スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2009.11.27 渡辺監督インタビュー

2009/ 11/ 28
                 

QR ライオンズエクスプレスより
前日の続きです

・野手陣はバッティングの方でも一皮剥けたというか…
「急に伸びてきている選手がちらほらいる感じはしますよね 若手で」
・特にこのキャンプの中で非常に目立つ伸び方をしている選手っていますか
「目立ったのは星と浅村ですかね この二人は練習試合でも結果を出しましたし、日に日に上達してるなって感じはしてますね
・特に浅村は唯一の高卒ルーキーでのこのキャンプ参加となりましたけども
「そうですね 彼の場合はね守備に関してまだまだ足りない部分、雑な部分がありましたけどこのキャンプに来て非常にそこら辺も安定してきて堅実になってきてるなって印象はしてますし 打つ方でも実戦向きのバッティングをする選手かなというそんな感じで見てます」
・星選手は今シーズン最後にようやく結果も出て
「彼の場合は札幌の試合が自信になったというか、それから状態はずっといい状態できてますし やっぱり肩も図抜けてるっていうか、一番安定した送球もしてきますし、打つ方も思いきったスイングで試合でも結果を出してますし 今が一番いい時というか これをこのキャンプの時だけじゃなくてオフの間きっちりトレーニングして来春に初日からガンガンアピールできるように そしてオープン戦とかで結果を出していくのはああいう若手にとってすごく大切なことなんでこのチャンスをモノにしてほしいなと思います」
・野手でこのキャンプを見てて気がついたのが、今シーズンまでのレギュラー以外の選手が、今までもいろんなポジションを守ってる選手はいましたけど、このキャンプではほとんどが複数のポジション守ってるなと
「いろんなとこ守れるってことはすごく得というかね 特にレギュラーまでいかないようなクラスの選手にとっては試合出場のチャンスが増えるわけですし、すごく大切なことだと思いますし、これはいろんな自分の中での視野を広げる部分でもいろんなポジション守るってことは大切なことだと思うんで、このキャンプではみんないろんなポジションを守らせています」
・監督は今シーズンのオフ、今までの話題をほぼ監督とライオンズが独占したかのようにまずはドラフトで菊池雄星投手を見事に引き当てまして まずはおめでとうございます
「ありがとうございます(笑)どうも」
・そうとう我々としては楽しみ、待ち望んでるなっていうところがあるんですけども
「今年のドラフト選手の中ではナンバーワンの評価の選手ですしいいのはわかってますからあとは入ってしっかり育成して、彼の持ってる力をゲームで出させてやるというのが我々の仕事になってきますし ただね、まだまだ高校生ですからいろいろな部分で足りない部分もあると思いますし、すぐにっていうのはちょっとわからないですけど、1月入って自主トレ見ながら、彼とも話をしながら 基礎体力的な部分もしっかり把握しておかないとあまりオーバーワークになっても怪我とかに繋がっていきますから そこら辺をしっかり見極めてキャンプに連れていくか残していくか決めたいと思いますし とにかくでもね、話題性のあるピッチャーですからこれは来年の春もし南郷に連れてくるようなことだとまたキャンプが活気づいていいかなと思いますしね」
・それから工藤投手がライオンズに入ることになりましたけど、監督よりも2つ年上ということでこれもある意味話題性もあり
「はい、もちろん」
・それからいろんな意味での期待もあると思うんですけど
「まずなぜ工藤さんをといった時に、純粋に戦力として左の後ろの方でしっかり投げるピッチャーをと思った時に、工藤さんの経験は当然なんですけど、スピード、コントロール、変化球どれを見てもうちの今のいる左の中継ぎピッチャーと見比べても遜色ないというか見劣りする部分はないし、まずは戦力としてとにかくうちが来年勝つための戦力として欲しいっていう形で球団にもお願いしながらいったわけですけども たまたま菊池君を獲ったことによってそういう部分でのクローズアップもすごくされて、まあ菊池君が一番尊敬するピッチャーが工藤さんですし、そういう部分では一緒にやるというのはこれも何かの縁ですし、来年工藤さんも47歳になりますけどこれだけ長い間プロの一線で投げれるってところは工藤さんのいろんな部分での野球に対する姿勢とか、体のケアとかコンディショニングとかを見習ってほしいが絶対、菊池君に限らず他のピッチャーもあると思うんでね、生きた教材というかその選手が現役でいるわけですからうちにとってはマイナスの部分はないと思います 僕と工藤さんの関係の中で仲がいいから獲ったと思われるのはすごく嫌なので、こちらとしてはほんとに戦力として獲ってるっていうのをね、声を大にして言いたいし、工藤さんもそのつもりで西武に入ってきてますし」
・限られたところですけどゆっくり休んで来シーズンに向けてまた頑張ってください
「はいありがとうございます」

おわり

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。