スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『赤田将吾2軍育成コーチトークショー後編』 ~ライオンズサンクスフェスタ2014

2014/ 11/ 24
                 
・赤田さんが選んでくれた思い出のシーン第2位ですが左右両打席HR

(会場「お~!」 拍手)
        
・これオリックス時代になるんですけど2010年5月18日京セラドーム大阪での交流戦、広島相手のゲームで赤田さんが1番ライトで出場しまして第3打席にライトへのHR
そして第5打席にもライトへのHR 右打席でまずは青木投手からHR 左打席では武内投手からHR
この試合を挙げていただいたのはどのような思いからですか?

「プロ入って途中からスイッチ始めたんですけど、まず松井稼頭夫さんが身近に目標とする存在で、右でも左でも強い打球、大きいのが打てたんで

僕もいつかはその左でもHRを打ちたいと で、1試合に左右両打席でHRを打ちたいと思ってたんで、それが叶ったっていうか、夢と言うか、目標にしてた両打席で打てたんで、思い出深いですね」


・スイッチヒッター転向当初は左右でのバッティング練習で相当な厳しい練習でしたか?

「いやもう…すごかったですよ」

・すごかった…

「すごかったです」

・思い出して話すのがイヤになるぐらいすごい練習でしたか?

「バット持って、振り始めるじゃないですか 2000球ぐらい打ちますんで、手を離せないです 痛くて」

・痛くて?

「振りすぎて、マメだらけになるんで、一回握ったら違う所握りたくないんです」

・一回離すとまた痛みも出ますし再度握るのもはばかれるぐらい

「2000球ぐらい打つと、手の形がこんな風になるんですよ

20141123a3.png
はがすのもこっちの指ではがさないとはがれないです」


・キャンプで1000球打てば打ったなという球数ですけどもその倍の2000球

「左だけで」

・右も?

「右も当然やんないといけないんで」

・じゃあ一日合計3000ぐらい…

「3000ぐらい振ってましたね、たぶん

暇さえあれば左で振ってましたもん 部屋の中とかでも」


・そういった努力が実っての左右両打席でのHR

「最初、右で打ったんですけど、なんか左も狙ってみようかなみたいな

初めて狙ってHR打てましたこれは 左で」


・今どうですか?ライオンズの選手でスイッチでこの選手を育ててみたいという選手いらっしゃれば

141123a2 (2)
(会場「熊代!」「永江!」の声が飛び、その反応にも笑顔で返す将吾)

「熊代はやってましたもんね」(会場に問いかけるように)

・もう一回右だけでという話になってますし、永江選手がこの秋から右打席で

「まぁ…おすすめはしないですね」

・それだけ大変と

「しんどさを知ってるんで それだったら右だけだったら右を一生懸命やった方がいいんじゃないかというのは

やって途中でやめるんだったらもう、やったらとことんやり抜く精神がないと

おすすめはしないです、僕は」


・やるんだったら退路を断つぐらい、絶対スイッチでやるんだという気持ちじゃないとできない?

「はい」

・それだけ大変なんですね スイッチヒッターは

「はい」(静かにうなずく将吾に大変さがにじみ出ているように思えました)

・それでは赤田さんが選んだ思い出のシーン第1位の発表に参りたいと思います

(実況シーン:松島アナ)

「バッターボックスは赤田 2アウトランナー満塁 5-5同点延長11回の裏西武ライオンズの攻撃
ピッチャー、マウンド上は高木康成サウスポー7番手
ボール1、投球2球目 第2球を投げました
(カキーン! 『デュウウウ』←突然なぞの声が入る)
レフトへ!なんと!サヨナラグランドスラム~~~~~~~~~~~~~~~~!!!
サヨナラグランドスラム、今シーズン第1号がやった!赤田!行った!行った!
赤田が今、バンザイしながら、ホームイ~~~~~~~~ン!
水がいっぱいかけられている!赤田将吾やりました!
ライオンズ9-5 勝ちました!
赤田サヨナラ、サヨナラのなんと満塁HR第1号!」


