福地さんねw」

(会場笑い)

・ず~っとなぜか答える時に『ヒロミゴー』と言いながら

「物真似してましたね ビール呑みながら」

・今だから言えますけどずっとビール呑んでましたもんね

(会場笑い)

「ずっと呑んでましたね」

・『ガソリン入ります』と言いながらビール呑んでましたね

「面白かったですね」

・それではここで、赤田さんが選んでいただいた、現役時代の思い出の3つのシーンを振り返って行きたいと思いますが
まず第3位です!

(実況シーン:斉藤一美アナ)

「バッターボックスは赤田!2アウトランナー2、3塁 2エンド2 6-6同点 サヨナラ勝ちは目の前です
第5球 小林投げた 打った、引っ張った1、2塁間捕った、振り返る ボールを1塁へ送った ベースカバー小林雅英…セーフ!セーフ!
サヨナラ!サヨナラ~~!!赤田のサヨナラヒット~~~(涙声)
124試合目、ライオンズ7-6、今シーズン初のサヨナラ勝ちは、赤田将吾が決めていま~す(涙声)
赤田将吾、猛打賞~~~
ライオンズ2-6からサヨナラ勝ち 連敗を2で止めて、今シーズン、阪神、ダイエーに続く、70勝に到達
124試合で赤田将吾がファーストサヨナラ内野安打で決めていま~す」


(一美さんの涙声に会場大うけ)

・というですね、斉藤一美アナウンサーの涙の実況のサヨナラタイムリーでしたけど

(会場爆笑)

・2003年9月10日ロッテ戦、2-6というビハインドゲームを追いついて、最後サヨナラだったという 赤田さんはこの試合をどのように憶えていますか?

「僕がプロ初めてのサヨナラヒットを打った試合ということで、ヘッドスライディング、当たりは全然よくなかったんですけど、初サヨナラだったんで

すごく印象に残ってますね」


・入団5年目で、その前年からスイッチヒッターに挑戦し始めて、2003年に初のサヨナラ打 相手ピッチャーが小林雅英投手ですから当然左打席で打った一打ということで
そういうこともありますか?非常に思い出深い初めてのサヨナラ打という印象は

「その時は憶えてないんですけど、その時の写真で一番速く来てくれたのが高木浩之さんで」

(会場「お~」)

「なんか抱き合ってるんですけど、後にも先にも浩之さんと抱き合ったのはあれだけですね」

(会場笑い)

・かと言って、しょっちゅう抱き合ってたチームメートもいたわけじゃないですよね?

「そういうのはないですけどww 浩之さんの僕の若い時のイメージは野球に真摯に取り組んで

すごい真面目で寡黙な人だったんで、来てくれてすごく嬉しかったというのを憶えています」


・高木浩之さんが赤田さんの後の打席だったんですね なので高木浩之さんがいち早く駆けて来て抱き締めてくれたと

「はい」

・非常に思い出深い?

「そうですねぇ」

・これただ、あの、この10回の攻撃なんですが、非常に懐かしいんですが、和田選手がフォアボールで出まして、カブレラ選手がセンターフライで大島選手がその後のバッターの絡みで敬遠された後に
赤田さんの同級生、後藤武敏さんがサヨナラチャンスで登場して、代打で出てきたんですが、ショートゴロ凡退

(会場なぜか笑い)

・これどうでした?目の前で同級生後藤武敏選手

「打ってくれるのが一番いいんですけど、アウトになって僕に回ってきて、決めてやろうというのは思ってましたね」

・打った瞬間の、ファーストへのサヨナラタイムリー内野安打でしたけど、どうでした?必死?

「打った瞬間は、もうアウトですからね で、走ってる間に、あれ?行けんじゃね?っていう

で、飛び込んだら、セーフってやってくれたんで」


・その辺りは快足、運動能力で

「あの時は足速かったです」

・よく年末のテレビの体育会系的な番組で何年にもわたって出場されてましたもんね NO.1スポーツなんとか

「あれはしんどかったですね」

・しんどかったですか?

「しんどかったです、あれは」

・収録が長いんですか?

「収録も長いですですけど、時期も12月の半ば後半ぐらいにやるんっすよ

オフっすよ?僕 身体あんまそんな動かしてない時で収録も19時間ぐらいあるんで」


・19時間!

(会場「ええ~?」)

「朝の7時半ぐらいからあの、旗とるやつやって、バ~ンってやってボール落ちてくるのが明け方3時半ぐらいです」

・テレビでは22時ぐらいにやってましたけど、あのバレーボール追ってたのが明け方の3時半?

「3時半です」

・これはサヨナラ打打った時と同じぐらいの勢いで滑り込んだ?

「そうですねww」

・続いては第2位の発表です


(30分のトークショーのうちここまでが約半分の14分ぐらいです 続きはまた後で書きます

この話に出てきた年末のスポーツ特番ですが、当時、私の職場の野球やライオンズに全く興味のない人もライオンズで知っている選手と言えば「松坂」と「赤田」の名前を挙げる人が多かったですね。

松坂は社会現象を巻き起こしたぐらいでしたから知られていてもおかしくはないですけど なんせ、初登板の試合の最初の打者との投球を夕方6時のニュース各局がトップニュースで中継したほど

これはダルビッシュにも田中マー君にも斎藤佑ちゃんにも大谷君にもなかったことですもんね

赤田の名前はこの年末のスポーツ特番で見て知ってる人が多かったです いつもいい成績残してましたもんね

トークショーを見ながらそんなことを思い出しました

後編に続く)

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

こんばんは。仕事さえ無ければ行きたかった赤田コーチのトークショーを再現して頂き本当に感謝いたします。赤田コーチが現役引退と聞いた時は同年代ということもありショック大でしたが、コーチとしてライオンズ復帰は嬉しい半分、悲しい半分でした。悲しい理由は現役の最後をライオンズで終わらせて欲しかったからです。ただ、ライオンズに戻ってきて新しい暴れん坊選手を発掘して欲しいですね。
最後に、暴れん坊将吾と聞いて思い出しました…春季キャンプ激励の集いで当時は選手だった赤田コーチに“いつも文化放送・赤田将吾の暴れん坊マンデーを聴いてます。”と言いましたら、とても嬉しそうな声で“ありがとう!”と言い返してくれたことが嬉しかったですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
記事紹介させていただきました。
トラックバック打とうかと思ったんですがうまく行かなかったので…。
記事引用させて頂いております。
いつもありがとうございます。
続きも楽しみにしてますね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。