スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

『凡退後の歓声』 ~2015.03.29 対オリックス3回戦

2015/ 03/ 30
                 
ライオンズのHPでも告知があったセゾンカード会員のネット裏観戦券プレゼントに当選した友達が誘ってくれてネット裏で観戦しました。

今季7戦目の現地です。
        
先発は「大舞台はアマ時代から経験しているので楽しみ」と言い、

通訳さんも「まぁ見ててください」と力強いお言葉を添えて送り出され郭俊麟。



長いペナントレース全部勝つことなんてまずありえません。

1カード3連戦の集まりであるシーズン

目指すはカードの勝ち越し

昨日の帰り道でも

「明日負けてもカード勝ち越せてるからまぁいいよね」

なんて言うファンの声も聞こえてきました。


勝負の神様にそんなファンの気持ちを突かれたわけじゃないんでしょうけど

2回に郭俊麟がつかまります。

連打の後、T-岡田の犠飛で今季チーム初失点

その後、プリンスドーム第1号となったHRは小谷野の2ランでした。

あっという間の3失点。


友達が「3点までならなんとかなるよね」と言ってましたけど、そうだなと思いました。

ライオンズの打線の並びなら序盤の3点なら取り返してくれそうに思えてきます。

とか思ってたらまた連打と四球で満塁。

しかし安達を三振、糸井をファーストライナー。

郭がよく踏ん張ったし、メヒアもよく捕りました。

なんとかなんとか3点で踏みとどまりました。


その裏ライオンズは3四球で満塁

宮地コーチに「4打席4球で終わってもいいから積極的に行け」と言われている秋山のタイムリーで1-3。

さらに3回は浅村が四球の後、中村がヒット、そしてメヒアのタイムリーで1点差。

そして木村の当たりが糸井のグラブを弾いて同点に追いつきます。

何とかなるとは思っていたけどこんなに早く追いつけるとは思いませんでした。



5回には森の2塁打から「郭がこの回で降りることがわかってたのでなんとかしたかった」という炭谷のタイムリーで逆転。

もうこうなると「カード勝ち越せてるからいい」なんて気持ちも私の中からは消えていました。

絶対に勝たないといけない試合。


それを選手も感じていたのでしょうか。

いつもはベンチからレフトへ直接走っていく栗山は

6回のマウンドにあがって投球練習を開始する岡本篤志の元にわざわざ向かい

篤志のお尻を強く叩いてからレフトへ向かいました。

選手の、チームの気持ちが垣間見えたシーンでした。


しかしこの日のクライマックスはその後に訪れます。

7回裏に金子がセーフティの後、見事な盗塁、2塁に進んだ後に秋山のこの日2点目のタイムリーでさらにリードを広げて

横田コーチが「今シーズン3連投はしてもらう」と公言した増田、高橋朋己のリレーへと繋げます。

そしてこの日私が感じた一番のヤマ場は9回表の前でした。

8回裏、ライオンズの攻撃は3者凡退の無得点に終わります。

それなのにプリンスドームを大きな拍手とざわめきが包みました。

それは8回の攻撃に対してではなく、9回のマウンドに登るであろう、高橋朋己に対する拍手とざわめきでした。

ざわめきはすぐにどよめきへと変わり、

その中をゆっくりとブルペンの出口に向かって歩き、グラウンドに出るや小走りにマウンドに向かう背番号43。

マウンドに着くと流れる『Follow Me』にレフトスタンドはもちろん、内野席のホーム寄りのファンまで上下に揺れる姿は圧巻でした。

僅差の勝ち試合の最後を託され、ベンチからもファンからも絶大なる信頼を受けるレオのクローザー。

日に日に増えていく声援。

ファンの心をがっちり掴んでいることを改めて感じました。


試合後、ネット裏席用の入場通路から囲み取材の様子が見えました。

炭谷が多くの記者さんに囲まれていて、その後郭俊麟の囲み取材がありました。

郭の腕を身体の前で軽く組んで答える姿が初々しかったです。

ウイニングボールはユニの後ろポケットに入れてあったようで、記者さんの要求に取り出して握って撮影を受けていました。

今の時代、ボイレコやタブレットでその様子を撮る記者さんもいますけど、

意外と昔ながらと言うか、ノートにペンで走り書きされる記者さんもたくさんいるのにはちょっと驚きました。

取材の後、記者さん同士でメモをつき合わせて確認している姿とかも見えました。

ちらと見えたメモにはスコアらしきものも書かれていました。


電車での帰り道、ライオンズのユニやシャツを着てフラッグケースを提げるたくさんの人たち

長い試合の観戦の後なのに、みんな足取りが軽いような感じがしました。

下を向いている人が少ないからでしょうか。

「1番の秋山すげえよな」

「あとはおかわりくんのHRだね」

興奮しながらゲームを振り返る小学生の男の子たち。

久しぶりにこんな光景を見る気がします。

秋津の呑み屋さん「なべちゃん」の前を通ったら

お店に入りきれないライオンズユニを着たファンの人たちが

店の前で輪になってジョッキ片手に祝勝会をしていました。

乾杯するグラスのぶつかる音の大きいこと。

完封、完封、逆転勝ち。

大人も子どもも強いライオンズを楽しんだ3日間。

もちろんシーズンはまだ始まったばかりです。

でもまずは

多くのファンの笑顔とともに

最高のオープニングで2015年のシーズンが幕を開けました。

おわり

(選手のコメントなどはNACK5 工藤むつみさんのレポより引用させていただきました)

関連記事
スポンサーサイト
        

コメント

        

3連戦お疲れさまでした
甘口さん、おはようございます。
3連戦3連勝おめでとうございます♪
パ・リーグテレビでちょこちょこっと
観戦しましたが、声援もすごかったし
スタンドの白ユニもフラッグもキレイでした。
勝利のデイドリームビリーバーも。
やっぱりホームはいいなぁと思いながら
羨ましく見ていました。

なにはともあれ今シーズンも始まりました!
今年もよろしくお願いいたします!
多分6月に西プリドーム行きます♪
甘口さんの試合レポがたくさん読めるわ、
3連勝しちゃうわですごく楽しいですw
伊原さんの時を悪く言う気はありませんが
やはり今年は違うのかな、という気にされてくれますね!(まだ3試合ですけどw)
試合レポまた楽しみにしてます!

甘口さん、こんにちは。見応えのあるレポ
ありがとうございます!開幕3連戦。チームが一丸となって戦っている姿が、テレビ観戦していても、伝わってきましたね。
記者さん達の話しも面白かったです。
今日の楽天戦も勝って4連勝。ファンの間では、後ろ2枚が機能してるのが大きいとも言われていますね。
上手く増田・髙橋を休ませつつ、勝っていけるといいですね。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。