・ライオンズ時代の2008年4月25日、西武ドームでのオリックス戦、同点で迎えた11回の裏、2アウトランナー満塁から高木康成投手から打ったサヨナラ満塁HR

141123a4.png
「はい…くくww」(後ろを振り返る将吾、視線の先には…)

・まぁいらっしゃるんで松島アナウンサー マイクもありますんで来ていただいて 実況担当松島アナウンサー

(会場拍手)

・合間に「わ~??」っていうなんか声が聞こえてて

(会場爆笑)

「ホームイン!しか聞こえなかったですよね」

141123a2 (4)
(会場笑い 松島アナも着席)

・合間合間に雄たけびのような、松島アナウンサーではない声が、打った瞬間もなんか『どぅどぅどぅ』みたいな声がしましたよね」

「違う声がしましたよねww」

(会場は笑いっぱなし)

・これ何ですか?

松島「東尾さんじゃないですよね?」

・(手元の資料を見ながら)違いますね

松島「土屋礼央さん!ライオンズ大ファンの」

(会場「ああ~」納得の声)

141123a2 (5)
(将吾も納得の表情)

松島「土屋礼央さんがゲストだったんですね、思い出しました」

・これ、最初なんて言ったんですか?打球が上がった瞬間に土屋礼央さんは

松島「なんて言ったんですかね?」

「なんか言ってましたよね?」

松島「もう1回聴きますか?」

(会場笑い もう1回実況音声の『デュウウウ』←なぞの声までが流れ)

・わかりました 赤田さんこれわかりましたね

「わかりましたw」

・『デュウウウ』でした

(会場笑い)

松島「あの~土屋礼央さんは、赤田選手のファンなんですよね
それがあってもう、言葉にならなかったんですよ、これは
一番、推してる選手が、それも最高の形で、サヨナラ満塁HR
だから『うおおおおん』とw」

(会場笑い)

・人間が出すとは思えない声が聞こえましたね

「びっくりしましたね」

・この試合は2008年ですから、ライオンズがリーグ優勝、そして日本一まで駆け上がった、赤田さんとしても現役時代の思い出深いシーズンだったと思います
この4月の試合はどのような印象に残ってますか?

「まぁその開幕からちょっと出番があんまりなくて、この試合、初めてヤスが不調だったのかな?…で、僕が1番に入った試合で」

(会場から「ボカチカもいた」)

「そう、ボカチカもいました なんですけど、まぁ11回、時間もすごい遅かったですからね 何時間…」

・これ4時間半のゲームですから終わった時には22時半ですね

「電車がもうね、なくなるっていうので」

・皆様のお帰りの心配もしながら

「そうです で、まぁ満塁だったんで、初球がボールだったんですよ変化球で

これ絶対真っ直ぐだと思って、たぶん1アウト満塁じゃないですか?」


・そうですね…あ、2アウト満塁

「あ、2アウトか まぁ、真っ直ぐ狙って行ったらきれ~に行きましたからね」

・今でも軌道なり、感触なり、なんとなく、身体に残ってるものですか?

「軌道…まぁなんかしらんけど、ガッツポーズはしてましたね、打った瞬間に 初めて、たぶんガッツポーズをHRでしたと思うんです

それ以外全部ど必死で走ってますからね」


(会場笑い)

「おかわり君みたいに入るかわからないですもん、打って」

・あ、中村選手は打った瞬間にもう

「あいつ感触でね、わかるそうですから

全部入るかわからんからど必死で走ってますからね、僕は」


・(松島アナに)「ど必死で走ってました?」

松島「走ってましたねぇ」

「これはでも、ガッツポーズして余裕でした、初めて」

松島「あの~、放送ブースの雰囲気、だんだん思い出して来ましたよ
土屋礼央さんは確か立ち上がってたのは覚えがありますね
もう放送ブースももみくちゃみたいな
その時抱き合った選手は憶えてます?」

「まず、ホームインして、ヤスが、後ろにおぶさって来たんです

片岡おんぶしながら、みんなとハイタッチしてました」


(会場爆笑)

「こいついつ降りるんやろうなぁと思って、長い時間w」

・片岡さんはおぶさるのが好きなんですか?

