スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『藤原良平&斉藤彰吾トークショー』 ~2014ファルマン スターライト ファンタジア

2014/ 11/ 25
                 
(2014年11月24日 ダイエー所沢店店頭オレンジ広場にて
        
これで4度目の参加となるイベントです

このイベントはステージの近くに大きい柱が2本あって、遅めに行っていい場所を確保できないとこの柱にさえぎられてステージが見えないのですが
今年もガッツリ見えませんでした。
なので、トーク中の細かい様子はわからないのですが、今年はその柱のそばに大きなスピーカーがあって
録音しやすかったです。
例年、音も小さくてよく聴き取れない部分があるんだけど、今年はよく聞こえました。

来賓の方の簡単なご挨拶などの後、ファルマン通り商店街の街灯につけられたイルミネーションにカウントダウンの後点灯という毎年の流れの後、
選手のトークショーです。
司会は女性の方が一人です。

141124F (1)

141124F (2)

登場して着席した時の2人

141124F (6)
来賓の方の挨拶前




・では両選手から、改めて簡単な自己紹介をお願いできたらと思います
それでは藤原投手お願いします

藤原 「え~、7年目の、西武ライオンズの藤原良平です
(会場拍手)
ありがとうございます!みなさんあんまり知らないとは思うんですけど、
もう7年間、ライオンズで野球をやらせてもらってます
今年、少しだけ頑張ったんで、来年、もうちょっと頑張れるように、していきたいと思います

(会場拍手、「頑張れ~」の声)
ありがとうございます!」

・はい ありがとうございました それでは斉藤選手

斉藤「みなさんこんばんは 
(会場「こんばんは~」)
同じく、7年目の、斉藤彰吾です
え~、あんまり上手く、しゃべれないんですけど、寒い中お越しいただきありがとうございます
少しでも楽しんでもらえるように頑張ってトークをするので、しっかりと聞いて帰って行ってください
お願いします」


(会場拍手)

・みなさん素敵ですね ユニフォーム姿ももちろん素敵なんですが、今日のスーツの姿もとってもイケメンでかっこいいですね
みんな目がハートになっていますw
それでは質問させていただきます 初めに野球関連の質問をさせていただきますのでお答えお願いします
まず初めに、お2人にとって、今年はどんなシーズンでしたか?

藤原「今年は1軍で、やっと1勝挙げることができて、とても、野球をしてきた中で、充実した1年で、
また、課題も見つかった1年でもあったんで、そういう意味では、いい1年でした」


斉藤「自分も今年が一番1軍で試合にも出られましたし、すごい自分の中でも成長できた1年だったので、すごい濃い1年だったなとは思います」

・続きまして、今年一番印象に残ったプレーはありますか?

藤原「やっぱり、プロ初勝利を挙げた、6月13日の広島戦が一番、印象には残っています」

(会場拍手)

斉藤「初HRを打った時が一番自分の中で記憶にあります」

(会場拍手)

・ご自分が、出場する時、こんなところを見て欲しいっていうアピールポイントはありますか?

藤原「ポイントですか、まぁ変化球の曲がり具合っすかねぇ
どんだけ曲がるか自分でもちょっとわかんないんで、それを見てもらえればなぁとは思います」


・今後注目してみてみます

藤原「よろしくお願いします」

斉藤「走る方でまずはしっかりと見ていただいて、その後の、走塁なんですけど、2塁から3塁ベースを曲がる、曲がり具合を」

・あのカーブ具合ですね

斉藤「はい、見てほしいなと思います」

・見てます、しっかりとw 続いて、すごいと思うチームメイト、ライオンズの、他の球団でもよろしいんですが、いらっしゃいますか?

藤原「僕はおんなじピッチャーの、高橋が あんだけ三振がとれるっていうのは、ピッチャーとしても憧れるし、
ああいうピッチャーになりたいなとは思います」


・去年高橋投手はこちらの方に来ていただきました

藤原「なんか縁起がいいらしいです、ここは」

・ここの点灯式は縁起がいいんですw 期待しております

斉藤「中村選手とメヒア選手ですかね 練習のバッティングでもほんとに、お金もらえるんじゃないかぐらいの、お客さんから、のすごいバッティング練習をするんで
ホントは自分は到底無理だなっていうのが見てて、これぞプロっていう感じはします」


・憧れの存在

斉藤「はい」

・じゃあ続いて、チームでよく行動を共にする選手はいますか?

