スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『おかわり打撃コーチ』 ~稀哲、おかわり仲良しトークその3

2014/ 12/ 10
                 
(2014.12.10 LEX)
        
・続いての『なかま、なかま、なかまトーク』に参りましょう
今度は中村さん、カードを引いてください

おかわり「『実は、こんな特技があります』」

・中村さんから見て、森本さんの実はこんな特技があるというものを紹介していただいて 何でもいいです

おかわり「ハモるのが上手い」

稀哲「…あははははは!wwwww」

・森本さん、ハモリン機能がついてる?

おかわり「ハモるの上手いかも」

・どなたが歌ってると、ハモる

稀哲「違う、ハモるのが上手いんじゃなくて」

おかわり「ハモるのが好き?www」

稀哲「ハモりたがり?」

おかわり「うははははww」

・まぁ特技ですよね?ハモりたがりが特技

稀哲「そう、全然合ってないんですけど、とにかく誰かが歌ってるやつに、半音下げて歌いたがるという」

・半音下げるんですね?

稀哲「う~ん、あ!上げます、上げます 下げる時もあります」

・これ正解ですね?

稀哲「正解ですねぇ お~すごいねぇ!」

・さすがですねぇ ハモりん機能

おかわり「かかかかかwww」

稀哲「ちょっとビックリしました 言われてビックリしました 確かにと思って」

・森本さんから見て、中村さんの実はこんな特技がある

稀哲「ゲームが上手い」

おかわり「上手い…か?」

稀哲「なんかやってんじゃん、携帯で」

おかわり「携帯でゲームは…」

稀哲「みんなより上手いでしょ?だってあれ」

おかわり「みんなよりランクは上なんで」

稀哲「そうでしょ?」

おかわり「正解です」

稀哲「正解www」

・なんでそんなに悩むんですか?

おかわり「でも特技…上手い…?」

稀哲「上手いかつったら、俺のハモりなんかひどいもんだよ?」

おかわり「知ってます、知ってます」

稀哲「おお~い、知ってるって言うなw」

・ひどいんですか?森本さんのハモりは

おかわり「いや、上手いと思います」

・中村さんのゲームも上手いんですよね?

稀哲「ランキングとかいろいろあるじゃないですか、他の話聞いてると、なんか、しゃべってる感じが、毎回『まだそのレベルなの?』みたいな」

・あ、上から目線で必ず

稀哲「上手いんだろうなぁと思って」

・上手いんですよね?

おかわり「携帯のゲームとかで、はい」

稀哲「たま~にね」

おかわり「課金してます」

稀哲「お金にモノ言わせてますんで」

おかわり「あはははwww」

・さすがですね、キングですからww

稀哲「すごい貢献してますからね」

・中村さん書道がすごく上手いって

おかわり「書道っていうか、習字やってた、昔」

・習字は何段?

おかわり「6段ぐらいです」

稀哲「うっそぉ?」

・特技ですよね

おかわり「でも小5までやったんで、今は書けないですね、もう」

稀哲「あんまり見ない 字書いてる所見ないもん、だって」

おかわり「でも字なんかほんと名前しか書かないっすよ」

稀哲「ほんとそうです 野球選手ほんと字書かないんで」

・そんな書く機会ないと言えばないですね

稀哲「たまになんか書くじゃないですか、名前とか そしたら目回りますもん
たまに自転車乗ったみたいな感じ」

・そんなことはないと思いますよw

稀哲「いや、ほんとに
で、たまに字書く時に『わ、久々に字書くわ』っていう時ありますもん」

・目が回る

稀哲「目が回っちゃうww」

おかわり「んふふふww」

・中村さんは肘のリハビリで毛筆で、書道で

おかわり「いやそういうの大丈夫ですね」

・やらないってことですか

おかわり「やらないっすねww」

稀哲「あははww」

・わかりました それでは次のトークに参りましょう
森本さんお願いします

稀哲「おお~?これちょっと違うの来たわ
『好きなコース、球種』」

・森本さんから見て、中村さんの好きなコース、球種は?