「どうなんっすかねww すぐ来ましたね」

・この時は中島選手、ブラゼル選手、G.G.佐藤選手が3番4番5番という2008年のシーズンだったんですが
このシーズンはリーグ優勝、プレーオフ、そしてジャイアンツとの日本シリーズ、劇的な試合が非常に多かった1年ですよね

「まぁでも僕、この5日後か6日後ぐらいに怪我、フェンスぶつかってシーズンいなかったんで、

みんなが頑張ってくれたおかげで、僕この時選手会長やってたんですけど、みんなの頑張りで僕ビールかけの音頭をとらさせてもらったんで、

あれは嬉しかったですね」


・思い出深いシーンということで紹介させていただきました 松島さん、ありがとうございました

松島「…後ろに下がります」

(会場拍手)

・『デュウウウ』っていうのはわかりましたね、土屋礼央さんの

「わかりましたねw 土屋礼央さんだったっすね」

・それではここで赤田さんにですね、松坂世代と言われた赤田さんですから、『あの頃君は若かった』と題しまして、かつてのチームメートの話を少し思い出深くしていただければと思いますので
まずは松坂大輔投手ですね、同級生として入団しましたけど、最初の印象なりはいかがでしたか?

「まぁでも入団の前の高校の全日本とかでも一緒にやってたんで、最初、ドラフト決まって、入団するかどうか悩んでたんで、僕は当然一緒にやりたかったんで、

勧誘じゃないですけど、一緒にやろうよみたいなのはずっと電話で言ったのはありますね」


・あ!そうなんですか?高校3年の秋ですよね?少し悩んでる高校3年生松坂大輔を赤田さんが一緒に西武でやろうよと

「はい」

・あ、そうですか…今回は?

(会場笑い)

「今回も言ってみますかw」

(会場拍手 「お願いします!」の声が飛ぶ)

「言ってみましょ 言うだけ言ってみましょw」

・ファンのみなさんと一緒に叫べば、もしかしたら『西武で待ってるぞ~』て

「そうですね まぁでも来てもらえたらね、皆さんも喜びますし」

(会場「18番空いてるぞ!」)

「空いてますね…言ってみます」

・松坂投手のストレートなり、スライダーが一番すごかったという話を以前もされてましたけど、すごかったですか?

「だって、入団から、え?3年連続最多勝?いないでしょ、だって そんな高卒

真っ直ぐも速いし、スライダーもいいし、全部すごかったですよ、やっぱり」


・スライダーがインコースに来たと思って振ったら、アウトコースのボール球で空振りしてたっていう

「うん、右バッターみんなそうですね」

・それぐらいキレがあった すさまじいボールですね

「すごいです」

・続いてまいりましょう、小野寺力さん、非常に仲良くされてる同級生ですよね

「ええ…そこしゃべります?」

・小野寺さんと赤田さんはハワイのV旅行でライオンズエキスプレスの時間まで、時差の関係で向こうが深夜の0時ぐらいになっていたので
ベッドでゴロゴロしながらその時間を待っていたという

「待ってましたね」

・だいぶん時差に苦しめられて

「確かにありましたね、そういうの 中島は何してたんですかね、その時」

・中島さんは他でベッドで寝てたんじゃないですかね 中島さんは電気の消し方がわからないって言って、赤田さんに

「来ましたね」

・電話を使って『将吾さん、部屋の電気の消し方がわかりません』と

(会場笑い)

「かわいかったですねぇw」

・小野寺力投手とはどういう存在でしたか?