藤原「え~、特にいないです! 練習終わったら、試合終わったら、すぐに家に帰りたいタイプなんで」

・一人が好き?

藤原「そうっすね 一人でなんかしてるのがいいですね
斉藤は、そこそこです」


・仲がよさそうに見えますけどね

藤原「いやぁたまたまそう見えるだけです」

斉藤「いつも良平さんに『どこか行きましょう』って言っても断られちゃうんで、悲しいんですけど」

・ほんとにお一人が好きなのかしら?

藤原「そうっすね、はい もう早く家に帰りたいんで」

・たまにはご一緒に行動してくださいよ、どこか

藤原「ちょっと家が遠いんでね、斉藤と」

・即帰りたいんですね

藤原「即帰りたいです でも来年は誘いがあれば、よろしくお願いします」

斉藤「お願いします」

・では今度は目標とする選手、いらっしゃいますか?

藤原「僕は、今2軍の監督の潮崎監督を目標に
同じサイドスローでもありますし、潮崎さんが監督になられてから、結構サイドスローのことも聞くようにしてるし
理想は潮崎さんになりたいとは思っています」


・大先輩であるし、目標とする選手ですね

斉藤「自分は、今年引退されました日本ハムの稲葉選手
バッティングとかプレースタイルはもちろんなんですけど、野球に対する姿勢だったり
そういうところがすごい見習うところが多いので、ほんとに目標とする選手です」


・熱い、とっても男気のある選手ですよね

斉藤「はい」

・じゃあ野球関連の質問はこの辺にしまして、次はですね、野球以外の質問よろしいでしょうか?
まずは、所沢の印象とかありますか?

藤原「所沢の印象は、え~…そうっすね、僕、ここら辺に住んでるんで、この近くに住んでるんで、便利なとこだとは思います
駅も近いし、食べるお店もいっぱいあるし、だから僕は結構気に入ってます」


(ファルマン通りは所沢駅から徒歩5分ぐらいで、その間にプロペ通りという商店街があって、そこにチェーン系の食事処や居酒屋さんがたくさん並んでいます)

斉藤「所沢のイメージは、今寒いですけど、いろんなおいしいご飯や食べ物、遊園地もありますし、そういうところが多いんでとても」

・藤原投手がニコニコ笑ってますけど

藤原「大丈夫です」

・関連した質問ですが、この周辺でお買い物とかなさいますか?

藤原「う~ん、あんまり、買い物はしないですけど、ちょくちょく、このプロペ通りの中とか、むしろ昨日も、髪切ってました」

・ほんとですか?プロペ通りで?

藤原「はい 結構歩いてるんですけど、まだ知名度が低いのか、誰も気付いてもらえないんで」

(会場笑い)

・そんなことはないと思いますけど、今度みなさんよく目を光らせてチェックしてますw

斉藤「最近はしないんですけど、プロ入って寮生の時とかは、よく所沢に、プロペに行って、買い物したりはしてました」

・所沢でお気に入りの場所、お食事する場所でもいいですし、なにかあります?どこか行ったりとか

藤原「僕はいつも朝、グラウンド行く時に、西所沢の踏切を越えて行くんですけど、その時に晴れてる時は、正面に富士山が見える所があるんで、そこが一番好きです」

・すごい綺麗ですよね~あの踏み切り渡った所ですよね

藤原「そうなんです ぜひ一度、晴れた日に通って見てください」

・素敵ですね 斉藤選手は何か

斉藤「はい、西武ドームです」

(一同笑い)

・さすが 一番ですね?

斉藤「そこしかないです」

・次は皆さんも気になる質問だと思います 好きな女性のタイプ、どうでしょうか?

藤原「僕は結構、食べるのが好きなんで、ご飯が、ご飯を作るのが美味しい、ん?なんて言えばいいのかな
ご飯が美味しい人ですか、料理が上手な人が」


・お酒とかは?

