スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『秋の狙い』 ~田邊徳雄監督インタビュー

2014/ 11/ 29
                 
141117LC1 (1)
(2014.11.17 ライオンズチャンネルより

この回は上野アナの南郷レポが中心でした 最初は南郷の観光地巡りが3分ほど紹介されて、キャンプ地入りです

中村さんのナレーションを中心に大まかですがまとめます)
        
141117LC1 (2)
野手陣は打撃練習の真っ最中

141117LC1 (3)
真剣なまなざしの木村

141117LC1 (4)
ケース打撃の後、休むまもなく、長時間のランニング

141117LC1 (5)

141117LC1 (6)
投手陣は土肥コーチの下、牽制の練習を繰り返す

141117LC1 (7)
室内では岡田がティー

141117LC1 (8)
トスを上げるのは田邊監督

141117LC1 (9)
室内に岡田の叫び声が響き渡る (ここはLEXの一美さんレポのシーンですね)

141117LC1 (10)
トスを上げようとして上げないを何度かフェイントっぽく繰り返す監督

141117LC1 (11)
痺れを切らして叫んだ後、来た球を「よおおしゃああああああ」と叫んで打ち返した岡田は

141117LC1 (12)
倒れこむ

終了後の岡田
141117LC1 (13)
「きついっすよww でも結構みんなのはじめに見てきたんで、ある程度想像は付いたんですけど、初めて今日やったんですけど…

141117LC1 (14)
ヤバいっすね

(ファンの皆さんに楽しかったですと言ってくださいとの振りに)

141117LC1 (15)
楽しかった??ww…楽しかったです!!」





141117LC1 (16)
そして田辺監督へのインタ

この時16時ですが、まだ練習は続いているそうです

141117LC1 (17)
「厳しさを前面に押し出して、選手には頑張ってもらってます

141117LC1 (18)
選手はここ何年の中ではよくやってますよ

141117LC1 (19)
でも自分としてはこれが普通かなというメニューを組んでるんで

141117LC1 (20)

141117LC1 (21)
それプラスアルファは自分たちで考えて練習しなさいと言ってますので


141117LC1 (22)

141117LC1 (23)
テーマは個々の能力を伸ばすのも当然ですけど、その中でも粘り強さ

141117LC1 (24)

141117LC1 (25)
今シーズンを振り返って足りなかった所を重点的に鍛えて行こうかなというメニューを組んでいます

141117LC1 (26)

141117LC1 (27)
こっちがこうしなさいと言ってもできないからどうしたらいいかという所までなかなか辿り着かないのが現状で

141117LC1 (28)

141117LC1 (29)

141117LC1 (30)

141117LC1 (31)

そういう所も選手個人で考えて欲しいなぁと思ってるんですけどね」


141117LC1 (32)
平尾さんの「チーム全体で戦うんだという気迫が足りなかった
捕球、送球の防げるミスが目立った」との指摘を受けて監督は

141117LC1 (33)

141117LC1 (34)
「クリーンナップは中村とメヒアがHR王を分けましたけど、それ以外の繋ぎ役の選手で繋げられなかった、三振が多いというのが全てだと思います

141117LC1 (35)

141117LC1 (36)

141117LC1 (37)

141117LC1 (38)
エンドランかけたのに空振りしてしまうとかそういうところで打線が繋がらない

141117LC1 (39)

141117LC1 (40)
たまにクリーンナップがバンと打つんだけどもそれで終わる、HRに頼ってしまうという場面、試合が多々あったので

ライオンズ本来の繋いでクリーンナップに回すっていうものが欠けたと思うんですよ

打線の流れから言って迫力が今一つ足りなかったのかなという気はします

141117LC1 (41)
バッターはタイプ的に分けて練習させてますのでそこの所は徹底的に、足があって左打ちの選手は徹底して反対方向打たせるとか

141117LC1 (42)
単打で塁に出ることをさせています

141117LC1 (43)
タイプ的に2つか3つに分けてやっていますのでここまで効率よく練習できています」


141117LC2.jpg
大友進さんは「斉藤がスタートの思いっきりも良くて走れば成功の信頼感もできた ああいう選手をもっと欲しい
あとは状況に応じた準備が足りない」と指摘 これについて監督は

141117LC1 (44)
「盗塁は相手投手のモーションを盗んで走るわけですから、足の速い選手とか、ピッチャーのクイックのタイムが速いからこの選手は走れないとか決めてしまうと限られてしまう

だから秋山や浅村のような選手でも走れるぐらいの走塁術、盗塁のタイミングをもっと磨いてくれたら

141117LC1 (45)
秋山の今季の3つか4つの盗塁数はありえないんですよ そこは言われている準備が足りないと思うんですね

今季も踏ん切り、思いっきりが足りない場面がありました

そのためにはトライですよ とにかくトライしないことには始まりませんから、まずはスタート切ることをやらないと度胸、走塁勘は備わってきませんので

まずはトライすることです

141117LC1 (46)
そこで失敗してもベンチとしてはナイストライと言ってやりたいですよね

(自分は)こそ~っと、しれ~っとしながらスタート切ったりとかありましたね

いかにも走ります、走りますと身体が固くなって相手ベンチから見て『走るぞ』じゃなくて

しら~っとしてスッとスタート切るのも必要なんですよね」



(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。