稀哲「これは会話したことありますもん」

・あ、ほんとですか?何ておっしゃってました?

稀哲「違うって言うなよ?いきなり」

おかわり「はいw」

稀哲「真ん中からちょっと外目ぐらいのボール」

・球種は?

稀哲「球種?球種はあるの?好き嫌いある?」

おかわり「そこはないかな…」

稀哲「ないでしょ?だって」

・好き嫌いwww

稀哲「大体で打ってるからいつも」

おかわり「あはは」

稀哲「来た球わ~って打ったらHRなんだもん」

・そんな感じですか?来たボールわ~っと打ったら

稀哲「でも一番好きなのは、肩口から来る、スライダーとカーブ
緩いボールは来たらもう、ごっつぁんです!って行くから」

・どうですか?

おかわり「どっちっすか?」

・正解かどうかを

おかわり「まぁ正解ですね」

・そういうボールが来ると中村さん的にはどうなんですか?どんな表情になるんですか?

おかわり「いや、ふつ~にボール打つ時の顔っすよ、どんな表情…」

稀哲「いや、あのね、ベンチから見てたら、美味しそうなステーキあるじゃないですか、あれ食べる顔と一緒の顔しています」

おかわり「んはははは!www」

稀哲「抜けて来たスライダーが来たら」

・そういうふうに見られてるみたいですよ 美味しいステーキが来たって

おかわり「う~ん、打った後はそうなってると思いますよ、んふふw」

稀哲「あははは!」

・では、中村さんから見て森本さんの好きなコース、球種

おかわり「キャンプの時によくティーやってたんで大体わかるんですけど」

稀哲「そうよなぁ」

おかわり「もう僕、だから…当てていいですか?」

稀哲「球種の話まではしてないよね」

おかわり「とりあえず、ローボールヒッターなんですよ
低めの球が好きで、真ん中からやや外寄りの低めの真っ直ぐ」

稀哲「正解です」

・森本さん満面の笑みですね

おかわり「ティー投げてて、そこに投げるとパチ~ンと打つんですけど、ちょっと内高めに行くと、ほんと苦しそうに振るんですよね
あれ?っと思って」

稀哲「あのさ、俺もさ…」

おかわり「で、ちょっと高め投げると、あれ?打球がなんでこっち来たんだ?みたいな
で、低く、ちょっと外目に投げるとパチ~ンと打つんですよ わかりました」

・わかりましたw

稀哲「これ言ってることもね、おかしいんですよ
だってね、バッティング練習の前、ティーバッティングってやるんですけどね、気持ちよく打ちたいじゃないですか、準備なんですから
コーチみたいなことしてくるんですよ
『気持ちいい所って…あ、ここだ、ここだ』とかピュッとね、ちょっとね、インハイとか投げて来るんですよ」

おかわり「www」

稀哲「で、『けけけ』と笑ってるんですよ
性格曲がってますよ、こいつは」

・けけけと笑いますか?

おかわり「笑いますね」

・あ、今の笑い方ですね ちなみに苦手なコースは?

稀哲「そんなの!どこの誰が聴いてるかわかんないんで、言えないですけど…」

・苦手なコースを打つ練習はするんですか?

おかわり「しないですよ」

・そこはしないんですね

おかわり「うん」

稀哲「苦手なコースを打つ練習をするより、得意なコースを練習した方が確率は上がる
ピッチャーでそこ投げられるっていうのは限らないんで
真面目か?いきなり真面目か?」

・でも苦手なコースを打つ時もあるんですよね

稀哲「もちろん、はい 率は低いですけどね」

・中村さんも苦手なコース打っちゃう?

おかわり「全然打ちますよ」

・さすが苦手なものも食べるんですね

稀哲「それは違うんだよな 苦手なもの食べないもん」

おかわり「食べないっす」

稀哲「食べるわけないじゃないっすかww」

・何が苦手ですか?

おかわり「たまねぎっ」

稀哲「くくくww」

・たまねぎがボールだったらもうダメですね

おかわり「逆に打てるでしょ」

・あ、嫌いなんでw

おかわり「うん」


2人のトークは明日に続きます


(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。