藤原「大好きです」

・じゃあおつまみとかもね、上手な人いいですね

藤原「そうですね 基本何か食べていられれば大丈夫なんで
とりあえず料理が上手い人が条件です」


・それが一番ですね

斉藤「思いやりがある人…」

・いつも斉藤選手がお答えする時、お隣で藤原投手がにやにやと

斉藤「僕はその通り言ってるんで、決して変なことは言ってないんで」

・ちなみにタレントさんとかでいらっしゃいますか?好みのタレントさんとか女優さんとか

(ここで近所の学校のチャイムが鳴り響き)

・あ、ちょっとタイミングが…

(会場笑い)

藤原「ある意味持ってますね、ちょっと考える時間をもらったみたいで…長いわぁ
はい、もうしゃべります 好きなタイプの芸能人、誰っすかねぇ
いっつも、毎年選手名鑑にはベッキーと書かせていただいてるんですけど
特に変更はないです」


・好感度NO.1のベッキーさん

斉藤「ハーフつながりで行かせてもらうんですけど…ローラ」

・続いては趣味とかありますか?野球以外で

藤原「僕は、基本、車が好きなんで、週一で洗車行ったり、あとは目的地を何も決めずどこかふらふらと行きます」

・お車もピッカピカですね

藤原「そうですね」

・綺麗好きですね

藤原「だと思います」

・想像つきます

藤原「ありがとうございます」

斉藤「音楽を聴くことが好きなんですけど、他にはまだあんまり行けてないんですけど、パワースポット巡りとか
そういうのに行ってみたいなというのは、趣味ではまだないですけど、したいなというのはあります」


・音楽鑑賞とパワースポット巡り、素敵です EXILEとかお好きですよね

斉藤「大好きです」

・登場曲もね

斉藤「あ、はい そうです」

・これで最後の質問です 野球選手になっていなかったら何になっていましたか?

藤原「僕は家業の父親の後を継いで、大工さんになる予定でした
だから大学も建築科で4年間勉強して、ちょっと道を間違えて」


・今はどうなさってるんですか?お家は

藤原「今は親父が一人で頑張ってます」

・じゃあよろしくお伝えください

藤原「はい、ちょっと帰ったら伝えておきます」

斉藤「なんだろうな…普通に、大学に行って、普通にw会社員になっているのかなぁとは思います」

・ちっちゃい時から野球が大好きで、そのまま野球選手になろうと思ってですよね

斉藤「はい」

・最後に両選手より、来シーズンの抱負を聞かせていただければと思います

藤原「今年は2勝6敗っていう残念な数字に終わってしまったんで、来年はこの数字が逆になって、勝ち星の方が多くなれるように
一生懸命頑張りたいと思います なので、西武ドームに足を運んでいただいて、応援をよろしくお願いします」


(会場拍手)

斉藤「ほんとに今年はいい経験をさせてもらったので、その経験を来年に活かして、どんな場面でもチームに貢献できるように
そして、ここでパレードができるように一生懸命やりたいと思いますのでぜひ球場に足を運んで、応援してもらえればと思ってるのでよろしくお願いします」


(会場拍手)

・いろいろお答えいただきありがとうございました

2人「ありがとうございました」




(私はここで会場を離れましたが、この後、公式Facebookに乗せる記念撮影が行われ、プレゼント用のサイン記入があり、握手会を行ってイベントは終わったようです。

トークショーは20分ぐらいだったんですが、2人ともゆっくり比較的しゃべるのと、考えてしゃべるので文字数としては少ないような感じがします。

トーク中はほとんど表情が見えなかったので、声だけを聞いて思ったのですが、印象的なのは藤原がほぼ毎回、質問を反芻してから答えること「好きな女性のタイプですか…僕は」と一つ一つの質問を口にして繰り返すことで整理しているような

それは今季何度かマウンドで見た、落ち着こうとしているしぐさに通じるものがあるように思えました。

今季の初先発で4球でピンチを作って頭が真っ白になって以来、いつも落ち着きを保てるように、日頃から練習しているのかなと思いました。)


141124F (10)

141124F (11)
(プレゼント用のサイン色紙とユニを掲げる2人)


おわり

(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。