スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2009.11.26 渡辺監督インタビュー

2009/ 11/ 27
                 

QR ライオンズエクスプレスより

松島アナの導入部
『さあ今夜はライオンズの指揮官が登場であります 渡辺久信監督のインタビューです 秋のキャンプが終わりましてちょうど1週間が経ちましたが、その成果を伺いました インタビューアーは文化放送上野智広アナウンサーです』

(・は上野アナ、「」は渡辺監督です)
・2年振りの秋季キャンプとなりましたがほんとならばキャンプではなくて、試合してた方がよかった時期だとは思うんですけど
「まあそうですね やはりテレビとかで日本シリーズやってるのを見ると、まあちょっと寂しい感じもしますしね、来季はこの時期までしっかり公式戦を戦っていたいなっていう気持ちでは見てましたけどね」
・そのためにはこの秋に鍛えておかなければといけない所っていうのもあったとは思うんですが、監督の中で今回、一番テーマに挙げていたこととはどんなことですか
「これは秋季キャンプと言うのは大体その個人のレベルアップと言うか、強化する部分というのが一年戦うと選手それぞれ出てきますから、そういう部分をしっかり強化して補っていくということが一つ大切で、まあそうなっていくと個人練習も多くなってきますし後は全体的に体力強化、若い選手をほとんど連れてきてるんで、体力強化ですね 体力のない部分も見えましたんで今年 そこら辺を目的にやってました」
・その辺り、手応え、成果と言うのはどういう風に?
「出てますよ やってることが目に見えてレベルアップしてきてるのが見えてきてる選手もいますし、ピッチャーもそうですし まあピッチャーはとにかく球数をきっちりこの時期に投げるということをやってましたんで ランニングの量はね、ある意味ピッチャーは走るのが仕事の部分もありますから、すごくキツイ中で、今年の場合は先にランニングやってからのピッチングっていうところで下半身苛めてからのピッチングになったんで、またこれも違った試みとしてやってみたんですけど、非常にいい成果を出してくれた選手も何人もいますね」
・その辺り投手陣でいえば、ピッチング以外の時間のほとんどは走ってるか、補強をしてるかだったような感じがしたんですが
「そうですね ピッチングは全体で一時間強、そのあとは練習のほとんどは強化とランニングっていうところで まあ大体いつも16時すぎ頃までは特に強化指定の若手5人は最後の最後まで走ってるって感じですよね」
・走ってから投げるっていうのは体がかなり疲れた状態でピッチングをするわけですよね
「いろんな形を試してみると言うのもありますし、今までもそういうことやったことあるんですけど、完璧なランニングというか、ピッチング終わった後にもだいぶん走るんですけど、そのピッチングやる前にもう全体の3分の1くらい走ってからピッチングに入ると、ピッチング終わってからあと3分の2走るわけですから ただそういう下半身が疲れた状態で投げてバランスを整えると言うか、力まずに放る投球フォーム、そういうのを作るのも大切なことだと思いますし、結構みんな精力的に投げて走ってという形はできてますね」
・その投手陣でこのキャンプ目に付いたというか、来年に向けてちょっと期待ができそうだなっていうのは
「う~んとね、この波って言うのがあって前半は野上とか平野とか軽快に飛ばしてたんですけど中盤からちょっとバテがきたりしながらこれは人間だからそういうこともありますし、そこら辺から今度は山岸辺りがすごくよくなってきて 今回一番最年長の許銘傑も連れてきてまして、許銘傑はねほんとにシーズンの後半からだいぶん変わって、考え方もボール自体も変わってきてこのキャンプも他のピッチャーよりワンランク上のボールを投げてましたね あとは左の山崎、松永はこの辺もね来季絶対に働いてもらわなくちゃいけない投手陣の中の二人なんですけど、ほんとの若手で木村、田中、武隈、この辺の3年目のくらいの選手たちも一生懸命投げて、真っ直ぐが主体だったんですけど、だいぶんまとまってくるようになったりしてますし、この秋のキャンプでこの辺もいい成果を出しているんじゃないかと思っているんですけどね」
・それと、今シーズン課題だった中継ぎ陣でも、星野とか大沼とかある程度年齢のいった選手たちもそうとう精力的に投げてましたね
「投げてますね ここら辺は今年の反省を踏まえてになるんですけど、星野にしても大沼にしてもバッターと勝負できる球種をもうひとつ何か増やす、そういうところにも取り組んでましたし、秋の時期から取り組んで来年の春やって、シーズンでどうなるかも楽しみではありますし、そこら辺の中堅、ベテランも危機感を感じながら若手に交じってやってましたね ちょっと期待したいなと思いますけど」
・このままオフを過ぎて、来年の春に向けてまだまだ投手陣への課題というか、期待するものってのはもっと高いレベルにあると思うんですけど
「うん、せっかくこの秋にこういうやりかたをしてちょっときっかけを掴んでいる選手も多いんでね、オフの期間の過ごし方って言うのは今年はね、ちょっと特に大事かなとは思いますね」

(再び松島アナ)
『ライオンズは特に今年中継ぎピッチャーに苦しみましたんでこの秋はもう強化、ランニング 走って走ってまた走ってみたいな雰囲気が伝わってきましたね これが来年のシーズンに活かされていくとほんとに嬉しいんですけどね 期待したいと思います 明日は渡辺監督のインタビューpart2をお送りします」

おわり

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。