スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2009.10.26 中島裕之インタビュー その2

2009/ 10/ 31
                 

・この時間はですね、毎回ゲストの方に5つの質問ぶつけますんで素直に答えて頂きたいと、中島さんは素直ですか?
「素直ですよ~(笑) 意味深な言い方やったなぁ 今の」
・いえいえ素直にこう…
「はい、素直に答えますね」
・では第一問、対戦が楽しみな投手は
「え~ ダルビッシュ」
・こいつには負けたくない、ライバル視する選手がいる
「特にない」
・WBCはいい経験になった
「なりました」
・今欲しいものは
「パッと出てきません」
・結婚願望はある
「特になし」
・今日のゲスト中島選手に5つの質問でした 詳しくはこの後のライオンズエクスプレスの中で聞いていきたいと思います

・それでは5つの質問を検証しながら、中島さんを研究していきたいと思います
対戦が楽しみな投手はダルビッシュ投手?
「ダルビッシュ はい」
・楽しみですか
「はい」
・もう予告先発ですから前の日からあ、来るなという感じで
「そうですね どんな球が来んのかなと どの球もいいからそれをどういう風に投げてくんのかなと思って打席に立ってます」
・もちろん場面ケースによってダルビッシュ投手も無理にまっすぐ勝負でガンガン来れるときもあれば、ランナーが溜まっていればそんなに来れない時もあると思うんですけど、サラの状態での勝負というのが一番あれですか ランナーなし、ツーアウトみたいな場面で
「いや~どの場面でも関係なく対戦が楽しみ よう知っとうだけに、どんな球やったかも教えるし聞かれるし、まあ知ってるから打たさんようにね 投げてくるし」
・ダルビッシュ投手からどういうボールだったか聞かれることもあるんですか
「うん」
・どういうボールの質だったって言う感じですか
「そうあの変化球どんな感じで落ちました~?言うたりね やべ~言うて答えたりするし」
・ダルビッシュ投手は中島さんで確認してる部分もあるんですね
「う~ん…実験台になってますね わははは」
・やっぱりまっすぐっていうのはそりゃすごいですか
「う~ん一番いいと思いますね」
・それこそ中島さんを力でねじ伏せようとするようなストレートで
「まっすぐもそうですし、他の変化球全部いいから う~ん一番いいんじゃないですか」
・意図しない変化する時もあるってよく聞くんですけど、そういうボールはやっぱりエグイですか
「そういう球はね、予想できない動きをしますからね 曲がり方とかがね」
・続いてのこいつには負けたくないという選手はちょっと思いつかないと
「別に誰がどうとかあまり興味ないというか、自分のやることをやっとこうというだけやから他の選手が何しててもあんま気にしないですね」
・憧れのメジャーリーガーとかは
「見ててこの人すごいなぁっていうのはありますけど」
・誰ですか?中島さんが見ててこの人エグイなぁっていうのは
「プホルス」
・あ、そうですね~ すごいですね
「この前家でテレビつけたらプレーオフみたいのやっててメジャーリーガーの中でも一回り体ももう一つデカイじゃないですか めっちゃデカイなと もし隣に来たりしたらどんなデカイんやと思いましたねぇ」
・間近で見てみたいくらいのデカさ でもあの人のその場で振るようなスイングはどうなんですか
「打つのはね、その人の力とか筋肉とかあるんでねどうこうはわからんのですけど、どいう感覚で打ってるのかなてのは興味がありますね」
・機会があれば聞いてみたい
「そういう聞いてみたいバッターはいっぱいいますね」
・プホルス以外にも
「そう、たまたまテレビ見てたらでっけ~思ってすげ~なって感じです」
・もう一人くらい挙げると
「どんな風に打ってるのかな…ロドリゲス、Aロッド」
・だんだん構えも似てきたような
「そうっすか?遊びでいろんなんやってますからね ははは」
・WBCはいい経験になったということで、やはり大変な経験でしたか
「すごい、いい経験というか独特の雰囲気緊張感の中でやれたのがまた普通のシーズンとか違う、自分が出せるような所でやらしてもらたかなと思います」
・同じ世代の選手も内川選手も亀井選手もいましたしこの選手たちがいたというのも心強かったというか、刺激になった部分はありますか
「年代の近いというか、野手では僕らの年齢が一番下やったんでピッチャーではもっと若いピッチャーがいたんですけど野手では僕とか内川とかヤスとか亀井とか一番下のラインやったんで、まあどういう風にやったらいいかなていう感じはあったっすけど実際合宿から始まったら、なんも関係なくやらしてもらえたんで」
・非常にやりやすい雰囲気…
「はい、やりやすい雰囲気でみんなやれてたんじゃないかなと思います」
・主に2番を打たれてましたが、2番というのはどうでした改めて
「今まで打ったことないし」
・全く初めて?
「初めてですよね」
・アマチュア時代含めて
「はい だからすごい勉強になりましたね」
・原監督から2番って言われたんですか
「いきなり、なんていうか試合っていうか練習試合とか」
・ありましたねアメリカ、あ、日本にいるときにも
「とか合宿とかの試合の時に2番やからっていう風な感じで前の日に言われたり」
・最初は戸惑いありました?
「いや、その前から2番でどうこういう話は言われてたから」
・前を打つのがイチローさんっていうのはまた違った感覚だったと思うんですけどどうでした?
「いやあの一番傍で見れたし」
・ネクストバッターサークルから見れますものね
「で、こう構えたらカメラがピラピラピラ~って光った次の打席なんか嫌やなぁ思いながらね」
・ちょっとフラッシュが少なかったぞみたいな
