スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『鼓舞のタイミング』 ~渡辺直人インタビュー

2014/ 12/ 19
                 
(2014.12.18 LEXはインタ2本立て
        
まずは渡辺直人から

移籍2年目の今季は若手が伸び悩む中、主にショートのレギュラーとして出場

存在感を示した

上本、森本と共にチーム野手最年長の34歳

・は槇嶋アナ)




・今シーズンは104試合に出場しました 振り返っていかがですか?

「まぁ順位がよくなかったので、それだけですね、悔しい思いしたっていうだけですね」

・開幕当初は5番から始まり、6番7番1番2番といろんな打順を打ちました バッティングを振り返っていかがですか?

「打順は何番打っても自分ができることっていうのは変わらないんで、

その打順に左右されないっていうか、自分のバッティングをしっかりやろうって思ってました」


・そのバッティングではつなぎというのが田辺代行の中でも渡辺直人選手は持っているという話もありました

「そこが自分のできること、できる仕事だと思ってるんで、まぁまだまだですけどもっと向上させたいですね」

・守備ではショートはもちろんですがサード、ファーストも守られました
各ポジションで全く違うと思いますけど、その辺りは?

「どこ守っても難しいですけどw 

ファーストはゴロ捕ったりするのはあんまり変わらないんですけど、

内野ゴロで他の選手が捕って1塁に送球する球を捕るっていうのが何気に難しいなぁって思いましたね」


・送球を受けるっていうのはまたちょっと違うもんなんですか?

「見てる人は多分、簡単に捕って普通にアウトするだろうと見てる、まぁ見てていいんですけどw

変化もしたり、バウンドもありますし、当たり前って思われるプレーが一番難しいなぁって思いました」


・我々が思っている以上にファーストって奥深いものなんですね

「はい、と思います」

・それから守っていてよくピッチャーに声をかけるシーンも多かったですけど、あのタイミングとかってほんとに難しいと聞きますが、その辺り何か意識はあるんでしょうか?

「いつもピッチャーの背中に見てたらちょっと弱気になってるなぁとか、困ってるなぁとかっていうのもわかりますし

自分が守ってて、苦しいとか思えばバッテリーももちろん苦しいと思いますし

自分のその時の精神状態とかも考えながら、もう一回気持ち整理したいなと思ったらマウンド行ったりとか

ピッチャーだけじゃなくて、自分に言い聞かせる面も含めて行っています」



(にほんブログ村さんに参加しています)
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。