「う~ん、まぁピッチャーと野手で違いますけど、野球に対してほんとうに真面目すぎるぐらい真面目で

もっとなんか遊びがあった方がよかったんじゃないかっていうぐらい真面目で、う~ん

その、なんて言うんですかね、守ってて、気持ちすごい出すピッチャーなんで

なんとかこいつのために守ってやろうと思えるピッチャーの一人でしたね」


・そして、最後になりますが、やはりこの方中島裕之選手

「同級生じゃないじゃないですか」

・同級生ではないんですけど 今回は?

「まだ誘ってないですよ」

(一同爆笑)

「まぁ連絡はしてますけど、連絡はとってますけど、彼の場合は代理人が…」

・英語しゃべりますしね 今回は置いときまして 中島裕之選手も思い出深いチームメートですよね

「ですね あいつの1年目からず~っと知ってますから 最初はファームでもですね、4試合ぐらいしか出てなかったですかね、1年目は」

・あ、そうですか まだ体力的についていけないというか

「その~外国人がいたんですけど、その外国人の代走とか たぶんスタメンで1回も出てないと思うんですよね、1年目は

2年目は全試合出たんですけど でもやっぱりすごく練習してましたし、まずボールを怖がらないんで、

なんて言うんですかね、勝気な性格が、いつもすごいなぁと思って見てましたけど」


・そういったかつての選手たちの若い時を見てるだけに、これから育成コーチとして、いろんな引き出しがあると言いますか、
こういった練習をこれぐらい積まないとという部分も指導していきたいなというのもありますか?

「今、1軍でやってる選手とか、みんな必ず練習量と言うか、練習しっかりしてますからね

練習しないで、成功して上手くなろうって言うのは大きな間違いなんで

まずは打ちたかったら、活躍したかったら、練習しなさいと それしかないです

その中でいいものを見つけていかないといけないんで

それでそのやり方とか、そういうのはどんどん、こういういいのがあるよとかいうのはアドバイスできたらなとは思います」


・やはり理想とする選手は足が速くて守備がよくてそして巧打者である、かつての赤田将吾選手のような選手を作っていきたいですか?

「いやぁ…どうですかね

141123a2 (9)
(ここでズーム←早くしとけっつ~の)

ファンの皆さんが望むというか、別に足がね、速くなくてもHR打ったらね、おかわりくんみたいにいいですし、

なんか一つアピールできるものがあればいいんじゃないかと思います

これだけは負けないっていうのがあれば」


・そういったものを含めまして、最後にファンのみなさんにライオンズのこれからこういった選手をお見せしますといった一言をお願いできればと思います

「まぁお見せしますというか、就任の会見でも言ったんですけど、ファンのみなさんが応援したくなるような、チャンスで回ってきてこいつだったら打ってくれるとか

ワクワクするような選手を育てていけたらなと思います」


・そういった期待感あふれる選手の育成にこれからも当たっていただきたいと思います 赤田さん今日は本当にありがとうございました

141123a2 (10)
「ありがとうございました~」

(なお当日の詳しいレポはいつもお世話になっておりますまるまっちさんが書いてますのでこちらもぜひ

どいちゃんとおかわりとしょーごとしょーご

おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

ありがとうございました!
甘口さん!
将吾のトーク、書き起こしをしてくださり、本当にありがとうございます!(;ω;)
私はちょっと離れた場所にいたので、内容がきちんと聞こえてなく、むちゃくちゃ嬉しいです(;ω;)
思ったよりトークが長かったから、書き起こすの大変でしたよね(>_<)
こんなにも早くまとめてくださり本当に感謝感謝ですm(__)m

ちなみに、私は甘口さんとは真逆の位置にいたみたい。
アップされてた写真に写ってないかしら?と思いましたが、残念ながら?w写ってませんでした(・ω<)

ありがとうございます!
はじめまして。
こんなに詳しい素晴らしいレポ、
どうもありがとうございます。

当日、行けなかったので、
とても嬉しいです。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。