「そう、で日本やったら東京ドームとかぷわ~なるじゃないですか」
・なりますね すごかったですね眩かったですものね
「そのなった後になんか入って、こそっと打っとこ、みたいな感じやったす」
・イチローさんの間近で見るバッティングてのはどうでしたか カットするにしても「おっ」と思うことがあったりするもんですか
「どうこうはないんですけど、傍で見れてなんて言うんですかね、説明できない雰囲気」
・あれだけのヒットを打つ人ですからね それから打てるように中島さんの感覚ってのもまたも説明しづらい
「説明しづらいですね」
・中島さんたまに若い選手にチームメイトにライオンズの選手にバッティング指導したりも銀仁朗選手この間2時間もバッティング教えてもらったと
「それね、違うんですよ たまたまお風呂に行ったんですよ 僕と栗と銀仁朗と で、露天みたいなところで半身浴的なしながらなんかバッティングの話になって、銀がどんな風に打ってんですかみたいな話になって」
・中島さんどんな風に打ってるんですかってまっぱで
「そそそ 栗と僕と『銀ちゃんはどうやって打ってんの』って で銀ちゃんが『こうぅ』って言いだして」
・立ち上がって裸のまま
「じゃあやれやみたいな感じで うははは」
・わははは
「構えてやれやみたいな それで2時間くらいお風呂にいたみたいな話ですね」
・風邪ひかなかったんですか
「いやいや温もったり」
・出たり入ったりしてるんですか でも1回バッティングの話してるとそのくらいの時間が経ってしまうってことですか
「お風呂入って、水風呂に入ってこう繰り返しやっている中での話やから野球の話がメインじゃないじゃないですか、お風呂が、体をほぐすのがメインやからそれで最後の辺はずっと話になったんですけどね」
・でも皆さんそういうバッティング談義ってのがあるんですね
「あるんすかねぇ 普通の話でそんな感じやったすからねぇ」
・WBCに戻りますけどメダルとか記念の写真とかは部屋に飾られてるんですか
「ああ、ありますね」
・大事な所に
「はい」
・じゃあたまに見てあ~みたいな
「あ~メダルは見てないっすねぇ 持って帰って来てから」
・えっ!どうしてですか
「別に…なおした(片付けた)まんま」
・そのまま置いたままですか
「はい」
・じゃあいつかはまぁ
「まあ写真とかはそんなん飾ってますけど、はい」
・ほんとに素晴らしい経験でしたね、はい
で続いて今欲しい物がなかなか思い浮かばないと
「う~ん」
・プライベートで何か欲しいものとかでもいいんですけども
「え~なんやろうなぁ」
・普通にジーンズが欲しいとかでもいいんですけど
「じゃあジーンズが欲しい」
・いやいやいや(笑)
「で~へへへ いや別になんか欲しいなぁっていうのはあんまないっすねぇ」
・テーブルについたらご飯ができるテーブルが欲しいとか
「そんなんないじゃないっすかぁ」
・でも独身だとたまに思いません?座っただけでご飯ができたらいいなとか
「あ~そうっすねぇ 何が欲しいってなんかあれやなぁ」
・涌井投手はテレビが見られるお風呂があるとか言ってましたよね
「テレビが見られるお風呂が欲しいですか?」
・逆ですね、お風呂で見られるテレビですか お風呂でもテレビが見られる
「じゃあ風呂場にテレビ付けたらええやんね」
・それだとテレビに不具合が生じちゃうんで、多分お風呂に入ってても見られるテレビ
「ふう~ん」
・あんまり?
「別に」
・野球をするうえで今欲しいものってありますか
「別になんもない」
・さらにスピードがとか
「あ~そういうなんか?」
・ええ、はい
「いや~」
・バットスイングさらにとか
「いや~なんかをこうやったら他のとこがバランスが崩れるかもしれんし、ちょっとずつ全体的に上げてくれるやったら上げてほしいなぁと(笑)」
・あ~そうですか じゃあ今年の盗塁数20、HR22本、打率ももちろん3割越えてらっしゃいますけどその3部門も特にここをくれるって部分では
「ううん、特に全部ちょっとずつに分けてください(笑)」
・あははは 100くれるって言ったらその100をじゃあこう3等分…
「はい、してください」
・そうすると綺麗に上がりますもんね
「はい」
・中島さん全部ができるバッターになりたいですもんね
「そうそうそうです」
・打って…
「アウトになりにくいバッターになりたいです」
・出塁率.398ってのはほんとにアウトになりにくいバッターですもんね
「そうっすかねぇ」
・はい これも4割越えたかったくらいですか
「去年がもうちょっとよかった分う~ん、別にまぁタイトル的に一番になってますからまあいいですけどまあ終わった結果なんで」
・得点圏打率も4割越えたかったくらいですか、これもトップですけど.382っていうのは
「まあなんぼっていうのは決めてないからそうやって一番になったのはそれでいいなと思います」
・382打ってるとほぼ打ってるって感じですよね ランナーいる時に
「そうなんすかね」
・だと思いますよ
「セカンドランナーおる時にも打たなあかんから」
・そうですよね 3塁だけじゃないですからね 素晴らしい成績ですね
「っすね ありがとうございます」
・5問目、結婚願望があるというとこでは、ん?ない
「そうそうそう、ないですね、はい」
・今のとこではまぁ別にそんなには
「うん、別にどうこうないっすねぇ」
・でも独身の女性の中島さんは安心したと思いますよ
「なんでですか」
・だって自分にまだチャンスがあるって思いますから
「うははははは~」
・チャ~ンスタ~イムって
「チャ~ンスタ~イムっすか 出会う機会があれば…うはははは」

続く

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。